更新日:2021年10月08日

日本遺産サミット記念特別展「碧玉がもたらした木工の匠」

特別展碧玉がもたらした木工の匠バナー

日本海交易でもたらされた、最先端技術と利器のもと華開いた弥生時代の木工の匠を、重要文化財八日市地方遺跡出土品を中心に紹介します。

会期:令和3年(2021)10月2日(土曜日)~12月12日(日曜日)

開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日:毎週水曜日(祝日除く)、祝日の翌日(祝日除く)

展示観覧料:一般100円、高校生以下無料。「こまつミュージアム・パス」(年間券、一週間券、シニア券)使えます。障害者手帳(障がい者アプリ)をお持ちの方及びその介護者は無料。


「碧玉がもたらした木工の匠」展示写真1
「碧玉がもたらした木工の匠」展示写真2
「碧玉がもたらした木工の匠」展示写真3
「碧玉がもたらした木工の匠」展示写真4
「碧玉がもたらした木工の匠」展示写真5
「碧玉がもたらした木工の匠」展示写真6

日本遺産サミット関連イベント


こちらも併せて、ご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先
埋蔵文化財センター

〒923-0075
小松市原町ト77番地8
電話番号: 0761-47-5713 ファクス:0761-47-5715


お問い合わせはこちらから