更新日:2021年03月20日

新型コロナワクチンの効果・副反応・相談先について

効果について

新型コロナワクチンは、主に発症や重症化の予防が期待されています。

現在、薬事承認されているファイザー社製のワクチンでは、95%の発症予防効果が認められています。

ワクチンは、感染症に対する免疫を獲得することで感染の流行を抑え、個人の発症や重症化を予防することが期待されています。そして、より多くの方が新型コロナウイルスの免疫を獲得しない限り、この感染症は収束しません。

副反応について

一般的にワクチン接種後には、ワクチンが免疫をつけるための反応を起こすため、接種部位の痛み・発熱・頭痛などの副反応が生じる可能性があります。

また、極めてまれにアナフィラキシー(急性のアレルギー反応)の発生が報告されています。もし接種会場でアナフィラキシーを起こした場合は、迅速に対応できるように準備を整えています。


※アナフィラキシー・・・急性のアレルギー反応で、皮膚症状、消化器症状が急に起こり、血圧低下や意識レベルの低下を伴う場合があります。

 

主な症状の発生割合(2回目接種の場合)

主な症状の発生割合

上記の症状の大部分は、数日以内に回復しています。
 

接種後の注意点

副反応の相談先

ワクチンを受けた医療機関やかかりつけ医などの身近な医療機関に電話相談してください。

集団接種を受けた方や、かかりつけ医がいな方は、下記へご相談ください。
 

石川県発熱患者等受診・コロナワクチン副反応相談センター

電話番号:0120-540-004(フリーダイヤル)

(受付時間:9時~21時(土日祝日含む))

※発熱患者等の受診相談については24時間対応
※おかけ間違えのないようご注意ください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

ワクチン接種専門チーム

〒923-8650
石川県小松市小馬出町91番地
電話番号:0761-24-8131