不妊・不育

更新日:2024年04月01日

不妊治療、不育治療に対して助成をおこなっています。

初期の段階から不妊治療を支援します。

一般不妊治療支援事業のお知らせ(PDFファイル:245.7KB)

対象の治療

タイミング療法、薬物療法、手術療法、人工授精など、及びこれらに付随する検査

助成金額

1年間あたり5万円ただし、自己負担額の2分の1以内

(小松市以外の不妊治療に関する助成事業などを利用されている場合はお知らせください)

助成期間

2年間ただし、やむをえない事情により治療を中断した場合は除きます

申請期間

治療を受けた月の翌月から2年以内に申請してください

(申請日からさかのぼり、2年間を過ぎた治療は対象外となります)

助成対象者

(下記の要件を全て満たすご夫婦)

  1. 夫婦(事実婚を含む)の両方またはどちらかが、助成を申請している診療日の初日より1年以上前から申請日まで引き続き小松市内に住民票がある方
  2. 医療保険に加入している方

令和4年4月から、所得制限の要件は廃止となりました。

申請方法

提出書類を持参し、小松市すこやかセンターへ申請してください

  1.  一般不妊治療医療機関受診等証明書(PDFファイル:95KB)
  2. 夫婦それぞれの保険証(写しでも可)
  3. 振込先がわかるもの

(場合によって必要なもの)

  1. 戸籍謄本(夫婦で住所が異なる方、事実婚である夫婦)
  2. 住民票(夫婦で住所が異なり小松市に住民票がない方)
  3. 事実婚に対する申立書(事実婚である夫婦)申請書の用紙は窓口にあります

(注意)1は申請時ダウンロードまたは窓口で受け取り、医療機関で記入してもらってください

申請書の用紙は窓口にありますが、ダウンロードからも利用ができます

小松市一般不妊治療費助成交付申請書(PDFファイル:164.3KB)

生殖補助医療助成事業

令和4年4月1日以降に開始した生殖補助医療(体外受精・顕微授精)、生殖補助医療と併せて行われた検査や治療、男性不妊治療にかかった費用を助成します。

令和5年度小松市生殖補助医療費助成事業のお知らせ(PDFファイル:201.6KB)

対象の治療

令和4年4月1日以降に開始した生殖補助医療と生殖補助医療と併せて行われた検査や治療、男性不妊治療保険適用の治療、保健適用外の治療、先進医療についても対象となります。

助成金額

生殖補助医療にかかった費用について、自己負担額の3分の2、上限40万円

男性不妊治療も併せて行った場合は、生殖補助医療とは別に自己負担額の3分の2、上限40万円

ただし高額療養費制度等の支給があった場合はその額は除きます

高額療養費制度について(保険適用の治療を行った方)

高額療養費制度とは、医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が1か月で上限額を超えた場合、その超えた額を支給する制度のことです。上限額は、年齢や所得に応じて定められています。概要については厚生労働省のホームページをご覧いただくか、ご加入の医療保険者にお問い合わせください。

保険適用の治療を受けられた方は、ご加入の医療保険者に高額療養費制度の対象かどうか、また付加給付があるかどうか必ずご確認いただき、手続き後に市へ申請してください。

治療が高額となることが分かっている場合、事前に加入されている医療保険者から限度額適用認定書の交付を受け、医療機関に提示いただくと1か月の窓口での支払額が自己負担限度額までに抑えられます。

限度額適用認定書の交付を受けておくことをおすすめします。限度額適用認定証をお持ちの方も、付加給付があるかどうか必ずご確認いただき、手続き後に市へ申請してください。

助成回数

妻の年齢が40歳未満の方 1子出産につき6回

妻の年齢が40歳以上の方 1子出産につき3回

市に初めて申請した治療の初回治療日の妻の年齢を基準に助成回数が決定します

1回の治療とは、採卵準備または凍結胚移植のための投薬から胚移植に至るまでの一連の治療です

出産後、新たに治療を開始された場合は新たに申請する治療の初回治療日の妻の年齢を基準に助成します

また特別な事情がある場合はご相談ください

申請期間

1回の治療が終了した日から1年以内

治療の終了した日は、受診等証明書に記載されている治療期間の終了日になります

助成対象者

(下記の条件をすべて満たすご夫婦)

  1. 対象治療の開始日の1年以上前から申請日までご夫婦(事実婚を含む)の両方またはどちらか一方が小松市に住民票がある方
  2. 医療保険に加入している方

申請方法

確認表で提出書類を必ずご確認の上、提出書類を持参し、小松市すこやかセンターに申請してください。

提出書類がそろっていない場合、高額療養費制度の申請や付加給付制度の確認がお済みでない場合、限度額適用認定証をお持ちでも付加給付制度の確認がお済みでない場合は、申請をお受けできませんのでご了承ください。

申請受付には書類等の確認のため、30分以上のお時間がかかります。お時間にゆとりをもってお越しください。

確認表(PDFファイル:248KB)

【持ち物】

  1. チェック欄を記入した確認表(ダウンロードが難しい場合は提出は不要です)
  2. 小松市生殖補助医療受診等証明書(PDFファイル:397.7KB)
  3. 夫婦それぞれの保険証(治療していた期間のもの)(写しでも可)
  4. 振込先がわかるもの
  5. 領収書・明細書(いずれも原本)
  6. 高額療養費制度及び付加給付支給決定通知(保険適用の治療を行った場合)

(場合によって必要なもの)

    7.戸籍謄本(夫婦で住所が異なる方、事実婚である夫婦)

    8.住民票(夫婦で住所が異なり小松市に住民票がない方)

    9.事実婚に対する申立書(PDFファイル:98.9KB)(事実婚である夫婦)

   10.限度額適用認定証(治療前に交付を受けて手元にある方)

(注意)2は治療を受けた医療機関で記入してもらったものを提出してください

申請書の用紙は窓口来所時にご記入いただきます。

不育症と診断され治療している方を支援します。

対象の治療

医療機関においておこなわれる医療保険適用外の不育症治療及びこれらに付随する検査

助成内容

1年度あたり30万円を上限とし、通算5年間までとします

助成期間

1回の治療が終了した年度内に申請してください

ただし、年度末(3月)に治療が終了した場合は、4月15日まで申請受付をします

その場合は電話などで3月中にお知らせください

助成対象者

(下記の要件を全て満たすご夫婦)

  1. 対象の不育症治療をおこなっている戸籍上の夫婦
  2. 夫婦の両方が助成を申請する治療の最初の診療日より1年以上前から申請時まで、引き続き小松市に住民票を有している方
  3. 医療保険に加入している方
  4. 市民税に滞納がない方

令和4年4月から、所得制限の要件は廃止となりました。

申請方法

提出書類を持参し、小松市すこやかセンターへ申請してください

  1. 小松市不育治療支援事業受診等証明書(PDFファイル:78.2KB)
  2. 夫婦それぞれの保険証(写しでも可)
  3. 領収書・明細書(いずれも原本)
  4. 振込先がわかるもの

(注意)1は申請時ダウンロードまたは窓口で受け取り、医療機関で記入してもらってください

申請書の用紙は窓口にありますが、ダウンロードからも利用ができます

小松市不育治療費助成交付申請書(PDFファイル:147.6KB)

不妊に関する相談については、下記ホームページよりご覧いただき、ご相談ください

不妊相談センターでの相談は、無料で匿名でお受けしています

この記事に関するお問い合わせ先

すこやかセンター

〒923-0961
石川県小松市向本折町へ14-4
電話番号: 0761-21-8118 ファクス:0761-21-8066
​​​​​​​お問い合わせはこちらから