更新日:2018年11月30日

フローラルこまつ見どころ情報(平成30年5月)

小松市内では、さまざまなフローラルこまつの活動が取り組まれています。

ここではその方々の活動のご紹介や見どころ情報を紹介します。

みなさんのまちのフローラル情報をお寄せください。

平成30年5月29日(火曜日) バラが微笑む空間

バラフェスこまつ No.8

目を引くガーデン 「うわー!!」って!

お庭や玄関先がお花でいっぱいで思わず見とれてしまい。

ブレーキを踏んでしまう光景です。この時期は、特にバラに惹かれます~ね。

様々な種類と色のバラの写真
様々なバラと、バラの壁飾りの写真

(義仲町地内にて)

いつも本当に素敵なお庭です。

ピンポーン 「どうぞ~」

優しくおっしゃってくれるオーナーさんに甘えて今日もお邪魔しま~す。

軒先の様々なバラの写真
バラのリースの写真

もう少し咲くのが遅いのに・・・今年は早いの~。

玄関先のバラは先週が見頃だったのよ~。

ここ数日の暑さでバラも少し元気が無くなってきているのよ。

屋根から下がるピンク色のバラの写真
近くから見た紫色のバラの写真

でもそんなことないです。

赤、白、紫、ピンク、色とりどりのバラを見るとそんな感情は全くなくなります!

とっても綺麗ですよ~! お庭の奥に進みつつ、チェアからお庭を見返すと、いつまでもこの空間に居たい・・・そんな不思議空間に包まれるガーデンでした。

バラのトンネルの写真
バラと白いチェアセットの庭の写真
ピンクのバラと庭の写真
小さな噴水とバラの写真
赤みがかった黄色いバラの写真

皆さんのお庭にお邪魔する楽しさや、見つけた異空間に迷いこんだみたいな気持ちにさせてくれる花の楽しさ。感激。

花や緑がある生活と花の香りを皆さんも始めませんか。

『フローラルこまつ』は皆さんを応援します。

まち角フローラル By木場潟

白い花の咲いたヤマボウシの木の写真

南園地のヤマボウシ。今年も綺麗ですよ。

近くから見た白いヤマボウシの花の写真
白いヤマボウシの花の写真

ウォーキングしながら、いつもよりちょっと目線を上げると・・・

季節を感じる花と出会えますね。

・・・んっ?・・・なんで・・・もうコスモス??

・・・ナノハナ?? ・・・いっしょに咲いてる。

コスモスと菜の花が同時に咲いている写真
コスモスを近くから見た写真

(南園地駐車場からの園路沿いで発見しちゃいます)

平成30年5月28日(月曜日)こまつオープンガーデンのお庭を紹介

南陽町 「バラの庭」

バラフェスこまつ No.7

通りに面した階段から、季節の花に彩られたアプローチを上がると、四方をバラに囲まれた玄関前の素敵なお庭。オーナーさんにはお会いできませんでしたがご家族に了承を得て写真を撮らせていただきました。

玄関先にきれいにレイアウトされた花の写真
玄関先の花と緑の写真
ピンクの花の咲く植木鉢の写真
玄関先に立体的に飾られた植木鉢の写真
玄関先のチェアセットと花の写真

お庭のバラをご紹介↓

黄色いバラの写真
赤いバラの写真
白いバラの写真
薄紅色の丸いバラの写真
薄桃色のバラの写真
ピンクのバラの写真

上から順番に

  • ゴールドバニー
  • トラディション’95
  • バレリーナ
  • ピエール・ドゥ・ロンサール
  • ブライダルピンク
  • レオナルド・ダ・ビンチ

平成30年5月26日(土曜日)​​​​​​​バラフェス観賞会始まりました!

小松運動公園のローズガーデンを中心に新企画、「バラフェス観賞会」を開催しています。

今日は最高の晴天、温かく風もここちよく快適です~。

バラ園の看板とバラの写真
バラ園の様々な花の写真
植木鉢のバラの写真
近くから見た薄桃色のバラの写真
薄紅色のバラとバラ園の風景の写真

真夏日に近い気温となり、バラさん達もドンドン咲いてきていましたよ。

バラと、休憩する人々の写真
バラと、バラを鑑賞する人々の写真

バラ鑑賞の一つの楽しみは「香り」

甘い香りを漂わせる空間で、の~ん~びり、ベンチに座ってくつろぐ、最高の空間でした。

バラ園の風景の写真

バラを鑑賞しながら散歩してはいかがでしょうか?

バラのアーチもあり、訪れたみなさんが、間近でバラを楽しめるようになっています。

バラのすぐそばに置かれたベンチの写真
様々な色のバラの写真
鉢に飾られたバラと風景の写真

ベンチも設けられていますので、お天気の良い日は、おしゃべりをしながら、ランチしながら!

バラの花を楽しむのもいいですよ~。

近くから見た様々な種類のバラの写真
薄紅色のバラとベンチの写真

平成30年6月3日(日曜日)まで観賞会を行っています

美しいバラの花を咲かせるための栽培のコツやバラの鑑賞方法や香りの楽しみ方などを聞きながら、バラを鑑賞できる園芸講習会も開かれます。

日時:6月2日(土曜日) 10時から12時(小雨決行)

場所:小松運動公園バラ園横広場

講師:株式会社 北陸園芸 遠藤 雅徳さん

(注意)申込は不要です。 直接会場にお越しください。

「ローズライフ」・・・そんな言葉が似合う空間、バラと共に心豊かな暮らしを楽しみたい。
皆様がそう思えるきっかけになってくれれば幸いです。

まち角フローラル情報

サツキです。

あちこちでいっせいに咲き始める赤紫の花。

濃い紅色のサツキの花畑の写真
道路沿いに咲くサツキの写真

小松運動公園の園路沿いにも、花のじゅうたんが広がっていましたよ。

近くから見たサツキの写真
色鮮やかなサツキの写真

緊急告知!バラフェス観賞会in小松運動公園 開催!

