更新日:2021年02月09日

小松市スマイルハート賞

令和2年度受賞者(団体)

小松市立芦城中学校 生徒会

芦城中学校生徒会

平成29年度作成の「芦城STEP UP 三ヶ条」に基づき、あいさつ運動や生徒玄関前のメッセージボードなど学校をよりよくする活動を続けている。今年度は新型コロナウイルス感染拡大を受け、医療従事者への感謝と応援のメッセージを届ける取り組みや福祉施設へ手作りマスクの寄贈を行った。

小松市立松陽中学校 生徒会

松陽中学校生徒会

毎朝のあいさつ運動のほか、全校集会や離任・新任式での司会進行など、全校生徒の模範となる活動を行うことで自己意識の向上に大きく貢献している。さらに、制約のある学校行事をいかに充実した内容にするか意欲的に提案している。

小松市立板津中学校 生徒会

板津中学校生徒会

児童生徒主体の取り組みとして、板津学校区内の犬丸・荒屋・能美の3小学校と連携し、インターネットの使い方について議論するサミットを開催している。

毎月5か3のつく日の朝に、学校周辺の清掃をする自主活動(五・三運動)を10年継続している。

また、新型コロナウイルス感染拡大を受け、市内3施設へ医療従事者への感謝と応援のメッセージや手作りマスクの寄贈を行った。

小松市立苗代小学校 児童会

苗代小学校児童会

コロナ禍で行事が中止される中で自分たちにできることを考え、「あいさつを10万人から返してもらおうPROJECT」を実施。あいさつの輪が広がり、全校生徒や地域をつなぐ活動になっている。

小松市立国府小学校 児童会

国府小学校児童会

学校伝統のあいさつ運動を引き継ぎ「いつでも・どこでも・何度でも」を合言葉にあいさつ運動が広がるよう働きかけている。

また、学期ごとの児童集会「やかた集会」では、事前準備や相談を自主的に行い、司会進行を担うなど、全校児童の温かい交流の場となるよう力を合わせて活動している。

小松市立中海小学校 6年生

中海小学校6年生

コロナ禍でも思い出に残る活動をしたいと、花火を打ち上げるプロジェクトを企画し、アルミ缶回収で資金づくりを行った。

ポスター作成や全校生徒・保護者への呼びかけで「中海地区を元気づけたい」という思いが広がり、地域住民を巻き込んだ大きな活動となって地域活性化につながった。

 

 

令和2年度スマイルハート賞表彰式は、令和3年2月13日(土曜日)、小松市民センター小ホールで関係者のみで行われます。

これまでの被表彰者(平成27年度~)

児童・生徒が主体的に取り組んでいる善行を表彰するものです。

人を思いやる気持ちや素直な心、地道に努力することの大切さを伝え、活動の裾野を広げていくことを目的としています。

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課

〒923-8650
石川県小松市小馬出町91番地
電話番号: 0761-24-8128 ファクス:0761-23-3563
お問い合わせはこちらから