更新日:2020年09月28日

音響機器利用自粛支援事業について

小松市内において,カラオケボックス等の歌唱を伴う飲食の場における新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するとともに,当該感染防止のため営業を自粛した中小事業者の事業継続を支援します。

onkyo
音響機器利用自粛支援事業補助金(裏面)

申請前に、下記の交付要領を必ず確認してください。

【令和2年10月6日】概算払い等に関する内容を追記しました。

小松市音響機器利用自粛支援事業補助金交付要領(10月6日追記)(PDFファイル:232.1KB)

 

事業の概要について

対象者について

次の(1)および(2)のすべてを満たす中小事業者および個人事業者が対象です

 

(1)対象業種

統計法(平成19年法律第53号)第2条第9項に規定する統計基準である日本標準産業分類に基づく下記のいずれかの業種・分類に該当する事業者

 

対象業種
業種 分類
カラオケ喫茶店

細分類7671に属する喫茶店のうち、カラオケ喫茶を標榜する店舗

旅館・ホテル 小分類751
専門料理店 小分類762
そば・うどん店 小分類763
すし店 小分類764
酒場、ビアホール 小分類765
バー、キャバレー、ナイトクラブ 小分類766

 

(2)事業者

〇音響機器を店舗に設置し、利用者に歌唱させるサービスを提供している事業者のうち、「カラオケボックス等の歌唱を伴う飲食の場における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」の順守が困難と判断し,音響機器の使用自粛を決めた(1)に定める業種

〇石川県内に本社・本店があり、市内で音響機器を使用して営業する事業者

〇市税の滞納がない事業者

〇風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律第2条第5項に該当する性風俗関連特殊営業及び第35条の2に規定する特定性風俗物品販売等営業、暴力団員等でない方

補助金の額および補助対象経費について

(1)補助金の交付対象となる経費(1店舗あたりの月額)

 

補助対象経費
  内 容 月 額
1 事業継続のために必要な経費 定額2万円
2

音響機器を借りるために支払った賃借料金(賃貸借契約上の

月額賃借料、通信費)

上限2万円
  月額合計 最大4万円

 

(2)補助対象期間

令和2年8月から令和3年2月までの期間内のうち,上限5カ月分。

【注意】 月の定義:音響機器を一切使用しない連続する日の1カ月相当

[1カ月は,連続する30日以上(休業日含む。)とします。]

(3)補助金額算定の例

本ページのトップにある小松市音響機器利用自粛支援事業補助金交付要領の「3.(3)補助金算定の例」で確認してください。

交付申請の手続方法について

補助金の交付を受ける場合は、小松市音響機器利用自粛支援事業補助金交付申請書

(様式第1号)に次の書類を添えてご提出ください。申請回数は、1店舗あたり1回のみとなります。

市で内容を審査のうえ、補助金の交付が決定した時点で、事業所名(申請者の名称又は氏名)、店舗名、店舗所在地、自粛期間等を公表いたします。

 

申請時に必要な書類等
  提出書類 備考
1 補助金交付申請書

様式第1号(Wordファイル:52.5KB)

※記入例(Wordファイル:60.5KB)

2 音響機器貸出業者との間で締結した音響機器の賃貸借に係る契約書又はこれに類する書類の写し  
3 宣誓書(市提出用)

様式第1号の2(Wordファイル:44KB)

※記入例(Wordファイル:46.5KB)

4 音響機器の写真

提出いただきたい写真

・カラオケ機器の本体、リモコンやマイクなど一式が映っている写真

・カラオケ機器の機種が分かる写真

など

5 音響機器利用自粛期間を利用者へ伝える宣誓書の写真(店舗内)

様式第1号の3(Wordファイル:41.5KB)

※記入例(Wordファイル:40.5KB)

 

※申請書類の提出方法について

1.市ホームページ掲載の申請書など様式をダウンロードしてください。

2.ダウンロードした様式に必要事項を入力又は記入して下さい。請求書は,必要事項を記載し,該当箇所に押印して下さい。

※提出前に、記載内容、押印、添付書類に漏れ等がないか再度確認してください。

 