日時:平成30年5月26日(土曜日)から6月3日(日曜日)まで
場所:小松運動公園バラ園および周辺広場
内容:満開の「Vロードバラ園」に隣接する広場に鉢バラ100鉢で、アーチやオベリスクを取り入れてこのときだけのミニガーデンをディスプレイ。バラを引き立てる草花を加え、バラの魅力を際立てる展示方法をご紹介。ぜひお見逃しなく!

同時開催

バラの園芸相談会 ~バラと園芸に関することなら何でもお答えします~

日時:6月2日(土曜日) 10時から12時(小雨決行)
場所:運動公園バラ園横広場
講師:株式会社北陸園芸 遠藤 雅徳 さん(ドゥルーガーデン店長)
(注意)申し込みは不要です。直接会場へお越しください。

和笑(わわわ)焼きまんじゅう

5月27日(日曜日)午前中のみ
和笑(わわわ)焼きまんじゅうさんが出店!

早くこないとなくなるよ~

平成30年5月24日(木曜日) 四季折々のナチュラルガーデン

波佐谷町の『気ままに』オープンガーデン

初夏の庭を彩ってくれる大輪のシャクヤクを求め、いつもお邪魔しているオーナーさんを訪ねました。

オープンガーデンに咲くシャクヤクの写真
オープンガーデンの様子の写真

「今年は綺麗に咲いてくれましたよ~」

いつも優しいオーナーさん。

濃いピンクの花の写真
オーナーさんと花の写真

雨上がりの今日、午後からの日差しを受けて、お庭では植物達が気持ち良さそうに咲いてくれています!

「庭に遊びに来てくれてありがとう」

色とりどりの花の写真
ピンクの花と緑の写真

  お庭の中で、シャクヤクの香りで満たされていました

  今年のバラはなんだか色に元気がないのよね~。バラって難しいのよね~。

バラの咲く庭の様子の写真
赤みがかった黄色いバラの写真

でも・・・、美女と野獣に出できそうな・・・大輪のバラに癒されました。

近くから見た真っ赤な一輪のバラの写真

フローラル情報『青空に白い花』

ヤマボウシの白い綺麗な花が咲きだしました~。

いつも通る沿道では、白い花を枝いっぱいにつけ愛らしい姿を見せてくれます。

青空と花の咲いたヤマボウシの写真
近くから見た白いヤマボウシの花の写真
建物沿いに並ぶヤマボウシの木の写真

(小松工業高等学校北側にて)

『友好のバラ』平成30年5月23日(水曜日)

小松運動公園のバラ園「Vロード」では、8種類約1千本のバラが見頃を迎え、市民ボランティア「小松・友好バラ園友の会」の皆さんが手入れに汗を流しました。

馬の看板とバラの写真
真っ赤なバラの写真
黄色いバラの写真

作業の前にバラの講習会で、みんなでスキルアップをしちゃいま~す。

バラの講習会で話を聞くボランティアの皆さんの写真

小松運動公園のバラ園は、育成・管理をボランティアの皆様によって支えられていることも特色のひとつです。

バラの手入れをするボランティアの皆さんの写真

いつもありがとうございます!

平成30年5月24日(木曜日)こまつオープンガーデンのお庭を紹介

バラフェスこまつ No.6 串町 「Let it Be」

ただいま、週末オープン中!!!

残る公開日は、今月26日(土曜日)、27日(日曜日)、6月2日(土曜日)、3日(日曜日)、9日(土曜日)、10日(日曜日)の6日間となりました。週末限定オープンのお庭では、今週末バラが見頃です。

家と手入れされた庭の写真
白いバラと庭の写真
様々な花の咲く庭の写真

「植物が映える構造物を作るのが好き」なオーナーさんは、お庭のものは何でも手作り。

かわいいガーデンキッチン、フェンスやパーゴラ、建設中のガーデンシェッドもみることもできます。

カントリー調の壁と花の写真
庭のピンク色のバラの写真
手入れされた様子の庭の写真
白いつるばらの写真

こだわりのお手製構造物、蝶々が飛び交い草花が風に揺れるお庭へレッツゴー!

バラフェスこまつ No.5 新保邸(今江町)

7~8年ほど前から独学でバラを楽しんでいらっしゃるそうです。

一本の挿し木からバラの面白さと出会い、今では5~6年物と2~3年物の鉢バラが玄関前を彩っています。

青空に映える花の写真
白いバラの写真

赤・ピンク・白バラのアーチはまもなく開花しそうです。品種こそわかりませんが、気に入って育てたバラばかりで、買ってきた苗を育てるのとはまた違うおもしろさがあると楽しそうに話してくださいました。毎日のバラの健康チェックはかかすことなく、消毒や水やりなど愛情を注いでいらっしゃいます。

種から育てることも好きで、そのうちのひとつオダマキが咲いていました。

近くから見たピンクのバラの写真
ピンクの花の写真
青空に映えるバラの写真

コツを得ていらっしゃるのだと思います。いつか教えていただきたいですね。

平成30年5月23日(水曜日)

バラフェスこまつ No.4 永井邸(日の出町)

近くから見たマーブル模様のバラの写真
マーブル模様のバラの写真

クリーム色と真紅のマーブル模様のバラ、「モーリス・ユトリロ」。画家の名前にちなんだ名前のイギリスのバラ。

フルーツのようなさわやかないい香りがします。風に乗ってお家のなかにも香りが漂うこともあるそうです。

マーブル模様の一輪のバラの写真
近くから見たマーブル模様のバラの写真

七年前に購入された時は小さな苗だったとのことですが、鉢植えから育てて見事な大株になりました。

お世話で気をつけていることをうかがうと、株を弱らせないように、八部咲きで花摘みをすること、毎年土を足すこと、剪定をすること、スプレーの消毒を葉の裏にもすること、など。

