更新日:2020年10月05日

新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方に対する納税の猶予制度の特例について

次のとおり納税を猶予する制度があります。まずは納税課(0761-24-8033)へお電話でご相談ください。

徴収猶予の「特例制度」

・新型コロナウイルス感染症の影響により収入に相当の減少があった方は、一定の要件に該当する場合、申請することにより1年間に限り、市税の徴収の猶予を受けることができます。

・担保の提供は不要です。延滞金もかかりません。

徴収猶予の「特例制度」の要件

 次の1.2のいずれも満たす納税者・特別徴収義務者(個人法人の別、規模は問わず)が対象となります。

1.新型コロナウイルスの影響により令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、収入が前年同期に比べておおむね20%以上減少していること。

2.一時に納付、又は納入を行うことが困難であること

対象となる市税

令和2年2月1日から同3年2月1日までに納期限が到来するすべての市税(固定資産税、軽自動車税(種別割)、市県民税、国民健康保険税、法人市民税など)のうち、納期が到来していないものが対象になります。

※令和2年6月30日(関係法案の施行日から2か月後)までは、上記のうち、既に納期限が過ぎているものについても、遡ってこの特例を利用することができます。

猶予期間

徴収猶予の「特例制度」を受けることができる期間は、各納期限の翌日から1年間となります。

申請手続き等

申請のための書類

徴収猶予の「特例制度」を申請する場合は、次の書類を納税課に提出してください。

徴収猶予申請書(PDF:560.3KB)

徴収猶予申請書(Excelブック:77.2KB)

・添付書類(収入の減少等の事実がわかる書類など)

    売上帳、給与明細書、現金出納帳、預金通帳の写しなど

添付書類を提出することが困難な場合は添付不要です。

申請方法

詳しくは徴収猶予の「特例制度」申請の手引き(PDFファイル:815.8KB)をご確認ください。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご不明な点があればお電話にてお問い合わせくださるようお願いいたします。また申請書の提出につきましても郵送による提出にご協力お願いいたします。

※申請書のダウンロード手段が無い場合は納税課にご連絡ください。郵送にて「申請書」・「申請の手引き」を送付いたします。

※申請頂いた内容の審査に当たり、職員が電話等で内容確認を行うことがあるため、ご協力をお願いいたします。

 

eLTAXでも申請ができます。

詳しくは eLTAX(地方税ポータルシステム)のHP(外部サイト)をご確認ください。

提出期限

・令和2年6月30日(関係法案の施行日から2か月後)、又は納期限のいずれか遅い日までに提出が必要です。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先
納税課

〒923-8650
石川県小松市小馬出町91番地
納税指導 電話番号: 0761-24-8033 ファクス:0761-23-2446
収納 電話番号: 0761-24-8034 ファクス:0761-23-2446
お問い合わせはこちらから