更新日:2021年11月11日

日本遺産サミットin小松

趣旨

日本遺産サミットin小松ロゴマーク

地域の歴史的魅力や特色を通じて、日本の文化・伝統を語るストーリーを文化庁が認定する「日本遺産」。小松市では「石の文化」と「北前船」の2つが日本遺産の認定を受けています。

今回、小松市を会場に開催される日本遺産サミットでは、「日本遺産で輝く!地域と人とものづくり」をテーマに、小松の誇る日本遺産や、各地の情報発信などを行うことにより、日本遺産の魅力を広く発信します。

今秋、全国各地の日本遺産が小松市に集結します。

日本遺産サミット㏌小松 当日リーフレット(PDFファイル:775.1KB)

日本遺産サミット㏌小松 当日リーフレット 1ページ
日本遺産サミット㏌小松 当日リーフレット 2ページ

日時

令和3年11月13日(土曜日)、14日(日曜日) 10:00~16:00

会場

メイン会場

石川県こまつ芸術劇場うらら(小松市土居原町710番地 電話番号 0761-20-5500)

サイエンスヒルズこまつ(小松市こまつの杜2番地 電話番号 0761-22-8610)

こまつの杜(小松市こまつの杜1 電話番号 0761-24-2154) 他

※車でお越しの方はこまつの杜の臨時駐車場(無料、9時~17時)、もしくは会場周辺の市営駐車場(有料)などをご利用ください。

サテライト会場

滝ヶ原地区、那谷寺、西尾地区、鵜遊立地区、九谷の里地区、安宅地区

※当日はメイン会場とサテライト会場を結ぶ無料シャトルバスを運行いたします。(10時~16時)

シャトルバス時刻表(PDFファイル:2.1MB)

内容

オープニング&シンポジウム 【13日 10:30~12:30】 会場:こまつ芸術劇場うらら

「日本遺産」「ものづくり」「地域と人」をテーマに、基調講演とトークセッションを開催

 

◎基調講演「地域を活性化させる文化観光~日本遺産で地域を元気に~」 青柳 正規 氏(元文化庁長官、石川県立美術館館長)

◎トークセッション「地域と人と時代を繋げる日本遺産」 コーディネーター 丁野 朗 氏 ほか4名

日本遺産公開講座 【13日 11:30~16:00】 会場:こまつ芸術劇場うらら

地域の日本遺産ストーリーを知る10分のミニ講座

日本遺産&小松お祭りステージ 【14日 12:30~15:00】 会場:こまつ芸術劇場うらら

県内の日本遺産に関するお祭りや、郷土の民謡、伝統芸能を披露。ステージには能登で日本遺産に認定されているキリコが登場!

【出演団体(出演順)】

お旅まつり八日市町曳山子供歌舞伎若連中 鵜川 瞬也(小松市)、宇出津キリコ太鼓(能登町)、山中温泉芸妓連・山中座座員(加賀市)、安宅まつり(小松市)、美川御酒保存会(白山市)、藤塚神社・おかえり祭りを守る会・美川校下青年団(白山市)、小松郷土民謡会(小松市)、輪島高州太鼓(輪島市)

輪島大祭(キリコ)

輪島大祭(神輿)

山中節

安宅まつり(曳船)

安宅まつり(輪踊り)

美川おかえり祭り

日本遺産分科会2021 【14日 11:00~16:00】 会場:こまつ芸術劇場うらら

「食文化」「石文化」「織物文化」をテーマにミニシンポジウムを開催

11:05~12:20 第1分科会「食文化」 地域独特の食文化をもたらす道と交流

12:30~13:50 第2分科会「石の文化」 地域に根付く石文化や石工

14:00~15:15 第3分科会「織物文化」 技・美・文化を再確認

15:25~16:00 総括討論

海外LIVE配信 【14日 14:00~15:30】 会場:サイエンスヒルズこまつ

※画像はイメージです

オンラインでシュムリアップとつなぎ、アンコールワット世界遺産の石文化と小松の石文化を比較しながら紹介します。

日本遺産映像上映 【13日 11:00~16:00 14日 10:00~12:00】 会場:サイエンスヒルズこまつ

各地の日本遺産紹介映像の放映や、オール小松ロケで撮影された日本遺産と芸能を融合した映像作品(歌舞伎役者 尾上右近 氏出演)を初公開!

NEW‼ 当日公開された映像はこちらからご覧いただけます。

NOBODY KNOWS | 小松・特別映像「うつりゆく季(とき)~花鳥風月~」

 

各地の日本遺産展示体験ブース 【13・14日 10:00~16:00】 こまつ芸術劇場うらら、サイエンスヒルズこまつ、こまつの杜

魅力ある各地の日本遺産の紹介ブースが勢揃い。体験コーナーや関連商品の販売を行います。

グルメブース 【13・14日 11:00~15:00】 駅前市民公園、小松駅東側

観音下石の窯で焼き上げるピザをはじめ、小松うどんなど地元のイチオシグルメが勢ぞろい!

