更新日:2021年03月28日

ブックスタート

小松市ではブックスタートを行っています。

<お知らせ>

令和2年度より新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、4か月児健康相談の後は、絵本1冊を含むブックスタートセットの配布のみになり、ボランティアさんによる読み聞かせは中止しています。

セットの中の”ブックスタート体験券”を絵本館にお持ちいただいた方には、館内にてお好きな絵本を1冊お読みしています。ぜひお越しください。

ブックスタートとは…

ブックスタートの歴史

イギリスで1992年から始まり、キャッチフレーズは”Share books with your baby!"。絵本を「読む(read books)」のではなく、赤ちゃんと絵本を開く楽しいひとときを「分かち合う(share books)」。そのきっかけをすべての赤ちゃんのもとへ届けようと、この活動は始まりました。日本では、児童文学者松居氏の推奨により東京都杉並区の試験実施を経て、2001年4月に12市町村で活動が始まりました。現在、全国で(2020年12月現在)1066市町村で実施され、全国市町村1724のうち約62%が実施しています。

ブックスタートの願い

絵本をひらくことで、だれもが楽しく、赤ちゃんとゆっくり心ふれあうひとときをもてるように赤ちゃんと絵本を開く楽しいひととき「分かち合う(share books)」きっかけを届けています。

活動内容

いつ?どこで?だれに?

赤ちゃんの4ヵ月児健康相談の日に「すこやかセンター」1階で行っています。
健康相談の後、赤ちゃんとその保護者の方(小松市に在住)にお声をかけています。

転入された方などは、お気軽に職員までお問い合せください。

どんなことしているの?

絵本をひらく楽しい「体験」と「絵本」をセットでプレゼントする形で、ボランティアの皆さんと実施しています。

絵本をただ配るのではなく、一組ずつの赤ちゃんと保護者に、絵本をひらく時間の楽しさをその場で体験していただきます。

小松市では全国で2番目の平成14年から実施しています。(石川県内では2021年2月現在16市町村が実施しています)

4ヵ月児健康相談を欠席された方へ

絵本を受け取られなかった方は絵本館までご連絡ください。

抱っこのあたたかさのなかで、赤ちゃんに語りかける「愛情のことば」によって、赤ちゃんとその成長に関わる人が、お互いに心を通い合わせ、幸せが感じられるきっかけをつくってほしいと願っています。
この記事に関するお問い合わせ先
空とこども絵本館

〒923-0904
石川県小松市小馬出町10-3
電話番号: 0761-23-0033 ファクス:0761-23-5122
お問い合わせはこちらから