更新日:2019年12月15日

宮本三郎美術館企画展【時代を映す絵画】

 

日本が関東大震災、戦争、高度経済成長と大きく変化する時代を生きた洋画家・宮本三郎(1905~1974)。亡くなる前年、自らの画業について「私の五十年は時代という魔物の強圧に対応出来るような自分の中の気質の発見への模索にあったかと思う」と述べています。この言葉のとおり、激変する時代に合わせて、自分の中の気質、画風を変えていきました。本展では、写真や民具など時代を伝える資料とともに、歴史的な出来事と、宮本の画業をたどります。時代を映しながら生みだされた様々な表現をお楽しみ下さい。

 

会 期:令和2年1月4日(土曜日)~3月8日(日曜日)

開館時間:9時~17時(入館は16時30分まで)

休館日:会期中無休

入館料:一般400円、大学生200円(宮本三郎ふるさと館と共通)

※団体20名以上で一般300円、大学生150円

※高校生以下入館料無料

※障がい者手帳等お持ちの方と介助者1名は入館料無料

※こまつミュージアムパス対応

 

【関連イベント】

・小松市立博物館企画展【しらべてみよう!むかしのくらし】コラボイベント

「ペットボトルけん玉をつくろう」

講師:西川一美

日時:2020年2月22日(土曜日)13:30~16:00

締切:12月18日ごろ

場所:小松市立博物館・宮本三郎美術館(作業場所 小松市立博物館1階 市民ギャラリールフレ)

参加人数:一般市民20名(小学3年生以下は保護者同伴)

参加費:無料(参加者の保護者含む)

 

・学芸員によるギャラリートーク 1/18(土曜日)、2/15(土曜日)、3/8(日曜日)14:00~

時代を映す絵画展チラシ

チラシ

この記事に関するお問い合わせ先
宮本三郎美術館

〒923-0904
石川県小松市小馬出町5番地
電話番号: 0761-20-3600 ファクス:0761-24-3374
お問い合わせはこちらから