更新日:2018年11月30日

参列する貴人

飾り帽子の男子と天冠の男子のイラスト画

 墓前での様々な儀式には、新首長のほか、亡き首長と関わりの深い王族や、配下の高官、遠方からの使者などが参列していたことでしょう。
 列点で飾られた鍔(つば)の無い冠帽(かんぼう)を被る男子は、両耳の後ろに束ねた髪を垂らす「下げ美豆良(みずら)」が表現され、首には丸玉を連ねています。
 もう一人の男子は、頭部が波状で西洋の王冠のような表現がされています。高句麗(こうくり)壁画などに見られる被(かぶ)り物に似ており、この人物は渡来人(とらいじん)かもしれません。当時、渡来人がふるさとの習俗を保った状態で、各地に居住していたことが知られています。

飾り帽子の男子

飾り帽子の男子の埴輪の写真
  • 指定番号:男子像1
  • 報告書記載番号:人3
     
  • 復元高:73.4センチメートル
     
  • 欠失部:帽子半分(高さ復元)、顔面貼付顎剥落、両腕、胴~衣裾半分、首飾り貼付玉12個中11個剥落、基台底部
     
  • 特記:両腕は欠失するが、右腕を上に挙げた動作をとる。
    頭に半紡錘形の帽子をかぶり、下げ美豆良を結う。
    首に丸玉を連ねた首飾りあり。

天冠(てんかん)の男子

天冠の男子の埴輪の写真

 

  • 指定番号:男子像2
  • 報告書記載番号:人6
     
  • 復元高:66.1センチメートル
     
  • 欠失部:半身部全体約半分、基台大半
     
  • 特記:漏斗状の頭部上縁をU字形に連続して刻み、頂部の尖った波状縁とする。
    左手を挙げるが、右手の動作は不明。
    脇下の孔なし。
この記事に関するお問い合わせ先
埋蔵文化財センター

〒923-0075
小松市原町ト77番地8
電話番号: 0761-47-5713 ファクス:0761-47-5715


お問い合わせはこちらから