更新日:2018年12月10日

こまつはこんなまち

来て見て感じよう こまつの魅力 こまつはこんなまち

世界とつながる「国際都市こまつ」

飛行場

小松には国内のみならず、国際空港としても有名な小松空港があります。また、JR小松駅周辺は北陸新幹線敦賀延伸を見据えながら、南加賀のターミナルとしての整備が着々と進められています。

世界とグローバルに交流する小松。進化を続ける充実の交通ネットワークは最大の魅力です。

歴史と伝統を受け継ぐ「歌舞伎のまち」

全国子供歌舞伎フェスティバル

江戸時代から250年もの間、受け継がれてきた「曳山子供歌舞伎」。絢爛豪華な曳山は、まさに小松の町人の心意気と職人の技が結集した伝統の極みです。

また、小松は歌舞伎「歌舞伎十八番の内勧進帳」の舞台となった安宅の関跡があることから、小中学生により勧進帳が盛んに上演されます。弁慶の知恵、富樫の情、義経の勇気を表した「智・仁・勇」の理念は子供達の教育理念にも生かされています。

見て触れて楽しめる「乗りもののまち」

のりもののまち

身近な乗りものから、他では見られない乗りものまで、様々な乗りものを間近に体験できるのが小松のすごいところ。

JR小松駅東側にある「こまつの杜」には、全長約16メートルの世界最大級ダンプトラック「930E」が国内で唯一展示されており、その大きさに圧倒されます。

また日本海側唯一の航空博物館「石川県立航空プラザ」や展示台数では日本一の規模を誇る「日本自動車博物館」など、小松にしかない乗り物関連施設が豊富にあります。

株式会社コマツ粟津工場やジェイ・バス株式会社本社工場で製造過程を見学する産業観光もおすすめです。

人も自然も豊かな「環境王国こまつ」

環境王国こまつ

豊かな自然と美しい景観に恵まれ、「安心・安全・本物」の農産物と人と自然が共存している住環境を全国的に発信している小松。

株式会社コマツ、JA小松市及び小松市の3者が連携協定を結び、力を一つに「日本の農業を元気にする先進的な6次産業モデル」を目指しています。

また、大学・地域団体と連携しながら、水郷や里山において自然体験やグルメ、有機農業などのプログラムを実施しており、気軽に自然を楽しめるのも魅力です。

ものづくりの精神が息づく「科学と交流のまち」

サイエンスヒルズこまつ

コマツ発祥の地であり、古くからものづくりのまちとして発展してきた小松。

サイエンスヒルズこまつ ひととものづくり科学館は「ものづくり精神の継承と科学技術意識の啓発」を目的とした理科・科学大好き青少年を育成する施設です。科学を通じてものづくりが好きになるような体験・イベントを開催しており、全国からたくさんの方が訪れています。

小松ゆかりの企業や高校、大学、国、JAXAなどと連携した、高い技術力と専門性を生かした活動が自慢です。

みんなの笑顔あふれる「子育てにやさしいまち」

園庭を走るこどもたち

子供は社会の希望であり、未来の力です。子供を安心して生み、育てることができる社会に向けて、こども医療費の助成(0歳~18歳)、待機児童ゼロの徹底、「空とこども絵本館」(絵本専門の図書館)の運営、不妊不育治療支援の充実などに取り組んでいます。

その結果、「日本のいい街2012」(出典:週刊東洋経済)で全国16位/556市区(*人口5万人以上の市区)に選ばれました。これからも家族みんなの笑顔と笑い声があふれるまちを目指して、子供達の成長を応援していきます。

いきいきシニアが暮らす「いつまでも元気なまち」

シニアたち

サポートが必要な高齢者向けに、買い物や料理などのお手伝い(30分~1時間)をワンコインで提供するほか、ストレッチや体操をしながら集まって交流できる「いきいきサロン」を各地で実施し、交流と憩いを兼ねながら介護予防や健康維持に取り組んでいます。

こうした取り組みが評価され、全国市区「高齢化対応度(医療・介護分野)」調査(出典:平成25年11月4日号日経グローカル)で全国1位/812市区に選ばれました。小松は高齢者の社会参加や生きがいづくりを応援しています。

絆でつながる「人情が厚いまち」

わがまち防犯隊

都会ではすっかり失われたものの、小松にしっかりと残っているのが住民同士の絆です。普段はあまり意識しなくても、いざとなった時には団結して助け合えるのが小松の地域風土。

町内会を基盤とした住民関係は、困った時の相互扶助や伝統文化活動、子供の見守りを含めた防犯・防災活動などを支える原動力となっています。

町内毎にお祭りや運動会、盆踊りといったイベントが開催されるので、季節毎の集いを通して自然と地域の人々と触れ合えるのも特徴です。

医療と防災体制が万全「安全・安心なまち」

安全・安心な暮らしには医療の充実が欠かせません。

小松には、日常でお世話になるかかりつけ医はもちろん、いざと言う時に頼れる小松市民病院や南加賀救急医療センターといった迅速かつ高度・専門的な医療体制が整備されています。

また、身を守るための防災対策も重要です。小松の場合、地域の防災活動を担う自主防災組織の結成率は100%を誇ります。町内会を基本とした共助の取り組みによって、みんなで支え合い、助け合うまちが構成されています。

この記事に関するお問い合わせ先

【小松市役所】
〒923-8650 石川県小松市小馬出町91番地
電話番号:0761-22-4111(代)


お問い合わせはこちらから