育て方がわからないからこそ、お花屋さんに聞いて教えてもらったことをきちんとしているとのお答えが返ってきました。

ピンクのバラの写真

ピンクのバラも、お嫁さんからのプレゼントを、大事に育てて大きく育ちました。

品種は不明ですが、ぼんぼりのような丸い形の花がとてもキュートなバラです。たくさんつぼみをもっていて、まだまだ咲きそうです。

(お庭の中なので、家族以外にも、いろんな人に見て欲しくてご応募くださいました。ありがとうございました。)

平成30年5月22日(火曜日)

​​​​​​​バラフェスこまつ No.3 中山邸(野田町)

庭の花とオーナーさんの写真
看板のある庭のエントランスの写真
花が咲き乱れる庭の写真

通りに面したお庭は、見頃を迎えたバラや宿根草がお出迎えしてくれました。

たくさんバラの名前を教えていただきましたが、このページではその一部をご紹介いたします。

門の上にアーチ状に咲くバラの写真

トレジャートローブ

鮮やかな紅色のバラの写真

はるかぜ

シックな紫色のバラの写真

アンダーザローズ

バラをはじめて10年ほどになるお庭。たくさんの種類のバラが咲いていました。植物のお手入れはオーナーさん、レンガ敷きなどはご主人がお手伝いしてくれて助かる、とのこと。おふたりで出かけて、新たな苗を購入することもあるそうです。

濃い紅色のバラの写真

ジャメイン

真っ赤なバラの写真

ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ

白にピンクのマーブル模様のバラの写真

モーリス・ユトリロ

バラを引き立てるヒューケラやクレマチス、ジギタリスなどの宿根草、毎年こぼれ種で出てくるというアグロステンマ、二ゲラ、レースフラワーなどがバラと競演するように5月の風に揺れていました。

オーナーさんと見学の方の写真

見学希望の方を、気さくに招きいれてくださるオーナーさんでした。

濱中邸(安宅町)

港町 安宅でインパクトのある景観を作り出しているバラたちをご紹介します。車道沿いに50メートルほど続くローズロード。

色とりどりに咲くバラたちが目を楽しませてくれます。

壁の上から顔を見せるバラの写真
近くから見た壁の上のバラの写真
壁沿いに咲くオレンジ色のバラの写真
薄桃色のバラの写真

お庭にもおよそ20鉢の鉢バラがズラ~リ。ご主人がすべてを手掛けるというバラは、愛情たっぷりに育っていました。

黄色いバラの写真
近くから見た、赤や黄色のバラの写真
壁沿いに並ぶバラの写真
違う角度から見た壁沿いのバラの写真

歴史を感じる建物とバラがマッチして素敵です。

有佐邸(今江町)

90種類以上のバラがおよそ100本あるお庭です。ほとんどのバラが満開で、圧巻でした。

オーナーさんの手作りのこだわりのお庭。5年ほど前から始めたお庭づくりですが、つるバラが覆うエントランスの門はオーストラリアのユーカリの木でできた枕木が使われています。

庭の全景の写真
庭の入り口にアーチ状のつるバラが咲く庭の写真
青々とした木々も多い庭の写真

バラはもちろん宿根草が好きでバラと混植で楽しんでいらっしゃいます。お気に入りのバラはブルームーン。

オレンジがかった色のバラの写真

エバンタイユドール

薄紅色のバラのアップの写真

ブルームーン

薄紅色のバラの写真

ラフランス

門をくぐると、バラと花の世界に包まれます。

白いチェアとバラの写真
アーチ状のバラのトンネルの写真
つるばらやデルフィニウムなどの写真
テラスからの庭の風景の写真

コーナーの白い椅子に座ってバラに包まれていると当に幸せな気分になります。オーナーさんが大好きなデルフィニウムもきれいです。

橙色のバラの写真
動物の置物と庭の写真
可憐な白い花の写真
宿根草などの咲く庭の写真

テラスにお邪魔して咲き誇るバラを眺めていると、オーナーさんが「一本一本のバラには、咲くまでのドラマがあってね~」と感慨深げにつぶやかれました。

お聞きして、なるほど!

毎日のようにバラの調子をチェックしてお世話して・・・、雨、風、雪、虫、病気、水やり等々数々の状況を乗り越え、我が子のようにお世話したバラたちがいっせいに花開き美しく咲く姿を見ると、達成感や満足感もひとしおということでした。

皆さんのお花を見せていただくときは本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

平成30年5月21日(月曜日)

バラフェスこまつ No.2 木田邸(向本折町)

ツルバラ、ピエール・ド・ロンサールが一番の見頃でした。

朝日は当たりますが、日陰になる時間が多く、根の張りにくい場所で、よく枝を伸ばして、お店まわりを彩っていました。

壁沿いに咲くバラを見ている写真

オーナーさんと

ピンクでかわいらしいバラの写真

ピエール・ド・ロンサール

白いバラの写真

アイスバーグ

バラを育てて14年くらいになります。

冬の剪定、誘引はご主人と一緒にされるそうですが、奥様が一人でお手入れをなさっているそうです。消毒も施肥も限られた時期にしかできないとのことでした。

近くから見た薄紅色のかわいらしいバラの写真

ピエール・ド・ロンサール

いくつも咲いている白いバラの写真

アイスバーグ

濃い紅色のバラの写真

ザ・プリンス

近くから見た濃いピンク色のバラの写真

シェエラザード

丸いフォルムのピンク色のバラの写真

コーネリア

薄紅色や紫色など様々な色のバラの写真

ブルーフォーユー

香りのよいバラが多く、コガネムシなどの害虫に悩まされることもあるそうですが、15種類以上のバラは、どれも愛情をもってお世話されている感じが伝わりました。

松本邸(城北町)