【電子メールによる提出】

(1)記載した様式をスキャナーで取り込むか,または写真を撮ってください。

直接入力した様式はスキャナーや写真に取り込む必要はありません。

(2)添付書類は,スキャナーで取り込むか,または写真を撮ってください。

電子化された様式,添付書類を小松市経済対策のメールアドレス(k-keizai@city.komatsu.lg.jp)へ送信してください。

※データの大きさは1ファイルあたり1MB~3MBのものとしてください。また、写真を撮る場合は、書類の記載内容鮮明に分かるように明るい場所で撮影してください。

 

【郵送による提出】

小松市商工労働課へ提出

〒923-8650 小松市小馬出町91番地 小松市商工労働課 宛

 

※電子メール,郵送での提出ができない場合は,事前に小松市商工労働課まで必ずご連絡ください。

申請期間について

令和2年9月28日~令和2年12月18日

実績報告について

事業者は,自粛期間が終了したときは、小松市音響機器利用自粛支援事業実績報告書(様式第7号)に添付書類を添えて提出ください。なお、市は、内容の審査のため必要な場合、音響機器事業者に必要な質問等を行います。

実績報告時の提出書類
  提出書類 備考
1 実績報告書

様式第7号(Wordファイル:49KB)

※記入例(Wordファイル:54.5KB)

2 賃貸借料等経費の支出を証明する書類の写し(領収証,振込伝票等)  
3 音響機器使用自粛証明書(音響機器事業者作成)

様式第7号の2(Wordファイル:43.5KB)

※記入例(Wordファイル:45.5KB)

補助金の請求方法について

事業者が、補助金の支払いを受けようとするときは,小松市音響機器利用自粛支援事業補助金交付請求書(様式第9号)に必要事項を記入し、押印のうえご提出ください。

 

補助金の請求時に提出が必要な書類
  提出書類 備考
1 補助金交付請求書

様式第9号(Wordファイル:43.5KB)

※記入例(Wordファイル:48.5KB)

2 振込口座がわかる書類(通帳見開き箇所の写し)  

 

なお、次に規定する補助金の概算払いを受けた場合は,補助金の確定額から概算払い額を除した額を請求してください。また、振込口座がわかる書類(通帳見開き箇所の写し)を添付して下さい。(概算払いを受けた事業者は必要ありません。)

 

※補助金の概算払いについて

概算払いとは、支出金額が未確定な状況で、その支出見込金額を先に支払うことをいいます。(後日、額の確定時点で過不足を精算します。)

事業者は、各自粛期間に応じて定める月数分の補助金額を、実績報告提出までに請求することができます。概算払い金額に相当する月数が経過した後に、下記の書類を準備いただき、ご提出ください。

 

概算払いを希望する場合の提出書類
  提出書類 備考
1 補助金交付請求書(概算払い)

様式第10号(Wordファイル:44.5KB)

※記入例(Wordファイル:46.5KB)

2 振込口座がわかる書類(通帳見開き箇所の写し)  
3

賃貸借料等経費の支出を証明する書類の写し(領収証,振込伝票等)

※すでに支払済みのものの写しを添付してください。
 
4 音響機器使用自粛証明書(音響機器事業者作成)(※)

様式第7号の2(Wordファイル:43.5KB)

※記入例(Wordファイル:45.5KB)

※ 概算時及び実績時にそれぞれ証明書が必要になります。次の「(参考)概算払い金額に相当する月数について」を参照してください。

 

(参考)概算払い金額に相当する月数について

自粛期間

概算払請求月数

例 示

5カ月

3か月分

自粛期間:8、9、10、11、2月の5カ月

概算払対象月:8、9、10月の3カ月分

請求時期:11月(概算払対象最終月の翌月)

4カ月

2カ月分

自粛期間:10、11、1、2月の4カ月

概算払対象月:10、11月の2カ月分

請求時期:12月((概算払対象最終月の翌月)

3カ月

1カ月分

自粛期間:10、11、1月の3カ月

概算払対象月:10月の1カ月分

請求時期:11月((概算払対象最終月の翌月)

 

その他

その他の事項については、ページ冒頭の交付要領にて確認してください。

この記事に関するお問い合わせ先
商工労働課

〒923-8650
石川県小松市小馬出町91番地
電話番号: 0761-24-8074 ファクス:0761-23-6404
お問い合わせはこちらから