更新日:2018年11月30日

市民税・県民税納入申告書

どんな時に必要?

個人事業主が、退職所得(退職手当等)に係る市民税・県民税を特別徴収して納める場合に使用します。 以前は、納入書(特別徴収用納付書)の裏面を使用していましたが、平成28年1月1日以降取り扱いが変更になりました。

使用方法など

小松市役所納税課に提出してください。(郵送でも受付しています)

(注意)平成28年1月1日より、「退職所得に係る市民税・県民税の納入申告書」に法人番号又は個人番号(個人事業主の場合)を記載することになりました。 金融機関では個人番号が記載されている納入申告書を取り扱うことはできません。個人事業主の場合は、納入書は表面のみ記入して金融機関へ提出し、「退職所得に係る市民税・県民税の納入申告書」は別途記載し直接小松市役所まで提出することになります。 法人の場合は、これまでどおり納入書裏面の納入申告書に法人番号を記入して使用してください。

申請・届け出書ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先
納税課

〒923-8650
石川県小松市小馬出町91番地
納税指導 電話番号: 0761-24-8033 ファクス:0761-23-2446
収納 電話番号: 0761-24-8034 ファクス:0761-23-2446
お問い合わせはこちらから