更新日:2018年11月30日

フローラルこまつ見どころ情報(平成30年2月)

小松市内では、さまざまなフローラルこまつの活動が取り組まれています。
ここではその方々の活動のご紹介や見どころ情報を紹介します。

みなさんのまちのフローラル情報をお寄せください。

平成30年2月28日(水曜日) 春の先駆けとなる「梅」

芦城公園内に雪が積もっている写真
芦城公園内の池の写真
赤い梅の蕾が膨らんでいる写真

芦城公園内では82本の白と赤の梅が植えられています

ここ数日暖かい日が続き芦城公園の梅の膨らみも大きくなってきましたよ。
今日は、お昼から梅園に行くと開花している梅の花を見つけました。
まだ雪の残る公園の寒空の下で咲いた梅の花は、凛としてとても力強く感じました。

赤い梅の蕾が少し開き出している写真

春は少しずつ近づいているようですね。
桜よりも前に咲く梅の花は、日本の春の訪れを感じさせてくれる美しい花です。
小松市の『花』にもなっています。

赤い梅が二輪咲いている写真
開いた梅の花のアップの写真

まだ、まだ、寒い日が続いていますが、春はもうすぐ目の前まで来ています。
春の先駆けとなる「梅」の見ごろ情報を随時発信したいと思います。

大藤の散策園路では、市外から来てくれた方が絵を描かれていましたよ。
「一つの藤の根でこんなに大きいのは初めて見た」と驚かれていました。

絵を描いている人の後ろ姿の写真
男性の描いている絵の写真

芦城公園では、大雪の影響で松の枝が折れたり被害がありましたが、大藤は無事に春を迎えれそうです。 よかった。

平成30年2月25日(日曜日) 「春の庭」のデザインを器に保存しました

少しずつ春らしい暖かさを感じることができるようになってきましたね。
バラの花色を感じる。手づくりの花の講習会「花楽校」
まだ、まだ、雪が多く残る木場潟公園で、手づくりの寄せ植えの楽しさや創作することの喜びを体験しました。

準備された花材の写真
花器に生けられたオレンジと白と紫のお花の写真

本日の講師は、木場潟フローラの会の 代表 合場 加代子 先生
(寄せ植え華道協会 認定講師)

講義の様子を横から撮影した写真
相馬先生のアップの写真
お話に集中している生徒の様子を前から撮った写真

合場先生の講習会では、バラの成育方法から楽しみ方まで身につき、みなさんに喜んでいただけました。

寄せ植えに挑戦している三人の生徒の写真
生徒にアドバイスをしている先生の様子

寄せ植えのポイント色合わせなのよ

完成した寄せ植えの写真

色みの合わせ方を少し工夫するだけで、
ワンランク上の素敵な寄せ植えになっちゃいます。
でも、難しいね。講習会にいっぱい参加して学んじゃいましょう。
寄せ植えのお花に合うように玄関も掃除しなくっちゃ。
なんて声もちらほら聞こえながら楽しい時間が流れていきます。

寄せ植えの相談をしている三人の生徒の写真
三人の女性が寄せ植えに集中している写真

ダイナミックな寄せ植えが どっどーんと玄関で出迎えてくれますよ。

先生が生徒にアドバイスしている写真
完成した寄せ植えの写真
先生がピンクのお花を持ってアドバイスしている写真

今年度、最後の花楽校「ガーデニングワークショップ」は、多くの方に参加いただき、お花好きのみなさんと、とても楽しい時間を過ごすことができました。
みなさまご参加ありがとうございます。

平成30年2月19日(月曜日) アイスガーデンでおもてなし

花のコンクール大賞で金賞を取られたオーナーさんのオープンガーデンでは、冬の花の彩りと咲かせたアイスガーデンでおもてなししてくれていましたよ。

玄関のガーデニングの写真

寺町地内にて

春に近づくにつれ、日々花の変化を感じることで、
花や植物は変化を楽しめるのが面白いなと思います。

葉牡丹の写真

厳しい寒さが続く中、こんな季節だからこそ、庭や玄関先のプランターに花を咲かせると気持ちと、とっても可愛い遊び心が、訪れた私たちを和ましてくれました。

雪で作ったハートの写真
猫をモチーフにしたかまくらの横からの写真
かまくらの前からの写真

平成30年2月16日(金曜日) 種まきは「春と秋」

数年に一度の大雪に見舞われた今年の冬。
連日の除雪作業、本当に皆さまお疲れ様です。
北陸の宿命とはいえ、多すぎる雪の量にビックリと苦労しましたね。花たちも寒さに耐えつつ雪が解け、花開くのを待っています。