【出店者】 あんずの木M’Line Market小松うどん 味の中石 めん塾、こまつマルシェ~里山里海からのおくりもの~、SALUD-VEGE、松寿園ドレミ、尚軒、長池彩華堂、お菓子処マルニシ、たこやき・ベビーカステラ宮勝屋米八おいもとレモネードBISTRO&BAR ANCHOR、日本遺産情報センター

小松うどん(肉うどん)

こまつ塩焼きそば

サテライト会場

日本遺産の構成地域を見学いただけます。当日はメイン会場とサテライト会場を結ぶ臨時の無料シャトルバスを運行します。

滝ヶ原地区

滝ヶ原に現存する貴重な石橋(東口橋)

ハッチョウトンボなど希少性動物が生息し、豊かな自然が残る滝ヶ原町。この地区では江戸時代より石切り場が開かれ、現在も良質の凝灰岩が採掘されています。横穴で掘り進められる採掘現場や明治時代後期から作られ現在も5基現存している滝ヶ原石による貴重なアーチ型石橋をご見学いただけます。

那谷寺

那谷寺(奇岩遊仙境)

国指定の文化財を数多く有し、県内有数の紅葉の名所としても知られています。境内の大きな一枚岩は「奇岩遊仙境」と言われ、長い年月をかけて形成されたもので石と自然が持つパワーを体感できます。江戸時代には松尾芭蕉も当寺を訪れ、「おくのほそ道」に「石山の石より白し秋の風」の句を記しています。サミット期間中はボランティアガイドが皆さまをご案内します。

西尾地区

観音下石切場

【観音下会場】

「日華石」の産地。石切り場には、世界で活躍するアーティスト、ジュリー・ブルーク氏の作品「上昇」が展示されています。サミットの2日間に限りガイドの解説付きで石切り場を見学できます。また、見学者には「まち巡りマップ」を配布いたします。

【尾小屋会場】

かつて鉱山を支えた「カラミのまち」では、鉱山町ならではの景色を体感することができます。11:00着と13:00着のシャトルバスに合わせて、資料館の展示解説とまち巡りツアーを行います。(所要時間1時間)

九谷の里地区

九谷セラミック・ラボラトリー

九谷焼の原料「花坂陶石」が近隣の花坂町で産出され、江戸時代より九谷焼の生産が盛んな地域です。周辺には、素地製造を行う窯元が多数あります。隈研吾氏設計の九谷セラミック・ラボラトリーでは、九谷焼の購入や体験ができます。期間中、石をテーマにした特別展を開催しています。この機会にぜひご覧ください。

鵜遊立地域(鵜川町、遊泉寺町、立明寺町)

遊泉寺銅山ものがたりパーク巨大煙突

【ハニベ巌窟院】

正面に高さ15メートルの仏頭と、かつて石切り場であった洞窟内には多くの彫刻や石像が設置され、地獄めぐりなど神秘的な空間を体験できます。

【遊泉寺銅山ものがたりパーク】

炉跡、巨大煙突、竪坑跡などの小松のものづくりの原点となった銅山の貴重な遺構が残されており、休憩施設「里山みらい館」では銅山の歴史を知ることができます。

安宅地区

安宅住吉神社

歌舞伎「勧進帳」の舞台・安宅の関で知られ、江戸中期から明治にかけて北前船の寄港地として繁栄しました。「難関突破」の霊神で名高い「安宅住吉神社」や、今も残る歴史的な街並みをご覧いただけます。安宅住吉神社のある左岸、常夜燈が印象的な右岸を町のガイドとともに歩く町めぐりを開催します。当日は安宅の新名物として開発された「安宅浪漫」の商品などの販売も行います。

同時開催

「日本遺産サミットin小松」開催記念展

下記の施設にて、小松の日本遺産にまつわる展示を実施します。

博物館 「日本遺産 珠玉と歩む物語こまつ」

本陣記念美術館 「未来への遺産~九谷焼が京焼に接すると~」

錦窯展示館 「再興九谷の源流 若杉窯(仮)」後期

埋蔵文化財センター 「碧玉がもたらした木工の匠」

河田山古墳群史跡資料館 「南加賀の切石積横穴式石室」

GEMBA モノヅクリエキスポ

小松の『ちょっと気になるあの工場』をのぞけるオープンファクトリーイベントです。

【日程】11月12日(金曜日)~11月15日(月曜日)

【主催】こまつものづくり未来塾実行委員会

【協力】小松商工会議所、小松市

GEMBAモノヅクリエキスポチラシ(PDFファイル:2.9MB)

GEMBAモノヅクリエキスポ https://gemba-project.jp/

小松縫製

小松縫製

北村木箱

北村木箱

問い合わせ

日本遺産サミットin小松開催実行委員会(事務局:小松市文化振興課)

電話番号:0761-24-8130 ファクス:0761-23-6404

E-mail:jh-summit@city.komatsu.lg.jp

 

主催

文化庁、日本遺産連盟、小松市、日本遺産サミットin小松開催実行委員会

この記事に関するお問い合わせ先

文化振興課


〒923-8650
石川県小松市小馬出町91番地
電話番号: 0761-24-8130 ファクス:0761-23-6404
お問い合わせはこちらから