ガレージを彩るつるばらは、なんと一本から枝分かれしていたのでした。

青空に映える薄桃色のつるばらの写真
バラを見るオーナーさんの写真

品種名は不明だそうですが、知人から譲りうけた小さな苗が十年の月日を経て大きくなったそうです。

アーチ状に咲くつるばらの写真
ガレージ上のつるばらの写真

施肥や剪定、誘引など、花後と冬にご主人と一緒に枯れ枝を切る程度で、特に手をかけてはいないとのことでしたが、今年は特にきれいに咲いたので、ご応募くださいました。

青々とした木の写真
藍色の花の写真
器の中に浮かべた花と葉っぱの写真

バラの他には樹齢推定100年のサザンカを見せて頂きました。中庭も和風の落ち着いたお庭で、ミヤコワスレ、シランが楚々とした雰囲気で咲いていました。

平成30年5月21日(月曜日)こまつオープンガーデンのお庭を紹介

白江町 「カカリア」

オープンガーデンのお庭でも、こだわりのバラが咲き誇り存在をアピールしていますよ。今回は、5月22、23、24日(9時30分~16時00分)オープンするガーデン「カカリア」に一足先にお邪魔させていただきました。

オープンガーデンの風景の写真
様々な花が咲く庭の写真
「カカリア」のネームプレートとバラの写真

広いお庭の中には、珍しいお花がいっぱい。雨上がりでどの花も生き生き咲いていました。

「これは、なんと言う名前のお花ですか?」の問いに、迷いもなく、いろいろ答えてくださったオーナー様でした。

青空に映える白い花の写真

オダマキ

近くから見た白い花とつぼみの写真

カマシア

白い花の咲いている庭の風景の写真

ゲラニウム

近くから見た白い花の写真

マツムシソウ

たくさんの種類のお花がありましたが、色や植える場所もこだわりが感じられます。

壁沿いに咲く白い花と濃いピンクの花の写真

ジャーマンアイリスとつるばら

褐色の葉っぱと白い花の写真

テマリシモツケ

緑と花の庭の風景の写真

青花アンチューサなど

パッと目に留まった バロン・ジロー・ドゥ・ラン という真紅のツルバラはバラ愛好家向けの珍しい品種だそうです。

(写真ではわかりにくいのでぜひお庭を訪ねて実物を見てくださいね)

庭の花と白いベンチの写真
美しい庭に作られた通路の写真

左)バロン・ジロー・ドゥ・ラン、右)ベロニカなど

小物づかいのアイデアもいっぱいの素敵なお庭です。

明日から限定3日間のオープンガーデンをお見逃しなく!

「こまつオープンガーデン2018」のページもご覧ください

平成30年5月20日(日曜日)

『Frendship Garden Rose』バラフェスこまつ No.1 

イングリッシュガーデンに咲く「初夏」を感じる~。

姉妹都市イギリスゲイツヘッド市から平成13年に寄贈された、イングリッシュガーデン「小松・ゲイツヘッド友好の庭」のバラが咲き始め、濃厚なバラの香りに包まれていましたよ?

看板とバラ、青空の写真
庭の様子の写真
鮮やかな色彩のバラの写真

ブレイドン レーシーズ

いや~ホントに天気良くイングリッシュガーデンの心地よい風を感じてバラを見るとうれしくなってテンション上がってきちゃいました。

青空と緑と近くから見たバラの写真

コンパッション

平成30年5月20日(日曜日)​​​​​​​レインボープロジェクト

フローラルこまつ花楽校「にこにこ花壇教室」が今年もスタートです。

今年のテーマは、公園の花壇に虹の形にお花を植えて。お世話をしながら花の育て方を学びます。

花壇のデザインやお花の管理について実践的に楽しく学べる講習会を開催です。

説明を聞く参加者の写真
講習会で花を植える様子の写真

花壇づくりに興味のある方であれば、気軽に参加できます。

講習会で赤い花を植える参加者の写真
講習会で紫色の花を植える参加者の写真
講習会で決められたラインに沿って花を植える参加者の写真

これを機会にガーデニングの技術をスキルアップしようと多くの方がご参加いただけました。

初夏の陽ざしの中、公園あそびを楽しんでいた親子さんも花植えに飛び入り参加してくれました。

ありがとうございます!

黄色い花を植える親子の写真
丁寧に土に花を植える子供たちの写真

「初めてこの公園に遊びにきたの~」

「お花を植えるの楽しいね~」

お花の講習会を通じて広がる ‘’サプライズ” とっても楽しい講習会でした。

講習会の様子を見学する来園者の写真

最後にお水のやり方も教えてもらい!

次回の講習会は6月13日(水曜日)9時からです。

皆様のご参加お待ちしています~!

講習会後の花が植えられた花壇の写真
別の角度から見た花壇の写真

虹になるのが楽しみですね。

花壇に植えたお花の種類

  • 赤:サルビア、ペチュニア、ベゴニア
  • 橙:マリーゴールド、ポーチュラカ、ジニア
  • 黄:マリーゴールド、ポーチュラカ、メランポジウム
  • 緑:コリウス、マトリカリア、テラスライム
  • 青:アメリカンブルー、ロベリア
  • 紫:アゲラタム、ペチュニア、アンゲロニア

平成30年5月18日(金曜日)こまつオープンガーデンのお庭を紹介

末広町 小松運動公園の「小松・ビルボールド友好のバラ園“V”ロード」

バラ園の看板と園内の一角の写真
V字の花文字のバラの写真
近くから見た黄色いバラの写真

友好のバラ園は7分咲きほどでしょうか。ツゲに囲まれた空間は、バラの香りに満たされ、街中にいることを忘れさせてくれます。

赤いバラの写真
真上から見たピンクのバラの写真
近くから見た白と薄桃色のバラの写真

8種類1,000本のベルギーのバラが皆さまをお待ちしています。気温が下がって過ごしやすくなる週末、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

