更新日:2020年06月24日

ひとり親世帯臨時特別給付金

新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てと仕事を一人で担うひとり親世帯を支援するため、臨時特別給付金を支給します。

この給付金は、全国一律の制度です。

支給には「基本給付」「追加給付」があります。

 

新着情報

・9月1日(火曜日)(必着)までに提出された支給対象者1(1)の追加給付は9月10日(木曜日)に振込まれます。

・8月18日(火曜日)(必着)までに提出された支給対象者1(2)(3)の給付金は8月27日(木曜日)に振込みました。

・8月18日(火曜日)(必着)までに提出された支給対象者1(1)の追加給付は8月27日(木曜日)に振込みました。

・8月11日(火曜日)(必着)までに提出された支給対象者1(1)の追加給付は8月20日(木曜日)に振込みました。

・8月4日(火曜日)(必着)までに提出された支給対象者1(1)の追加給付は8月13日(木曜日)に振込みました。

・7月27日(月曜日)に支給対象者1(1)令和2年6月分の児童扶養手当が支給された方へ

追加給付のお知らせを発送しました。

・7月7日(火曜日)に支給対象者1(1)の基本給付を振込みました。

・6月24日(水曜日)に支給対象者1(1)令和2年6月分の児童扶養手当が支給される方へ

「ひとり親世帯臨時特別給付金」支給のお知らせを発送しました。

支給対象者

1.基本給付

以下(1)~(3)のいずれかに該当する方(児童扶養手当法に定める「養育者」の方も対象となります)

(1)令和2年6月分の児童扶養手当が支給される方

(2)公的年金等(遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など)を受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止される方

(3)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方

2.追加給付

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少している方への給付

上記(1)(2)のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少した方

追加給付は「新型コロナウイルス感染症の影響により、収入が減少した方」が対象です。そのため、生活保護を受給している方は対象外となります。

 

支給額

1.基本給付

1世帯 5万円

第2子以降ひとりにつき 3万円加算

2.追加給付

1世帯 5万円

 

受給手続

<支給対象者1(1)に該当する方(6月分の児童扶養手当を受ける方)>

○基本給付は申請不要です。

・児童扶養手当の登録口座へ振込みます。

・振込日は、7月7日(火曜日)を予定しています。 ※振込完了しました。

・支給決定の通知は、申請口座への振込みをもって代えさせていただきます。

※ご注意ください

・給付金を希望しない場合には、6月30日(火曜日)までに、こども家庭課へご連絡ください。

届出書 ⇒ (様式第1号)給付金受給拒否の届出書(PDFファイル:271.3KB)

・児童扶養手当の支給に当たって指定していた口座を解約するなど、給付金の支給に支障が出る恐れがある場合には、振込指定口座を変更するなどの手続きをお願いします。

・令和2年6月分の児童扶養手当が支給できない事由が発生した場合は、本給付金は対象外となり、支給後に判明した場合は、全額を返金していただきます。

 

加給付は申請が必要です。

令和2年7月27日(月曜日)に申請書類を発送しました。

(申請は窓口混雑を避けるため、原則郵送でお願いします。)

・支給決定の通知は、申請口座への振込みをもって代えさせていただきます。

・振込みについては、申請書の受付からおおむね2週間程度を予定しています。

(振込日詳細については、新着情報でご確認ください。)

 

<支給対象者1(2)公的年金等を受給していることにより、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止される方 (所得超過による支給停止を除く)>

基本給付、追加給付ともに申請が必要です。

・「ひとり親家庭等医療助成事業」の受給者の方には、現況届のお知らせと同封して7月末に通知発送予定です。(現況届の際に受付します。申請書記入に時間を要しますので、時間に余裕を持ってお越しください。)

対象となる方

1.「児童扶養手当」を申請したが、公的年金等を受給していることにより、児童扶養手当が全額停止になっていて、平成30年中の所得が児童扶養手当の所得制限内の方

2.「ひとり親家庭等医療助成事業」の受給者で、公的年金等を受給していることにより、「児童扶養手当」が全額支給停止になることが見込まれ、児童扶養手当の申請や、現況届の手続きをしていない方

3.公的年金等を受給しており、令和2年5月31日時点で「児童扶養手当」、ひとり親家庭等医療費助成事業」の両者ともに申請していない高校生までの児童(児童が一定の障害がある場合は6月時点で20歳未満まで)を養育するひとり親世帯の保護者であって、平成30年中の所得が児童扶養手当の所得制限内の方

※こども家庭課(24-8057)までご連絡ください。手続きをご案内します。

 

<支給対象者1(3) 新型コロナウィルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方>

○申請が必要です。

・受給資格者で児童扶養手当支給停止中の方には、現況届のお知らせと同封して7月末に通知発送予定です。(現況届の際に受付します。申請書記入に時間を要しますので、時間に余裕を持ってお越しください。)

対象となる方

1.児童扶養手当を申請したが、本人または同居の家族の所得が高く、児童扶養手当が全額支給停止になっている方

2.申請時点で児童扶養手当の支給要件に該当するひとり親世帯であるが、本人または同居の家族(扶養義務者)の所得が高いなどの理由で「児童扶養手当」、「ひとり親家庭等医療費助成事業」の申請をしていない方

※こども家庭課(24-8057)までご連絡ください。手続きをご案内します。

申請書類

申請書に必要な書類等
支給対象区分 基本給付 追加給付
(1)の方 申請不要 申請書(追加給付)(PDFファイル:106.5KB)
(2)の方

申請書(公的年金等受給者用)(PDFファイル:192.9KB)

収入見込額の申立書(申請者本人用)(PDFファイル:267.9KB)(扶養義務者用)(PDFファイル:261.6KB)

・年金証書、年金振込通知書等の年金給付額がわかる書類、給与収入がわかる書類、事業収入等がわかる書類

申請書(追加給付)(PDFファイル:106.5KB)
(3)の方

申請書(家計急変者用)(PDFファイル:193.8KB)

収入見込額の申立書(申請者本人用)(PDFファイル:285.7KB)(扶養義務者用)(PDFファイル:181.7KB)

・給与収入額がわかる書類、事業収入等がわかる書類、帳簿等

対象外
(2)(3)の方共通して必要なもの

・本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード等)

・受取口座を確認できる書類の写し(通帳、キャッシュカード)

・印鑑

・戸籍謄本(児童扶養手当受給資格者は不要)

 

 

その他

【振り込み詐欺等にご注意ください!】

★臨時特別給付金に関する「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください。

★小松市から問い合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。

★不審な電話がかかってきた場合、すぐに小松市の窓口又は最寄りの警察にご連絡ください。

この記事に関するお問い合わせ先
こども家庭課

〒923-8650
石川県小松市小馬出町91番地
施設入所運営 電話番号: 0761-24-8054 ファクス:0761-24-4312
子育て支援 電話番号: 0761-24-8175 ファクス:0761-24-4312
ひとり親家庭相談 電話番号: 0761-24-8057 ファクス:0761-24-4312
家庭支援 電話番号: 0761-24-8073 ファクス:0761-24-4312
お問い合わせはこちらから