更新日:2018年11月30日

フローラルこまつ見どころ情報(平成29年12月)

小松市内では、さまざまなフローラルこまつの活動が取り組まれています。
ここではその方々の活動のご紹介や見どころ情報を紹介します。

みなさんのまちのフローラル情報をお寄せください。

 

平成29年12月28日(木曜日)美しい新感覚フラワー「新春の歓び」

お正月の雰囲気を竹の並び方と高低差を活かしリズミカルに 躍動感を表す配置で、いきましょう!!と

芦辺先生の指導と元気な掛け声で「スタート」です。

小松高校の華道部22名のうち、今回は1年生の4人が花を飾ります。

作業に取りかかる前に先生の説明を聞く生徒たち

JR小松駅コンコース内にて

ただ花を魅せるだけではない。いつも、ひと工夫の花たちで喜ばしてくれます。

作業をしている生徒たち
竹に花を生けていく生徒たち

ん、ん・・・竹の配置がむずかしい。

今回もサプライズのひと工夫があり、嬉しさ倍増です。

竹に水を入れている様子
ほぼ完成し仕上げを行う様子

『おもてなしのFlower』をご紹介。

ワカマツ、ハボタン、センリョウ、キク、まゆ玉ヤナギ など。

 

日本人の心に培われた、おもてなしの花と心が優しく『花舞台』で奏でます。

おもてなしの心をお届けします。

 

わぁッ、インタビューされちゃいました。

インタビューを受けている生徒

「小松に帰省される方が、少しでも癒しになってくれればと頑張りました」

きっとみんなが喜んでくれます。そう考えて作ったお花たちが、みんなに喜んでもらえた時ほどうれしいことはありません。

竹にハボタンや菊が飾られている
出来上がった作品の全体図

お花はみんなに幸せな気持ちを伝えることができます。

作品の前で記念撮影を行う生徒たち

 

フローラルこまつからのご挨拶。


北陸新幹線小松駅開業に向け、フローラルこまつの活動により、おもてなしの心が若い世代に引き継がれ、まちの賑わいが向上するものと確信しております。
本年も一年『花と緑が美しいまち フローラルこまつ』の推進に、皆さまのご協力を賜り誠にありがとうございました。
皆さまにおかれましては、どうぞよいお年をお迎えください。

 

平成29年12月26日(火曜日) お正月飾りの花形です

正月飾りをして新年を迎えましょう。

日本古来から今に伝わる、年末年始の風物詩ですよね。

ご近所の家の玄関先や神社に門松が飾られると「あーぁ、今年も終わりだな」なんて思っちゃいますよね。

でも、新しい年への期待感でちょっとワクワクした気分になります。

 

玄関に飾られている門松

木場潟公園中央園地「メダカハウス」

門松にズームアップ

木場潟公園中央園地「メダカハウス」

特急白鳥の前に飾られている門松

土居原1号公園

門松にズームアップ
お店の前に飾られている門松

京町地内

フロマメ情報

門松は、松飾り、飾り松、立松とも言われ、年神様(毎年お正月に各家にやってくる豊作や幸せをもたらす神様)が迷うことなく家にいらっしゃるよう、目印になるように考えられているそうです。

門松に使われている松は「神様を待つ」という意味もある縁起の良い植物だそうです。

わくわくコマツ館の玄関に飾られている門松

こまつの杜 「わくわくコマツ館」

コマツの字の形に植えられた花

こまつの杜 「わくわくコマツ館」

門松にズームアップ

こまつの杜 「わくわくコマツ館」

門松は、華やかで目立つ花形の正月飾りです。

意外に知らない意味を知るとなんか見るのが面白くなりますよね。

 

まち角フローラル

今日はとっても風が強く飛ばされちゃう、冬の寒さを感じながらも温かさを感じさせてくれる花『カンツバキ』が綺麗に咲いていましたよ。

ほとんどの葉っぱが散り終わった中で、カンツバキだけがしっかりと花を咲かせています。

カンツバキの生垣
カンツバキの花にズームアップ

小松市役所前にて

本当に綺麗。

年末になり皆様忙しくなりますが、そんな時こそちょっとお花に目をやってみませんか?

