更新日:2021年06月02日

新型コロナワクチンに関するよくある質問

6月2日時点の情報に基づく内容です。今後の状況により変更する場合があります。

質問項目

ワクチンについて

ワクチンに関するよくある質問と回答
質問 回答
なぜワクチンを接種するのですか? ワクチン(予防接種)は感染症に対する免疫をつけたり、免疫を強めるために接種します。感染症の発症や重症化を予防するだけでなく、社会全体で流行するのを防ぐことを目的としています。
接種回数は何回ですか? 2回です。2回目の接種では、1回目に接種したワクチンと同じ種類のワクチンを接種する必要があります。
接種にかかる費用はいくらですか? 無料です。
高齢者で一番多い副反応は何ですか? 高齢者で一番多い副反応は、若年者同様、接種部位の痛みです。
日本で承認されているファイザー社のワクチンに関して、一番多い副反応は接種部位の痛みです。海外の臨床試験では7割程度の高齢者に起こるとの結果が出ています。これは高齢者で注意が必要な症状というわけではなく、また、若年者よりも少し頻度が低いとされています。
その他、頻度の高い副反応として、倦怠感、頭痛、悪寒、筋肉痛、関節痛などが起こることがありますが、たいてい数日以内で良くなることが分かっています。いずれの有害事象も、高齢者で発生頻度が上がっているというものではありません。
変異株の新型コロナウイルスにも効果はありますか? ウイルスは絶えず変異を起こしていくもので、小さな変異でワクチンの効果がなくなるというわけではありません。
ファイザー社のワクチンでは、変異株の新型コロナウイルスにも作用する抗体が作られたといった実験結果も発表されています。

接種対象者について

接種対象者に関するよくある質問と回答
質問 回答
基礎疾患とはどのような病気が当てはまりますか? 次のいずれかに当てはまる方です。

1)以下の病気や状態の方で、現在通院や入院している方
・慢性の呼吸器の病気(気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患等)
・慢性の心臓病(高血圧を含む)
・慢性の腎臓病
・慢性の肝臓病(肝硬変等)
・インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
・血液の病気(鉄欠乏性貧血を除く)
・免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む)
・ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
・免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
・神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
・染色体異常
・重症心身障がい(重度の肢体不自由と重度の知的障がいとが重複した状態)
・睡眠時無呼吸症候群
・重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障碍者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

2)体格指数(BMI30以上)の肥満の方
※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

※BMI30の目安:身長170cmで体重87kg、身長160cmで体重77kg

■現時点では、予診票による本人の申告をもとに対象とすることとなっており、証明書の提出は必要ありません

「基礎疾患あり」とはどのように判断しますか? 予診票に、基礎疾患について記載する部分があり、本人の記載による申告をもとに、接種当日に問診または診察で医師が判断します。
子どもはワクチンを接種することができますか? 予防接種法に基づく公費での接種の対象は、接種の日に満12歳以上の方です。このため、12歳に満たない方は、ワクチン接種の対象にはなりません。ファイザー社のワクチンについては12歳以上、武田/モデルナ社のワクチンについては18歳以上が接種対象となっています。
未成年の接種の場合、保護者の同意書は必要ですか? 未成年者であっても、16歳以上の方については、保護者の同意書は必要ありません。12~15歳の接種においては、保護者の方に説明書を読んでいただき、予診票に署名いただく必要があります。
妊娠中ですが、接種することはできますか? 妊娠中、授乳中の方でも、新型コロナワクチンを接種することができます。しかし、安全性に関するデータが限られていることから、ワクチン接種をお悩みの方は、主治医の先生にご相談ください。
なぜ接種の優先順位が決められているのか? 新型コロナワクチンについては、当面、確保できるワクチンの量に限りがあり、その供給も順次行われる見通しであることから、優先順位を決めて接種を行うこととしています。

死亡者や重症者の発生をできるだけ減らすという接種目的に照らして、重症化のリスクが高い方を優先するという基本的な考え方に加え、医療提供体制の確保の必要性も考慮して、優先順位が決められています。
なぜ高齢者は接種が優先されているのか? 死亡者や重症者の発生をできるだけ減らすという接種目的に照らして、重症化のリスクが高い方を優先するという基本的な考え方で接種の優先順位が決められました。

新型コロナウイルス感染症の重症化・死亡のリスク因子として、特に年齢が大きく影響していることが知られていることから、まず、65歳以上の高齢者を優先接種の対象とすることとされました。

