更新日:2019年02月14日

〈特別ゲスト〉歌舞伎俳優 中村虎之介

虎之介さん小サイズ

※無断転載禁止  @松竹株式会社

今年は歌舞伎俳優 中村虎之介さんが出演。舞踊 長唄「供奴」を演じます。

 

プロフィール

1998年生まれ。三代目中村扇雀の長男、成駒家。祖父は四代目坂田藤十郎。2001年に歌舞伎座『良弁杉由来』の米丸で林虎之介として初お目見得。2006年には歌舞伎座『伽羅先代萩』の千松で中村虎之介を名乗り、現在まで多数の歌舞伎に出演する21歳の花形歌舞伎俳優。

舞踊 長唄「供奴」(ともやっこ)

郭通いの主人の供に遅れた奴が、提灯を片手に主人を捜しながら、主人のまねをして丹前六方をしたり、足拍子を踏んで踊ります。

作詞は2世瀬川如皐、作曲は杵屋三郎助、振付は市山七十郎・藤間大輔。初演は1828年江戸の中村座で、中村芝翫。本命題は『拙筆力七以呂浪(にじりがきななついろは)』で、別名は「芝翫奴」。「奴物」の代表作です。