更新日:2019年04月23日

後期高齢者医療制度からのお知らせ

後期高齢者医療基準収入適用申請について

 同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の後期高齢者医療被保険者がいる場合、医療機関で受診されるときの自己負担割合は3割負担となります。
 ただし、次の要件のいずれかに該当する人は「基準収入額適用申請書」を提出すると自己負担が1割となります。

  1. 同一世帯に被保険者が1人で収入額が383万円未満
  2. 同一世帯に被保険者が2人以上で収入額の合計が520万円未満
  3. 同一世帯に被保険者が1人で、収入額が383万円以上であっても、同一世帯に70歳から74歳の人がいる場合には、その人の収入を合わせて520万円未満
  4. 生年月日が昭和20年1月2日以降の被保険者の場合、本人および同一世帯の被保険者の総所得金額(33万円を基礎控除後)の合計額が210万円以下

後期高齢者医療簡易申告書について

 後期高齢者医療保険料や医療費の負担区分を正しく算定するために、所得の申告がない被保険者や同一世帯の人に「簡易申告書」を送付しています。
 ご案内が届いた人は提出をお願いします。    

この記事に関するお問い合わせ先
医療保険サポートセンター(後期高齢者医療)

〒923-8650
石川県小松市小馬出町91番地
電話番号: 0761-24-8165 ファクス:0761-23-6401
お問い合わせはこちらから