接種場所について

接種場所に関するよくある質問と回答

質問 回答
小松市に住んでいるが、住民票は市外にあります。市内で接種は受けられますか? 原則、住民票を置いている自治体での接種となります。ただし、長期入院患者や遠方からの単身赴任等、ご事情がある場合については、小松市での接種が可能となります。(申請が必要な場合があります) 詳しい内容はこちらのページをご覧ください。
市外のかかりつけ医で接種をしたいが、可能ですか? 市外地接種について(こちら)をご覧ください。
接種が受けられる場所はどこですか? 集団接種会場(第一地区コミュニティセンター、こまつドーム、小松市民センター)3か所と、市内医療機関35か所(医療機関一覧はこちら)で接種可能です。

 

接種時期・方法について 

接種時期・方法に関するよくある質問と回答
質問 回答
接種の対象や順番はどうなりますか? ワクチンの供給量に応じて国が一定の接種順位を決めて、接種を行っていきます。現時点では、次のような順番の見込みです。
(1)医療従事者など
(2)高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)
(3)高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方
(3)60~64歳の方(供給量によっては、基礎疾患を有する方と同じ時期に接種が行われます)
(4)(1)~(3)以外の方
なお、妊婦を優先するかどうかや、子どもが接種の対象となるかどうかなどは、国で検討されています。
接種が受けられる時期はいつですか? 安全で有効なワクチンが承認され、供給が始まった時には、国が決めた接種順で受けることになります。
接種をしたいのですが、どうしたら接種できますか? 接種までの流れは、以下のとおりです。

1.市から「接種券」と「新型コロナワクチン接種のお知らせ」が届きます。

2.ワクチンを受けることができる医療機関や接種会場を確認し、ワクチン専用コールセンター(0761-24-8123)やウェブ申込で接種希望日の予約をします。

3.接種の際には、市から郵送された「接種券」、「予診票」、「本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)」を必ずお持ちください。
接種の予約方法は? 接種の予約方法は、コールセンター及びインターネットで受付ています(接種会場によって異なります。接種会場一覧でご確認ください)。
※予約を取るには、接種券に記載の接種券番号が必要です。

接種後について

接種後についてよくある質問と回答
質問 回答
ワクチンを接種した日は、車を運転できますか? ワクチンを接種した後の体調が良好であれば、基本的には運転をしても問題はありません。

ただし、接種部位に痛みが強く出たり、発熱、倦怠感、頭痛や関節痛などの全身性の反応が出たりすることもあり、体調に不安がある場合は運転を控えることが大切です。
ワクチンを接種した日は、入浴できますか? ワクチンを接種した日に入浴することに特別な問題はないと考えられます。注射した部位を強くこすらないようにしましょう。

ワクチンを接種した後に、入浴した場合としなかった場合との免疫のつき方や、副反応の違いなどを比較した研究はありませんが、入浴により何か不具合が起きる可能性は低いと考えられます。
ワクチン接種後に新型コロナウイルスに感染することはありますか? ワクチン接種後でも新型コロナウイルスに感染する場合はあります。また、ワクチンを接種して免疫がつくまでに1~2週間程度かかり、免疫がついても発症予防効果は100%ではありません。
ワクチンを接種した後に熱が出たら、どうすればいいですか? ワクチンによる発熱は接種後1~2日以内に起こることが多く、必要な場合は解熱鎮痛剤を服用するなどして、様子をみていただくことになります。
この他、ワクチン接種後に比較的起きやすい症状としては、頭痛、疲労、筋肉痛、悪寒(さむけ)、関節痛などがあります。ワクチンによる発熱か、新型コロナウイルス感染症かを見分けるには、発熱以外に、咳や咽頭痛、味覚・嗅覚の消失等の症状がないかどうかが、手がかりとなります。

ワクチンを受けた後、2日以上熱が続く場合や、症状が重い場合、ワクチンでは起こりにくい上記の症状がみられる場合には、医療機関等への受診や相談をご検討ください。

その他

その他よくある質問と回答
質問 回答
小松市のワクチン専用コールセンターはいつから開設されますか? 3月1日に開設し、お問い合わせや予約に対応します。電話番号は0761-24-8123、受付時間は9時~17時(土日祝日を含む)です。
ホームページでの情報の更新はどうやってわかりますか 比較的大きな更新時には市のLINEで通知予定です。下記リンクより「小松市LINE公式アカウント」の登録をお願いします。

小松市公式LINEアカウントについて(市消防本部ホームページ)

 

リンク集

お問い合わせ

専用コールセンター「小松市ワクチンダイヤル」

電話番号:0761-24-8123 (受付時間:9時~17時(土日祝日含む))

 

小松市役所 ワクチン接種専門チーム

〒923-8650 石川県小松市小馬出町91番地

メール(推奨):vaccine@city.komatsu.lg.jp

電話番号:0761-24-8131(受付時間:平日8時30分~17時15分)