更新日:2022年05月20日

幼児教育・保育の無償化について

令和元年10月から3歳~5歳のすべての子どもと市民税非課税世帯の0歳~2歳の子どもの幼稚園、保育所、認定こども園の保育料が無償になりました。

保育料(利用料)の無償化について

保育料(利用料)の無償化(注1)

 

3歳から5歳

0歳から2歳(市民税非課税世帯)

認定こども園(注2)

無償

無償

保育所(注2)

無償

無償

幼稚園(注3)

月額上限25,700円まで無償

(注1)通園送迎費、教材費、行事費、副食費などは実費としてご負担していただきます。3歳から5歳までの副食費については、年収360万円未満相当の世帯及び第3子以降は無償になります。

(注2)保育所、認定こども園は3歳児クラス(3歳になった最初の4月以降)から保育料が無償になります。1号認定児童は満3歳から無償になります。

(注3)子ども子育て新制度に移行した幼稚園の保育料です。移行していない幼稚園については、満3歳から無償になります。

副食費について

次の要件に当てはまる1号及び2号認定の子どもは、副食費が免除になります。(下表の水色部分)

  1. 360万円未満相当世帯の全ての3歳から5歳の子ども
  2. 18歳以下の児童が3人以上いる世帯の第3子以降の子ども
  • 1号認定(幼稚園機能)の副食費免除の図

  • 2号認定(保育所機能)の副食費免除の図

 

 

〇幼児教育・保育の無償化に関する情報

※随時情報を更新します。