更新日:2020年09月28日

(経営モデルチェンジ支援事業)リモート商談会等支援事業について

新型コロナウイルス感染症の影響により、従来型の見本市や商談会に替わるリモート商談会やオンライン展示会システムへの参加・出展など、デジタルを導入した新しいビジネススタイルにより経済活動の積極展開を目指す事業者を支援します。

リモート商談会等支援事業補助金チラシ1
リモート商談会等支援事業補助金チラシ2

事業の概要

補助対象者

次のすべてを満たす方とします。

・小松市内に主たる事業所を有している中小企業者及び個人事業主

・政治団体または宗教法人ではない方

・市税等の滞納が無い事業者

・風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律第2条第5項に該当する性風俗関連特殊営業及び第35条の2に規定する特定性風俗物品販売等営業、暴力団等でない方

補助対象経費

デジタルを活用した営業活動、商談、商品取引などをはじめとする社外向けシステム導入および強化に伴う経費

 

【主なもの】

・リモート商談会、オンライン展示会・・・参加料、出展料 など

・電子商取引・・・システム構築費、システム利用(登録)料、PR動画作成費、決済代行利用料など

・ウェブ会議・・・システム利用料 など

 

【注意事項】

(1)ソフトウェアの導入を伴わないハードウェアの整備については、補助対象外です。

(2)ソフトウェアと連動したハードウェアを整備する場合は、事前に商工労働課までご相談ください。

(3)月額制の使用料、リース料については、事業期間である10月から1月までの最大4か月までを対象とします。

(4)1事業者あたり申請は1回までです。

補助率及び補助金額

(1)補助率

9/10

(2)補助金限度額(上限額)

50万円

(3)補助金の交付回数

1事業者あたり1回限り

※市内に複数店舗を所有する場合でも1回限りとなります。

(4)その他

補助金額の算出にあたり、端数が生じた場合は、100円未満切り捨てとなります。

事業実施期間

(1)申請期間

令和2年10月30日から令和3年1月29日まで

(2)事業実施期間

令和2年10月1日から令和3年1月29日まで

※補助適用認定申請書提出前に行った補助対象経費に記載した経費については、令和2年10月1日以降であれば遡って認定します。

申請方法

補助適用認定申請書を作成し、ご提出ください。

(1) 提出書類

様式は、下記よりダウンロードしてご使用ください。

補助金適用認定申請書(様式H)(Wordファイル:72KB)※記載例を含む

事業費明細書(様式I)(Excelファイル:14.8KB) ※記載例を含む

・添付書類

支出予定金額が分かる見積書などの写し、カタログ等

(2)提出期限

令和3年1月29日(郵送の場合は、令和3年1月29日の消印有効)

(3)提出方法

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、「電子メール」「郵送」による提出方法とします。

 

電子メールの場合

申請書と提出書類をスキャナーなどで取り込むか、カメラで撮影した後、下記のアドレスにデータ添付の上、送信してください。メールの題名は企業名または事業者名としてください。

※直接入力した申請書等はスキャナーや写真に取り込む必要はありません。そのままメールに添付して送信してください。

【提出用メールアドレス】 k-keizai@city.komatsu.lg.jp

 

郵送の場合

記載等を終えた申請書等と提出書類を下記まで郵送してください。(郵便料金は申請者でご負担ください。)

 

(4)提出先

小松市産業未来部商工労働課 宛 (住所:〒923-8650 小松市小馬出町91)

 

(5)その他

電子メール、郵送で申請書等の提出ができない場合は、事前に小松市商工労働課まで必ずご連絡ください。

(6)申請から補助金交付までの流れ

詳細については、ページ上部に掲載している「小松市リモート商談会等支援事業補助金交付要領」で確認してください。

計画の認定について

補助対象として適切な内容であるか、提出書類および審査会における審査により、認定の採否を決定します。認定者には別途、補助金交付申請書兼実績報告書の提出についてご案内します。

この記事に関するお問い合わせ先
商工労働課

〒923-8650
石川県小松市小馬出町91番地
電話番号: 0761-24-8074 ファクス:0761-23-6404
お問い合わせはこちらから