北浅井町の「飯田武道具店のお庭」

飯田武道具展ののぼりと薄桃色のバラの写真

スパニッシュビューティー

軒先の薄桃色のバラの写真

ピエールコンサール

庭先に咲く黄色いバラの写真

ゴールドバーニィ

満開です! 散りはじめたものもありますが、バラの香りが漂う素敵な空間です。

オーナーさんとバラの写真
白い花の写真
近くから見た、鉢に植えられた花の写真

オーナーさんとお会いできました。気温が高い日が続き、いっきに満開になって、花がら摘みが大変だそう。きれいなバラを見せていただきありがとうございました。

あまり見かけたことのない花木「ホオノキ」の白い花も開いていました。山地で生える日本の樹木です。住宅のお庭ではなかなか珍しいそうです。

もう一枚の写真は「マユハケオモテ」。購入してから3年目にしてようやく花が咲いたときは感動もひとしおと、写真を見せてくださいました。(今は葉っぱだけの状態です)

じっくりとお庭を拝見できるオープンガーデンでは新しい発見が待っています! バラが見ごろを迎えるお庭をぜひ巡ってくださいね。

「こまつオープンガーデン2018」のページを今すぐチェック!

平成30年5月16日(水曜日)

バラフェスこまつ 月岡邸(青路町)

ブルーの外壁に花の色がよく映える素敵なお宅におじゃましました。

青い壁と赤紫色のバラの写真
薄橙色のバラの写真
薄桃色のバラの写真

春だけ開花する、オールドローズ(紫のバラ)香りがよいのでお気に入りだそうです。

壁沿いのにぎやかな草花の写真
青い壁に映える花々の写真

鉢が落下しないよう、ご主人がブロック塀に手すりを付けてくれたそうです。

バラだけでなくクレマチスとの共演が素敵ですね。

早春はツバキ、初夏はアジサイと花の見ごろに合わせて玄関周りを模様替えされているとのこと。

バラ以外の季節も訪れてみたいですね。

平成30年5月16日(水曜日)種から始める花づくり「鉢上げ」

(こまつの杜 花育)

種まきから1ヶ月が経ち、小さな種が元気な芽の顔を出しました!

さらに大きく根を張り、成長できるよう「鉢上げ」し~ま~しょう。

フロマメ情報:鉢上げとは、種まき用のセルトレイから、生長した苗を鉢に移植することです。

説明のための、大きくプリントした花の写真を撮った写真
鉢上げのために用意された土の写真
土と苗の写真
説明をするスタッフと子供たちの写真

マリーゴールドとラグラスの苗の鉢上げをしましたよ

今日も元気なお友だちと芽が出たばかりの苗をポットに植え替え、

大きく育つまでの水やりなどを行います。

苗ポットに土を入れる子供たちの写真
丁寧に作業する子供たちの写真
教えてもらいながら苗ポットに土を入れる子供たちの写真

わりばしを使って土の高さを測りながら土を入れていきます。

苗の周りの土を指でそっと固める子供の写真
自分の苗と一緒にVサインする女の子の写真

苗を傷つけないように・・・やさし~く・・・とん・とん

「うまくできた~」

苗ポットを持って見せてくれる女の子の写真
苗ポットを興味深そうに持っている子供たちの写真
教えてもらいながら苗を植える子供たちの写真
植え終わった苗を見る子供たちの写真
子供たちと、その様子を見守るスタッフの写真
カメラに向かってVサインをする男の子の写真

おおきくな~れ おまじない。

みんな揃って集合写真

白嶺幼稚園のお友達

植え終わった苗に如雨露で水をあげる子供たちの写真
用意された水に手を入れる子供たちの写真
自分たちが植えた苗を見る子供たちの写真
休憩中に笑顔を見せるスタッフの皆さんの写真

今日はとっても暑いね~ スクスク会のみなさんも水分補給です。

こういう時間もみんなで楽しんでいま~す。

子供たちがスタッフの皆さんと作業している風景の写真

ん~あの種から出てきた元気な芽。でも・・・和田先生の教えてくれたかわいい花が咲くのはまだ想像できな~い。

みんな揃って集合写真

大和こども園のお友達

やさしく教えてくれる中でも、甘えさせ叱ってくれるスクスク会のみなさんは、子どもの成長を助けてくれる大きな存在となっています。

子ども達もスクスク会のみなさんが大好きです。こまつの杜花育「楽しい~」

作業中、カメラに向かって笑顔を向ける子供たちの写真
大きくなあれ、のおまじないをかける子供たちの写真
手を取り合って苗に水をあげる子供たちの写真

今も昔も、子どもはまわりの大人からたくさんの愛情をもらってすくすくと成長しますね。

最後にお礼を言いました 「ありがとうございました」

みんな揃ってスタッフにお礼を言う子供たちの写真
嬉しそうなスタッフの皆さんの写真

みんな~6月に園に行くね~。これから水をあげながら苗が育っていく時間を一緒に過ごすのが楽しみですね。

まち角フローラル

小松駅周辺広場のハンギングバスケット『花灯り』が、

日差しを浴び色鮮やかにおもてなししてくれますよ。

柱につけられたバスケットに飾られた花の写真
空に映えるバスケットの花の写真
バスケットの花と広場の写真

まち角フローラル

遊泉寺銅山跡公園の『シャガ』。

まだまだ綺麗に咲いていましたよ。

シャガの咲く林の写真
一面に咲くシャガの写真
小さな赤い橋とシャガの写真

こまつオープンガーデン 光町の「バラゾーン」 株式会社小松村田製作所

「地域の皆さまや子どもからお年寄りまで幅広く愛されたい」という企業の願いをこめたバラ園です。

37品種の合計49本のバラが広がっています。

鮮やかな薄紅色のバラの写真
バラ園の風景とバラの写真

国道360号線沿いのストリートを明るくやさしいバラの空気が生まれる空間です。

走っているとパット花が咲いた道に遭遇しちゃいますね。

気になっている方も多いのではないでしょうか?

