更新日:2018年11月30日

食中毒予防について

(このイベントは終了しています)

蛇口から出る水で手洗いをしているイラスト

暑くじめじめした夏は、食中毒が発生しやすい季節です。以下のポイントを押さえて、食中毒にならないよう気を付けましょう。

予防のポイント

  1. 外出後やトイレの後、食事の前などには手洗いをきちんとしましょう。
  2. 肉類は十分加熱して食べましょう。
  3. 食材は新鮮なものを選びましょう。
  4. 冷蔵庫は10度以下、冷凍庫はマイナス15度以下に保ち、食材の詰め過ぎに注意しましょう。
  5. 台所は清潔にしましょう。生ものを扱ったまな板は特に清潔にしましょう。
  6. 日頃から規則正しい生活を心がけ、体の免疫力を高めておきましょう。 

手洗いの仕方

手洗いの仕方を順番に示した写真

上記のように、石けんを使って20秒以上、時計や指輪をはずして洗います。洗ったあとは清潔なタオルや使い捨てのペーパータオルで十分に水分をふきとってください。

この記事に関するお問い合わせ先
いきいき健康課

〒923-8650
石川県小松市小馬出町91番地
生活習慣病対策担当 電話番号: 0761-24-8056 ファクス:0761-23-6401
地域・健康づくり担当 電話番号: 0761-24-8161 ファクス:0761-23-6401
すこやかセンター 電話番号: 0761-21-8118 ファクス:0761-21-8066
お問い合わせはこちらから