きっと心が和みますよ。

 

「花楽校」に行ってきました。

平成29年12月17日(日曜日)ガーデニングワークショップ「お正月寄せ植え」

お手本となる作品
講師

木場潟フローラの会 代表 合場 加代子 先生です。

作業を行う参加者たち

木場潟公園西園地 展望休憩施設にて

たくさんの人たちが参加している様子

木場潟公園西園地 展望休憩施設にて

お正月を素敵に迎えようと寄せ植えの講習会で、

ステキな花飾りをみんなで作りましたよ。

真剣な表情で作業する参加者
笑顔で作業する参加者

参加いただいたみなさんには「お花が好き」と言っていただき、お花という一つの共通点があるだけで、気が付けば講習会が大盛り上がりとなり、そして最後にはいろいろな交流ができ、あっという間の楽しい時間となりました。

それぞれが作った作品の数々

お花のお正月飾りで福を呼びましょう。

 

平成29年12月21日(木曜日) 「やっとのことで遅れていたサザンカが咲いたよ」

今年は、雪が例年より早く積り、寒さが早く訪れたせいでしょうかね。寒い。

やっと咲いたね。

この季節、存在感を持つのはサザンカの花ですよね。

サザンカの木の下に残雪

(丸の内町地内にて)

サザンカの花にズームアップ

(丸の内町地内にて)

サザンカは、木枯らしの吹き出す晩秋から冬の寒い季節に白色、赤色のツバキに似た花を咲かせますよ。

 

 

赤い花を咲かせるサザンカの木
赤いサザンカの花にズームアップ
白い花を咲かせるサザンカの木
白いサザンカの花にズームアップ

末広緑地でもサザンカの赤色がウォーキングの方たちを温かくお出迎えしてます。

 

道路の脇に咲くサザンカ
赤いサザンカの花にズームアップ

平成29年12月20日(水曜日) お正月ムードの寄せ植え

12月に入ったかと思ったら、あっという間にお正月。

お正月といえば、門松、しめ縄、鏡餅の正月飾りが定番ですよね。

「フローラルこまつ花学校 園芸スクール」

 

~お正月飾り編~

今日も土づくりの大切さを教えてもらってスタートです。

本日の講師:グリーンフラワー 店主 唐木 正広 さん 

講師

稚松公民館にて

使用する培養土

稚松公民館にて

完成した寄せ植え

稚松公民館にて

花や観葉植物の鉢植えは長く楽しめ、寄せ植えは迎春を演出するのに最適ですね。

参加者が好みの苗を選んでいる様子
鉢に土を入れている様子

寄せ植えする花を楽しく選びましたよ。

真剣な表情で苗を植えていく参加者たち
講師のアドバイスを受ける参加者
制作を楽しんで行なっている様子

幸せは玄関からやって来ると言いますが、和の寄せ植えもぴったりですよ。

完成に近づいてきた作品
最後の仕上げを行う参加者
仕上げを行う参加者の皆さんと教室の全体

植物用のスプレーで ハボタンにはキラキララメで華やかに演出されていましたよ。

新春のご家庭に華のある飾りを加えてみませんか?

出来上がった寄せ植え

芦城センターにて

みなさんは先生に教えていただいたとおり、慣れた手つきでサクサク上手に寄せ植えていましたよ。

講師がお手本を見せている様子
一生懸命講師の作業を見る参加者

先生の楽しいトークと和気あいあいの講習が和風寄せ植えにぴったりくる天気となりました。

教わった通りに土に苗を植えていく参加者
作業の様子を別角度から

寒い中季節のひと時、おしゃべりも弾んで楽しい講習会でした 。

 

フローラルプチ情報

3分で作れるお正月飾りのプチ講習もありましたよ。

オリジナルの飾りが簡単につくれましたよ

『少しオシャレなしめ縄で新年を迎えませんか』

講師が、しめ縄の作り方をやって見せている様子

お問合せは、有限会社グリーンフラワー (京町45-2) 電話番号23-1625

 

フローラルこまつからのお礼

一年を振り返り。

今年はみなさんと楽しい講習会をいっぱいさせていただき、いい思い出がいっぱいとなりました!

ありがとうございます。

この記事に関するお問い合わせ先

緑花公園課

〒923-8650
石川県小松市小馬出町91番地
電話番号: 0761-24-8101 ファクス:0761-24-8189
お問い合わせはこちらから