暖色系の様々なバラの写真
近くから見たオレンジ色のバラの写真
咲き乱れる赤いバラの写真

バラの期間はどなたでもご覧いただきます。

守衛室にお声掛け下さい。バラゾーンのご案内マップを見ながら散策できますよ。

大領中町の「まちかどガーデン」

あなたのお住いの近くでも、オープンガーデンを見ることができますよ。

みなさんそれぞれの楽しみ方をみつけ、いろいろなアイデアや情報を交換で、とっても素敵なガーデンになっています。

像のベンチとオープンガーデンの写真

なるべくお金をかけずに工夫をされたと庭主さんのお話でしたが、レンガや通路の手作りがとってもオシャレに演出されていましたよ。

赤い花を手入れするオーナーさんの写真
ピンクや白の花のある庭の写真

自分で工夫して、作ったお庭は、一味も二味も違う、やさしさが溢れる空間でしたよ。

木製のベンチに置かれた船の操縦桿と花の写真

平成30年5月15日(火曜日)バラの花咲く温かい季節

この色も~ あの色も~ みんな綺麗~!

オープンガーデンとして、バラ庭をされている方は多いのではないでしょうか。

小松にもバラの香りに包まれた綺麗な庭がいっぱいありますよ。

有明町の『ローズガーデン』

今年も素晴らしいバラの花道が見られます~。

黄、赤、ピンクなど色とりどりのバラが咲き誇り通りを甘い香りに包んでいました。

赤いバラが青空に映える写真
黄色や赤いバラが咲き乱れている庭先の写真

天気もいい、お花もキレイ。感激。

別の角度から見たバラと庭の写真
真っ赤なバラの写真
たくさんのピンクと黄色のバラの写真

オープンガーデンのガイドブックを片手に見に来られた方とお話し・・・

オープンガーデンを見上げる見学の方の写真
熱心に庭を眺める見学の方とピンクのバラの写真

「今からいくつか小松のお庭を回るのよ」

「きれいなバラね~ とってもいい香り」

嬉しい声と遭遇できるのもオープンガーデンのいいところですね。

ピンクと黄色のバラのアーチの写真

ありがとうございます。

今年は、フローラルこまつ「バラフェス」を開催! 19日(土曜日)~27日(日曜日)
みなさまのバラのお庭をご紹介しますので、ぜひいい時期の小松のバラを楽しんでください。

金平町の『照ちゃん花壇』

きれいな色やね~と・・連発しながら楽しく見られる『かわいいお庭』

いろいろな草花を育てて眺めるだけでも、気持ちに潤いが出ますね~。

遠くから見た庭の写真
庭の草花と通路の写真

でもそこにかわいい置物がいっぱいあって、お庭を演出して更に楽しめちゃいます。

赤や白の花とカントリーな柵のある写真
小人の置物と大きな植木鉢の花の写真

金平町出村の『秘密の花園』

美しきナチュラルガーデン。

山の風景と紫の花の写真
森の中の小径のような庭の写真

四季折々に開花する宿根草を中心に庭づくりをしているガーデンにお邪魔しました。

ナポレオンチェリーのシンボルツリーにいっぱいさくらんぼうが・・・・なってる。

たくさんの実のなっている木の写真

「食べていいよ」

?食べたそうに見えっちゃたかな??ドッキ!!

甘酸っぱくてとってもおいしかったです。 オーナーさん、ありがとうです。

 ガーデン内で一番好きな場所は、山野草エリアだそうです。

遠くから見た黄色い花の写真
近くから見た黄色い花の写真

ニッコウキスゲの黄色で疲れた心が癒されました。

大輪の黄色い花の写真
鮮やかな青の花の写真

平成30年5月11日(金曜日)​​​​​​​お庭がまちの名所になりました

季節の彩りの草花を楽しみながら、訪れた方々との交流を深めていくステキな活動『2018こまつオープンガーデン』さまざまな交流も広がり始めました!

本折町の『安田ガーデン』 

花のほかにもイルミネーションの飾りもある庭の写真

ガーデニングの椅子に腰かけ季節の花を楽しむ。

今ではイルミネーションも設置し、家族で夜のガーデニングも楽しんでいます。

離れたところから見た庭の様子の写真
塀にイルミネーションの飾りがついている庭の写真

花が好きな人同士が交流し、ガーデニングの楽しみや喜び感動が広がることは、花と緑が美しいまちづくり「フローラルこまつ」につながります。

若杉町の『ネコの小径』 

緑の多いいきいきとした庭の写真

花木や宿根草、種まきから育てた一年草に囲まれたお庭です。

花や緑の彩りを自分の空間に招き入れることで、眺めるだけではなく、五感で感じる庭へと変身しちゃいます。

近くから見たオレンジ色のバラの写真
近くから見た紫色の花の写真
紫や白など色鮮やかな花の写真

毎日を楽しんでいま~す!

オープンガーデンに登録された庭園は『2018こまつオープンガーデンガイドブック』で紹介されています!

八幡の『花日和』

花と緑の植物たちは輝く春を待っていたよ。

優しい光をいっぱい浴びて木々や花たちも嬉しそうです!

