更新日:2019年01月30日

小松市木曽町住宅余剰地活用の関心表明者募集プロポーザルについて

募集の趣旨

現在、小松市では老朽化した市営住宅の建替えを行なっており、建替えによって発生する余剰地を、若者世帯・子育て世帯が定住する新たな土地利用を推進したいと考えています。
近隣には、こども園、小学校、中学校が隣接しており、若者世帯・子育て世帯の移住によって地域のコミュニティーを活性化させ、いきいきと生活できる新たな拠点づくりの提案を求めるものです。
このため、公募型プロポーザル方式により、民間活力による余剰地活用への関心表明と提案を求めることとします。

小松市営木曽町住宅余剰地活用の関心表明者募集プロポーザル実施要項(PDF:164.8KB)

 

プロポーザル概要

(1)名称
小松市営木曽町住宅余剰地活用の関心表明者募集プロポーザル

(2)優先交渉権者の決定
本プロポーザルにて、最も優れた提案等を行なった事業者を余剰地活用の優先交渉権者とし、今後、余剰地活用の事業計画等について協議を行ない、合意後、契約していくこととします。


(3)提案の内容
小松市が所有する市営木曽町住宅余剰地の活用について、実現性のある具体的な提を求めます。
提案にあたっては、以下の点に留意し、適切な事業内容の提案を求めます。

ア 余剰地全体の活用方法について提案すること
・余剰地外の敷地を含めての活用についての提案も可
・事業者による、商業施設、福祉施設、地域優良賃貸住宅、分譲宅地等の整備、誘致等の提案も可
・既存住宅等の解体等も本提案に含むことも可
イ 余剰地は売却を基本に考えていますが、提案によっては協議します。
ウ 事業者は、提案した事業内容に基づき自己資金等で事業を実施することを前提とします。
エ 事業者は、提案した事業について、売買契約締結後すみやかに事業に着手し、提案内容に即した余剰地活用を行うこと。
オ 上記以外の活用方法等があれば提案することも可能とします。

プロポーザルのスケジュール

スケジュールの詳細については、募集要項をご覧ください。以下は大まかな流れとなっております。

【募集要項の公表・配布】

平成30年12月6日(木曜日)~平成30年12月21日(金曜日)

【応募申込書の受付期間】

平成30年12月17日(月曜日)~平成30年12月21日(金曜日)

【選考審査委員会(選考審査)プレゼンテーション及びヒアリング】

平成31年1月下旬頃(予定)

【優先交渉権者の決定】

平成31年1月下旬頃(予定)

小松市営木曽町住宅余剰地活用の関心表明者募集プロポーザル選定結果

(平成31年1月30日公表)

公募型プロポーザル方式により公募した「小松市営木曽町住宅余剰地活用の関心表明者募集プロポーザル」についての選定結果は次ぎのとおりです。

小松市営木曽町住宅余剰地活用の関心表明者募集プロポーザル選定結果(PDF:83.4KB)

質問回答書

要項・様式等

市営木曽町住宅余剰地の所在について

所在地 小松市安宅町甲10番地他

土地面積 12,315平方メートル

この記事に関するお問い合わせ先
建築住宅課(営繕)

〒923-8650
石川県小松市小馬出町91番地
電話番号: 0761-24-8094 ファクス:0761-23-6403
お問い合わせはこちらから