館内のご案内

更新日:2023年12月01日

1階のご案内

エントランス

入口の壁の上部にたくさんの提灯が飾られ、朱色と白で色どられたエントランスを斜めから写した写真

曳山展示

絢爛豪華な2基の曳山を常設展示します。

1基はターンテーブルによって回転し、曳山の魅力を360度余すことなくご覧いただけます。

ライトアップされた曳山をお楽しみください。

2基の曳山がガラス越しにライトアップされた展示場全体を正面から写した写真

十八番(おはこ)舞台

48畳もの広さのある舞台では、和の伝統芸能のお稽古や発表の場としてご利用いただけます。

壁面は鏡となっておりますので、舞踊の振りの確認などができます。

座席と同じ高さの舞台、その前に三脚が並んでいる1階十八番(おはこ)舞台を写した写真
舞台上で浴衣を着て舞傘を片手に横一列に並んで立ちお稽古をしている5人の子ども、舞台の下で指導をしている男性と2人の女性の写真

展示コーナー

曳山の由来と特徴や曳山に関する資料などを展示します。

十八番(おはこ)舞台の横にある展示コーナーに3棹の三味線や資料が並べられている写真

2階のご案内

スタジオかぶく

会議室として利用することができるほか、十八番舞台を利用する際の控室としてもご利用できます。

横壁の上と下が茶色、真ん中が白、窓際はべージュの壁紙で落ち着いた室内のスタジオかぶくに3つの白い机が並べられている写真

大向う桟敷

ギャラリースペース

真っ白な壁に額に入った白黒写真が9枚展示されているギャラリースペースの写真

大向う桟敷から1階の曳山や十八番舞台がご覧になれます。

1階のガラス越しに展示された2基の曳山を2階大向う桟敷から見下ろした写真
1階の十八番舞台を2階大向う桟敷から見下ろした写真

大きな窓から「れんが花道通り」を眺めることができます。

大きな窓の左側の中央に歌舞伎のステンドグラスがある大向う桟敷かられんが花道通りの入口を写した写真

この記事に関するお問い合わせ先

こまつ曳山交流館みよっさ

〒923-0925
石川県小松市八日市町72-3
電話番号: 0761-23-3413 ファクス:0761-58-2114
お問い合わせはこちらから