カントリー調の置物のある庭の写真
草木に囲まれたベンチセットのある庭の写真

家は生活する空間、お庭は生活を楽しむ空間です。

花と緑に囲まれた小道を通りのんびり庭を眺める空間へ・・・

レンガの小道、白いバーゴラと植物との組み合わせでより楽しい空間になっていましたよ。

赤と黄色のかわいらしい花の写真
白い花と庭の写真

ガーデン入口では、バラのカクテルが咲き始めていました。

もうすぐバラのアーチになりそうですね。楽しみ~

近くから見た赤い花の写真

大領町の『ガーデン大領』

大人も花と緑に癒されワクワク!楽しくなる住まいになっちゃいます。

道沿いの様々な色の花と松の写真

限られたスペースをとっても上手に使われたハンギングのアイテムで、家の前の雰囲気もバッチリでしたよ!

軒先のプランターに咲く華やかな花の写真
ピンクのかわいらしい花の写真
軒先の立体的なプランターの花の写真

みなさまぜひ多くの庭を見て、ガーデニングの魅力に触れてみてください。

平成30年5月11日(金曜日)​​​​​​​子どもたちの元気な声が聞こえます!

訪れる人は誰でも見学出来る、こまつオープンガーデンをご存じでしょうか?

緑の多い庭の写真
きれいに配置された植木鉢の花の写真

HBが掛けられた後ろの青いプレートは『マカロニ』だって! びっくり。

矢田野町の「サンガーデン愛」にお邪魔しました~。

屋内から見た庭の全景の写真

ご夫婦の愛情がこもったお庭は、ご近所の方が遊びにくるようになり、今では口コミでお花好きの方が沢山訪ねてくるようになっています。

今日は、小松市立 やたの認定こども園あおぞらの年長組のお友だちが遊びにきていました。

紫の花と子供たちの写真
緑のベンチの上に置かれた植木鉢の写真
庭でテーブルを囲んで花の飾りを作る子供たちの写真
教わりながら花を触る子供たちの写真
フクロウなどの花器に花を飾り付ける子供たちの写真
木陰で花の飾りを作る子供たちの写真

お庭の中は、子どもたちの元気な声が聞こえてくる花と緑の空間になっちゃいました。

自分なりの飾りを作る子供たちの写真
出来上がった飾りを手にカメラに笑顔を向ける男の子の写真

オーナーさんの計らいで、花のアレンジメントづくりや紙芝居を見て楽しい時間を過ごしましたよ。

色とりどりの花と子供たちの写真
花と触れ合う子供たちの写真
花に触れ、観察する女の子の写真

どの花にしようかな~?ここで切っていい??

オーナーさんは、みんなとおしゃべりするのが大好き~

池もある日本庭園では、徐々に自分が好きな花やデザインの庭に変身しちゃってきています。

花を飾り付けながらカメラのほうを向いてくれる子供の写真
出来上がった花飾りを手にする子供たちの写真

  子供たちは、かわいいポットのオアシスにお花をさしていきます。

「今までで一番楽しい!」 子供たちもとっても楽しそうです。

嬉しそうにVサインする女の子の写真
嬉しそうにVサインする子供たちの写真
花飾りを持ってVサインする男の子の写真

「今日は、お母さんの誕生日なの~!このお花あげてもいい?」

「絶対お母さん喜ぶよ~」 みんなかわいくできたね!

最後に紙芝居を楽しみました。

紙芝居に見入る子供たちの写真
正座して紙芝居を見る子供たちの写真
別の角度から見た紙芝居の様子の写真

  ありがとう!

お庭は、お友だち繋がりのボランティアの方々のお手伝いによって公開されていましたよ!

二人で記念写真
数人で記念写真

オーナーさんとお友達

みなさんとっても楽しそうです。

「オープンガーデン」で素敵なお庭を訪問しちゃう

花を通じて人生が豊かになっちゃいます。見知らぬ方のお庭が見られるのはチョット興味津々ですよね~

草花は好きでも、育てるの・・・失敗するのでは・・・な~んて思われている方も多いのではないでしょうか。

矢田野町 『ひだまり』

オープンガーデンは、オーナーさんと直接お話しすることもできて、お花の育て方や花の楽しみ方を教えてもらえます。

きれいにレイアウトされた庭先の花の写真
オーナーさんの写真

「お庭づくりや楽しみ方に終わりはないのよ~(笑笑)」

「どんどん小物が増えちゃうの~」

育てた花をみんなで楽しみたい~そんな気持ちで、庭や花壇を開放しどんどんお友だちが増えるのよ!

花がきれいに咲いている庭の全景の写真
紫の花と庭の写真

改めて花の魅力を感じちゃいます。花って凄いね。

おねがい

オープンガーデンは、花や緑を愛する方々のご好意により成り立っています。
お庭を楽しむために感謝の気持ちとルールを守ってくださいね!

今江町 コンテナガーデン「エイ」

天気がいい~ね。お庭を見て元気をもらって来ました。

看板と花と庭の写真

今日も楽しいガーデンライフが始まります。 楽し~!

カントリー調の玄関先の庭の写真
青々とした草木の写真

平成30年5月9日(水曜日) 里山花めぐり『群れ咲くシャガ』

小松市には、春夏秋冬と季節に応じ、花を楽しめる場所があります。
鵜川町の遊泉寺銅山跡公園では、まるでおとぎ話に出てくるような「群れ咲くシャガ」の神秘的で幻想的な光景を楽しむことができます。