横山先生がモニターを使って話している写真

園芸専門員:横山

講義の様子を教室後方から撮った写真

市役所7階にて

今日の花楽校は「冬春花壇」の土づくりや種まきです。

堆肥や軽石といった土づくりの材料の写真

種から育てる花は、安価で植物を育て始めることができ、コツさえつかめばいろいろな植物を種から育てることができるようになりますよ。
また、愛情をかけて育ててあげる喜びも実感できます。
参加いただいたみなさんからは「春になるのが楽しみね」「習ったことをやってみよ」講習会を楽しんでいただけました。

先生の実演を食い入るように見つめる参加者の写真

花の世話を通して、皆さんのコミュニケーションを深めるきっかけにもなりました。

平成30年2月4日(日曜日) 春を彩る寄せ植えガーデニングワークショップ

とても寒い今年の冬・・・
でも、花仲間が集う温かい雰囲気の中でワークショップが木場潟公園西園地展望休憩施設で行われました。
吹雪にも関わらずみんな参加してくれてとっても良かったです。

お花の苗が並べられている写真
ポットに入った状態の花を並べて寄せ植えの準備をしている写真

本日の講師は、グリーンフラワー(京町)の唐木店長です。
色鮮やかな花々のある生活は、私たちの心に多くの癒しをもたらしてくれます。

寄せ植えに挑戦する四人の女性の写真
寄せ植えをする三人の女性と一人の男性の写真

冬の季節だからこそ、春の花をイメージしての寄せ植えワークショップを開催しちゃおう。
先生の指導を受けつつ、楽しみながらも真剣な表情で寄せ植えをつくる参加者の皆さま

先生が笑顔で教室を見渡している写真
寄せ植えをする参加者の写真

「お花の専門知識も習い」「冗談交じりの先生の楽しいトークも体験」
参加されたみなさんと心地よい春の訪れを楽しみました。
花のいい香りが充満し、春の雰囲気に包まれました。

作業に集中する参加者の写真
完成した寄せ植えの写真。黄色、白、紫の花。

「みんな花が好きなんだな~」「やっぱり手づくりっていいな~」
なんてことを感じちゃいました。
空も明るくなってきて、さっきまでの天気が嘘みたい。
最後には、なん、なんと!! 先生のギターも披露され『ミニコンサート』開催です。

ギター演奏を聴く参加者たちの写真

2度おいしい一日になりました

ギターを演奏する先生の写真

平成30年2月2日(金曜日) 木場潟公園西園地展望休憩所

雪の積もった木場潟公園の写真
潟のほとりの写真

今日は久しぶりによいお天気で、木場潟公園はたくさんの人で賑わっていました。

木場潟公園の潟のほとりで絵を描く人の後ろ姿の写真

ウォーキングやランニング以外にも、白山を写真に収めようと集まったカメラマンさん、潟のほとりで絵を描かれている方もいらっしゃいました。

講習会情報

フローラルこまつでは下記のとおり講習会を開催予定です。
みなさんのご参加お待ちしております。

『花の肥料&生ごみ堆肥の作り方』 講師 中出 里美 さん
開催日 平成30年2月21日(水曜日)
場所 木場潟公園西園地展望休憩所
時間 10時から
参加費 無料

『バラを使った寄せ植え』 講師 合場 加代子さん

開催日 平成30年2月25日(日曜日)
場所 木場潟公園中央園地 メダカハウス
時間 10時から
参加費 3000円

【お問い合わせ・お申し込み】
市役所緑花公園センターまで
電話 24-8102 ファクス 24-8189

この記事に関するお問い合わせ先

緑花公園課

〒923-8650
石川県小松市小馬出町91番地
電話番号: 0761-24-8101 ファクス:0761-24-8189
お問い合わせはこちらから