更新日:2019年09月17日

ツキノワグマの出没注意情報が発令されました

令和元年9月10日付けで、『ツキノワグマの出没注意情報』が3年ぶりに発令されました。

【原 因】

今秋はクマの主要なエサである果実が奥山で不足することが予想され、エサを求めたクマと人が里山周辺地域で遭遇する危険性が高まることから、人身被害を未然に防止する。

【クマ出没に対する被害防除対策】

エサを求めてクマは、集落周辺に接近します。不要なカキやクリなど果実は早めに摘み取る、ハチの巣を除去する、ペットフードや生ゴミを放置しない等、クマを誘引する物の除去を徹底してください。

クマは、ヤブや草の茂みに隠れて移動するため、集落に接する草むらの刈り払いを行う様にして下さい。

クマは、早朝、夕方及び夜間に活動が活発になります。山林近くでの早朝、夕方及び夜間の散歩やジョギングを控えてください。

キノコ採りや山仕事等で山林に入る場合には、2人以上で行動し、人の存在をクマに気づかせるため、鈴やラジオを携帯するほか、林道等では、自動車から降りる際にクラクションを数回鳴らしてから降りる等、十分な安全対策を行ってください。

もし、クマと出会ったら、大声を出さずクマの動きに注意しながら、ゆっくりと後退してください。

 

ツキノワグマによる人身被害防止のために(県のホームページ)

(http://www.pref.ishikawa.lg.jp/sizen/kuma/navi01.html)