更新日:2020年02月10日

2019年度年間スケジュール

埋蔵文化財について、より理解を深めていただくため、小松市埋蔵文化財センターでは展覧会やイベント(講演会・講座など)を開催しています。
(注意)内容や名称を一部変更する場合がございます。トップページ最新情報をご確認ください。

展覧会

  • 会場:小松市埋蔵文化財センター展示室
  • 開館時間:9時~17時(入館は16時30分まで)
  • 休館日:水曜日(祝日を除く)、祝日の翌日、12月29日~1月3日
  • 展示観覧料:100円(高校生以下無料、団体20名以上で1名80円)
    (注意)こまつミュージアム・パス、こまつ学生ビレッジパス使えます

春季企画展「校下別代表遺跡で語る!こまつ歴史年表2019」

終了しました

  • 開催期間:平成31年(2019年)2月23日(土曜日)~令和元年(2019年)6月23日(日曜日)
  • 展示内容:小学校の周りにある遺跡からこまつのむかしを探ろう!
    (歴史授業の始まった小学6年生のみなさんにおススメ!)
  • (おことわり)令和元年(2019年)5月1日(水曜日・祝日)は、休館です。

詳しくはこちらをクリックしてください

夏季特別展「海の道・陸の道~拠点集落から加賀国府~」

終了しました

大領遺跡の発掘調査で「古代北陸道」の可能性もある道路が発見され、道への関心が高まっています。八日市地方遺跡から加賀国府を中心に、時代とともに様々な役割を果たしてきた歴史の道をご紹介します。

  • 開催期間:令和元年(2019年)7月6日(土曜日)~9月16日(月曜日・祝日)
  • 展示内容:弥生時代の拠点集落から加賀国府まで、陸と海、二つの「道」から技術や物資の伝播を考えます。

詳しくはこちらをクリックしてください

秋季特別展「水の郷こまつー2500年の記憶-」

終了しました 

  • 開催期間:令和元年(2019年)10月5日(土曜日)~12月1日(日曜日)
  • 展示内容:加賀三湖(今江潟、木場潟、柴山潟)をめぐる広域交流について紹介します。

詳しくはこちらをクリックしてください

新春館蔵品展「重要文化財矢田野エジリ古墳出土埴輪と古代のやきもの」

 終了しました

  • 開催期間:令和2年(2020年)1月5日(土曜日)~2月9日(月曜日、祝日)
  • 内容:重要文化財「矢田野エジリ古墳出土埴輪」を中心とする展示です。

 

春季企画展「校下別代表遺跡で語る! こまつ歴史年表2020」

  • 開催期間:令和2年(2020年)2月22日(土曜日)~6月21日(日曜日)
  • 内容:小松市内を小学校の校下に分け、それぞれの代表的な遺跡を通して歴史をご紹介します。

詳しくはこちらをクリックしてください

展覧会については、詳細が決まり次第、情報を更新します。

講演会・シンポジウム

夏季特別講演会

終了しました

日本古代交通史の研究者として著名な講師が、古代国家の誕生から終焉までを、北陸道を含む七道駅路の歴史とともに講演します。

テーマ:「道が語る日本古代史」

開催日時:令和元年(2019)7月7日(日曜日)午後1時30分~3時30分

講師:近江俊秀氏(文化庁文化財第二課主任文化財調査官)

会場:小松市第一地区コミュニティセンター(小松市白江町)

対象:一般

定員:100名(当日先着順)

参加費:無料

詳しくはこちらをクリックしてください

こまつ潟湖と砂丘のシンポジウム「北前船寄港地2,500年の記憶」

終了しました

タイトル:こまつ潟湖と砂丘のシンポジウム「北前船寄港地2,500年の記憶」

開催日時:令和元年11月24日(日曜日)午前10時から午後3時30分

内容:こまつの潟湖に関する最新の研究成果の報告と、北前船寄港地としても発展した日本海沿岸の各地の事例報告などにより、「こまつの潟湖」と沿海洲の形成について検証するシンポジウム。

講師:山田昌久・首都大学東京名誉教授、小岩直人・弘前大学教授ほか

詳しくはこちらをクリックしてください。

体験講座

体験講座「矢づくりと狩人体験」

終了しました

  • 日時:平成31年(2019年)4月27日(土曜日)・28日(日曜日)いずれも午前9時30分~12時
  • 対象:小学3年生以上(小学生は保護者同伴に限ります)
  • 定員:各15名(事前申込みが必要です。先着)
  • 参加費:無料
  • 申込み:2019年4月6日(土曜日)午前9時から受付開始

