更新日:2022年02月18日

マイナンバーカードの暗証番号の再設定について

   マイナンバーカードに設定した暗証番号を忘れてしまった場合や、暗証番号の入力を連続して3回(署名用電子証明書は5回)間違えてしまった場合は、暗証番号の再設定が必要です。

<受付窓口>

小松市役所市民課、小松駅前行政サービスセンター、南部行政サービスセンター

本人が手続きをする場合

<必要なもの>

1.マイナンバーカード

2.マイナンバーカード以外の、本人確認書類(「A書類1点」もしくは「B書類1点」)

法定代理人が手続きをする場合

15歳未満の方、成年被後見人の方については法定代理人が申請してください。

<必要なもの>

1.暗証番号を再設定する、本人のマイナンバーカード

2.法定代理人の本人確認書類2点(うち1点は「A書類」が必要)

3.代理権が確認できる書類(3ヶ月以内に発行された登記事項証明書、戸籍謄本等)

※なお、本籍地が小松市の場合、戸籍謄本の添付は不要です。

任意代理人が手続きをする場合

任意代理人が代わりに手続きをする場合は、文書による照会方式による手続きとなります。手続きが完了するまで数日かかりますので、余裕をもってお手続きください。

<手続きの手順>

1.市からご本人様宛てに暗証番号等を確認するための照会書兼回答書を郵送します。

2.照会書兼回答書に、署名、暗証番号、委任する任意代理人についてなどを記入し、マイナンバーカードと併せて任意代理人にお渡しください。

3.窓口で任意代理人の本人確認をさせていただき、市で暗証番号を再設定し、代理人に返却します。

 

<暗証番号再設定時に必要なもの>

1.暗証番号を再設定する、本人のマイナンバーカード

2.代理人の本人確認書類2点(うち1点は「A書類」が必要)

3.本人宛に郵送された「照会書兼回答書」(必要な記入欄を本人がすべて記入・押印済みのもの)

本人確認書類について

本人確認書類(原本が必要です)

A書類(顔写真付の身分証明書)

マイナンバーカード、住民基本台帳カード(写真付き)、運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)、旅券、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書

B書類(市町村が認めるもの)

健康保険証、年金手帳、介護保険証、生活保護受給者証、児童扶養手当証書、社員証、学生証、預金通帳 等

(注意)

A書類のうち住所の記載があるものは、住民票の住所と一致しているもののみ有効です。

・有効期限があるものは期限内である必要があります。

 

署名用電子証明書の暗証番号初期化・再設定がコンビニでできるようになりました。

令和4年2月8日から、全国のセブンイレブンで、マイナンバーカードの署名用電子証明書の暗証番号の初期化(ロック解除)・再設定ができるようになりました。今後、他のコンビニエンスストアなどでも順次サービスを拡大していく予定です。

詳しくは下記PDFまたはリンク先を参照ください。

(注意)証明書のコンビニ交付サービスやワクチンパスポートで使用する数字4桁の暗証番号の再設定はコンビニではできません。市役所窓口にてお手続きをお願いします。


リスト コンビニでの暗証番号初期化・再設定について(地方公共団体情報システム機構(J-LIS)のページへ)

リスト コンビニでの暗証番号初期化・再設定について(PDFファイル:674.5KB)

この記事に関するお問い合わせ先

市民課(マイナンバー)

〒923-8650
石川県小松市小馬出町91番地
電話番号: 0761-24-8226 ファクス:0761-23-3877
お問い合わせはこちらから