更新日:2018年11月30日

市章・市の木・市の花・市歌

市章

小松市市章

 小松の「小」と、「松」の常緑の枝葉を図案化し、さらに、3つのまとまりは、工業、商業、農水林業が伸展し、限りなく市勢が発展することと調和、円満、固いきずなを表したものです。

市の木「松」

市の木「松」

 小松の名の起こりの一つに、寛和2年(986年)に花山法皇が梯川のほとりに、花園をつくり、松を植えられたという伝承があります。その由来から、市制40年(1980年)を記念して、市の木に「松」が選ばれ、制定されました。
 常緑樹の松のように、いつまでも強く、気高く栄えるようにという、市民の願いも込められています。

市の花「梅」

市の花「梅」

 小松城に隠居し、小松の近世の基礎を築いた前田利常公の家紋「剣梅鉢」から採っています。
 梅は寒さにめげず、百花に先駆けて香りを漂わせて咲き、花も実もある姿は、小松の市民性をよく表しています。
 市制40年を記念して行われた市民投票で、最も多く市民の支持を集め、制定されました。

小松市歌

 市制施行の昭和15年(1940年)の翌年3月に、産業都市の建設、観光の町、躍進の小松を歌った「小松市歌」が作られました。

作詞:蕪木正芳 作曲:今井松雄

下記のファイルより小松市歌をお聴きいただけます。

小松市の紹介