更新日:2018年11月30日

市県民税の納め方について

市県民税の納付方法は「普通徴収」「給与からの特別徴収」「年金からの特別徴収」の3種類があり、納税者の方はこれらのいずれかの方法で納付していただくこととなります(2つ以上の徴収方法を併せて納付する場合もあります。)。

普通徴収

普通徴収とは、市県民税が給与や年金から引き落としされない事業所得者等の方が、直接金融機関及びコンビニエンスストア等で納付することをいいます。納期は、6月、 8月、10月、翌1月の4回で、各月の月末が納期限となります(月末が土日祝日の場合は翌月最初の平日となります。)。年税額は4分割して各期に振り分けられますが、1,000円未満の端数は6月の納期に加えられます。

【例】年税額82,000円の方の期別納付額
期別 徴収月 徴収税額
第1期 6月 22,000円
第2期 8月 20,000円
第3期 10月 20,000円
第4期 翌1月 20,000円

納付方法

納付方法は、納付書による金融機関及びコンビニエンスストア等での納付又は口座振替となります。納付書で納付される方には各納期月の上旬に納付書を送付いたします。

口座振替の方は、納期限の日(月末)にご指定の口座から税額が引き落とされます。口座振替のお申し込みは、「口座振替依頼書」をご自身の口座のある金融機関の窓口に提出してください。詳しくは口座振替に関する手続きについてのページをご覧ください。

給与からの特別徴収

給与や公的年金などの支払いをする者が、支払う金額の中から受給者の税金をあらかじめ差引いて支給し、本人に代わって納付することを特別徴収といいます。

給与からの特別徴収の場合は納期は6月から翌5月までの12回で、各月の給与の支払いの際に徴収されることとなります(賞与からの徴収は行われません。)。年税額は12分割して各期に振り分けられますが、100円未満の端数は6月の納期に加えられます。

特別徴収への切替手続

給与を受給している方は原則として給与からの特別徴収となりますが、就職した初年度の場合などで普通徴収のままとなっていることもあります。このような場合でも、本人の申出があれば年度途中の特別徴収開始が可能ですので、お勤め先の経理・給与担当の方にご相談ください。

特別徴収の停止

退職や育児休暇等により給与の支払いを受けなくなった場合は、年度途中で特別徴収が停止されることとなります。この場合、特別徴収されなくなった残りの税額は普通徴収または一括徴収で納付していただくこととなります。

【例】年税額120,500円で特別徴収されていた方が12月末で退職した場合。

普通徴収に切り替える場合

退職時以降の特別徴収できなくなった税額を残る普通徴収の納期に割り振って納付することとなります。

【変更前】特別徴収
徴収月 徴収税額
6月 10,500円
7月 10,000円
8月 10,000円
9月 10,000円
10月 10,000円
11月 10,000円
12月 10,000円
翌1月 10,000円
2月 10,000円
3月 10,000円
4月 10,000円
5月 10,000円
【変更後】特別徴収
徴収月 徴収税額
6月 10,500円
7月 10,000円
8月 10,000円
9月 10,000円
10月 10,000円
11月 10,000円
12月 10,000円
翌1月 -
2月 -
3月 -
4月 -
5月 -
【変更前】普通徴収
徴収月 徴収税額
6月 -
8月 -
10月 -
翌1月 -
【変更後】普通徴収
徴収月 徴収税額
6月 -
8月 -
10月 -
翌1月 50,000円
一括徴収を行う場合

退職時以降の納期分の税額を一括で退職時の給与から差引いて納付していただくことができます。一括徴収は本人が会社に申出することにより行うものですが、1月1日から4月30日の間に退職された場合は申出の有無に関わらず一括徴収となります。

【変更前】特別徴収
徴収月 徴収税額
6月 10,500円
7月 10,000円
8月 10,000円
9月 10,000円
10月 10,000円
11月 10,000円
12月 10,000円
翌1月 10,000円
2月 10,000円
3月 10,000円
4月 10,000円
5月 10,000円
【変更後】特別徴収
徴収月 徴収税額
6月 10,500円
7月 10,000円
8月 10,000円
9月 10,000円
10月 10,000円
11月 10,000円
12月 60,000円
翌1月 -
2月 -
3月 -
4月 -
5月 -

年金からの特別徴収

一定の要件を満たす65歳以上の方の公的年金等の雑所得に係る税額は、年6回の年金の支払い月に年金支給額から直接引き落とされることとなります。公的年金等に係る雑所得以外の所得がある方は普通徴収、給与からの特別徴収と併せて納付することとなります。

詳しくは「年金からの特別徴収制度について」のページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先
税務課(市民税・国保税)

〒923-8650
石川県小松市小馬出町91番地
電話番号: 0761-24-8030 ファクス:0761-23-2446
お問い合わせはこちらから