詳しくはこちらをクリックしてください

体験講座「縄文土器&弥生土器をつくろう」

終了しました

2日間で、縄文土器と弥生土器を作ります。2日連続の参加でも、1日だけの参加でも構いません。

  • 日時:「縄文土器」令和元年(2019年)5月4日(土曜日・祝日)午前9時30分~12時
  • 日時:「弥生土器」令和元年(2019年)5月5日(日曜日・祝日)午前9時30分~12時
  • 対象:小学生以上(小学1~4年生は保護者同伴に限ります)
  • 定員:各15名(事前申込みが必要です。先着)
  • 参加費:無料
  • 申込み:平成31年(2019年)4月6日(土曜日)午前9時から受付開始

詳しくはこちらをクリックしてください

体験講座「藍の生葉染め体験」

終了しました

  • 日時:令和元年(2019年)7月13日(土曜日)・14日(日曜日)いずれも午前9時30分~12時
  • 内容:埋蔵文化財センターで育てているタデアイを使った染め物体験です。
  • 対象:小学生以上(小学4年生以下は保護者同伴に限ります)
  • 定員:各15名(事前の申込みが必要です。先着)
  • 参加費:無料
  • 申込み:令和元年(2019年)6月8日(土曜日)午前9時から受付開始

 詳細はこちらをクリックしてください

体験講座「 古代の瓦をつくってみよう」

終了しました

  • 日時:令和元年(2019年)8月3日(土曜日)・4日(日曜日)
  • 内容:古代に使われた瓦を見本にし、当時と同じやり方で瓦を作ります。また、レプリカを使って瓦を屋根に葺く体験もします。作った瓦は、乾燥させて焼成下後、取りに来てもらいます。
  • 対象:小学4年生以上(小学生は保護者同伴)
  • 定員:各15名(事前の申込みが必要です。先着)
  • 参加費:無料
  • 申込み:令和元年(2019年)7月6日(土曜日)午前9時から申し込み受付開始

詳しくはこちらをクリックしてください

体験講座「琥珀の勾玉づくり」

終了しました

・開催日:令和元年12月14日(土曜日)・15日(日曜日)

・時間:各日、午前10時~12時、午後2時~4時(1日2回、同じ講座を2回開催)

・内容:琥珀(こはく)を使って勾玉を作ります。

・対象:小学生以上(小学4年生以下は保護者同伴)

・定員:各10名(事前のお申込みが必要です。先着)

・参加費:無料

詳しくはこちらをクリックしてください。

 

体験講座「鋳造体験」

終了しました

開催日:令和2年1月18日(土曜日)・19日(日曜日)

・時間:各日、午前10時~11時、午後2時~3時(1日2回、同じ講座を2回開催)

・対象:小学生以上(小学3年生以下は保護者同伴)

・定員:各6名(事前のお申込みが必要です。先着)

・参加費:無料

詳しくはこちらをクリックしてください。

(注意)令和2年2月以降の体験講座の詳細については、現在調整中です。決まり次第、情報を更新します。

古代体験まつり

  • 会場:小松市埋蔵文化財センター
  • 参加費:無料
  • 対象:小学生以上(小学3年生以下は保護者同伴に限ります)
  • 申込み:必要
  • 内容:埋蔵文化財に対する興味・関心を高めてもらうことを目的とする、夏と春のそれぞれ1日限りの企画。古代ものづくり体験の特別メニューや古代食の試食などを盛り込んだイベントです。

古代体験夏まつり

終了しました

  • 日時:令和元年(2019年)7月21日(日曜日)
    午前の部=午前9時30分~12時
    午後の部=午後1時30分~4時
  • 定員:各100名(子ども、大人の合計人数。事前申込みが必要です。先着)
  • 参加費:無料
  • 申込み:令和元年(2019年)6月29日(土曜日)午前9時から電話受付開始 

詳しくはこちらをクリックしてください

古代体験春まつり

  • 日時:令和2年(2020年)3月8日(日曜日)
  •  午前の部=9時30分~12時
  •  午後の部=午後1時30分~4時
  • 定員:各100名(子ども、大人の合計人数。事前の申込みが必要です。先着)
  • 参加費:無料
  • 申込み:令和2年(2020年)2月8日(土曜日)午前9時から電話受付け開始。

詳しくはこちらをクリックしてください 

この記事に関するお問い合わせ先
埋蔵文化財センター

〒923-0075
小松市原町ト77番地8
電話番号: 0761-47-5713 ファクス:0761-47-5715


お問い合わせはこちらから