一面に咲くシャガの写真
近くから見たシャガの写真

公園に近づくにつれて、真白く群れ咲くシャガのじゅうたんが「こっち見に来て~」と呼んでいるように思えてきちゃいます。

一面に咲くシャガと木々の写真
近くから見たシャガの花の写真
両側にシャガが咲く小径の写真

炉跡横のシャガ

古風な建物とシャガの花の写真

杉の林の根元で・・・小川のせせらぎの音や鳥の鳴き声を聞きながら・・・幻想的な雰囲気を体験できちゃいます。

小川沿いに咲くシャガの写真
シャガの咲く里山の写真
道路わきに咲くシャガの写真
近くから見たシャガの写真
咲き乱れるシャガと木々の写真

 きっと訪れた方は想像以上!!!
びっくりするほどの空間に感動すると思いますよ!
みなさん見に来てください。  

フローラル情報 『里山に揺れる赤い花』

遊泉寺銅山跡公園の入口では、大きな三つ葉と真っ赤なお花クリムゾンクローバーがお出迎え。

看板と真っ赤な花の写真
真っ赤な花と山の写真

何よりも鮮やかな赤が、新緑が濃くなって来た里山の風景にくっきりアクセントを添えていましたよ。

道路沿いに咲くクリムゾンクローバーの写真
満開のクリムゾンクローバーの写真

フローラル情報

紫の花色は、緊張や不安を癒し穏やかな気分を与えてくれるんだって!
いくつかの紫の花がありますが、木場潟公園の菖蒲園に咲くカキツバタをご紹介します。

水辺の東屋とカキツバタの写真

今日は曇りで、時々雨が降り出したりと天気の変わりやすい一日でしたが、カキツバタなど四季折々の花々で季節を楽しめる木場潟公園は、どんな天気でもその時、その時、の空間色を楽しませてくれますよ。

遠くから見たカキツバタの写真
鮮やかな青紫色のカキツバタの写真

 初夏の花 咲き始めたカキツバタが木場潟の風景に彩りを添えていましたよ。

平成30年5月2日(水曜日) 小松駅おもてなしガーデン

いよいよお旅祭りの時期となりました~!
JR小松駅コンコース内の『曳山華舞台』
心よりのおもてなしの花の彩りで、全国のお客さまをお迎えいたします。

花が飾られた曳山舞台の写真

舞台の空間を小松瓦や竹などを用いて。

近くから見た曳山舞台の上の花々の写真

多彩な演出でみんなを笑顔にしてくれます。

曳山舞台の上の鮮やかな青紫色の花の写真
曳山舞台の上の紫陽花の写真

香り豊かな花のおもてなし。みなさん見に来てくださいね!

  • 装飾テーマ:『薫風』
  • 作品:さわやかな初夏の景色をイメージし、季節の花の他に竹や小松瓦製の器を用いてデザインされたおもてなしのガーデンです。
  • 草花:アジサイ、デルフィニウム、ヒューケラ、シャクナゲ、ロベリア、アヤメ、シャラ、ミッキーマウスノキ、カラー、ハナイカダ、クレマチス、ギボウシ、マトリカリア
曳山舞台と装飾された女性二人の写真
  • 装飾:合場 加代子 さん(木場潟フローラの会代表)、立花 あずさ さん

5月13日(日曜日)まで、展示されています。

平成30年5月2日(水曜日) こまつオープンガーデンが始まりました

小松市の花づくり愛好家のみなさんが、丹精込めて育てた花と庭を広く公開する取り組み『こまつオープンガーデン2018』
今年のオープンガーデンは熱いよ!

「春は黄色から始まります 」
お庭では、黄色いモッコウバラが元気いっぱい咲いています。

 『小さな庭』 三谷町地内にて

たまご色のモッコウバラのアーチ
近くから見たモッコウバラのアーチ
違う角度から見たモッコウバラのアーチ
満開の白い花の写真
モッコウバラのある庭の写真

花や庭を楽しみにみなさん来てください。

様々な花が咲き乱れる庭の写真
近くから見たモッコウバラの写真

こまつのまち全体を花の名所にするために!
花による交流の輪を広げようと平成28年から毎年実施しています。
3回目となる今回は、参加者最多の38か所の庭が公開されています。

『Let it Be』 串町地内にて

壁に沿って咲くモッコウバラの写真
玄関先のかわいらしい植木鉢の花の写真

花いっぱいのまち、こまつのガーデンショーに出かけてみませんか。

チェアと花がある庭の写真
庭にある手作りの棚の写真

オーナーさんのすべて手作りのガーデンが魅力的です。

『そよぎガーデン』 串町地内にて

花が咲くヨーロッパ調の庭の写真
丸い花の咲く庭の写真

自然のあるがままの良さを感じられる花と緑の風景に・・・・
そんなお庭で心がホッと心が和みますね~。

清楚な薄紫の花の咲く写真
白い花とレンガづくりの小径の写真
大人っぽいくすんだ赤の花の写真

こまつの素敵なお庭の雰囲気をどんどん紹介します。 

外国の片田舎のような庭と建物の写真

まち角フローラル

木場潟公園では、多くのお客様にご覧いただいたフジも、上部は葉に覆われてきて見ごろを終えようとしています。
連休がフジを楽しむ最後になっちゃうかも~。

満開の藤棚の写真
遠くから見た藤棚の写真

(木場潟公園中央園地にて)

藤棚と広場の写真
近くから見た藤棚の写真

蓮代寺町保育園のビオトープのヤマフジも甘い香りに包まれていましたよ。

遠くに見える山藤と看板の写真
近くから見た山藤の写真

みんな急いでフジを見に行こう!

色鮮やかなツツジとコラボがとっても綺麗

赤いツツジ、白いツツジ、綺麗なツツジが咲き誇る初夏は、見渡すとあちらこちらから視界に飛び込んでくるツツジでまち全体が爽快なスポットになっちゃってます。
この季節にしか味わえない「こまつの風景」をみんなで楽しんじゃいましょ~う 。

華やかなピンクのつつじの写真

(国道360号 御宮町地内にて)

歩道沿いに咲く満開のつつじの写真
近くから見たつつじの写真

ヒラドツツジ

この記事に関するお問い合わせ先
緑花公園センター

〒923-8650
石川県小松市小馬出町91番地
電話番号: 0761-24-8101 ファクス:0761-24-8189
お問い合わせはこちらから