更新日:2019年02月21日

関西地方で麻しん患者報告数が増加しています

関西地方で麻しん患者報告数が増加していることを受けて、厚生労働省および石川県より注意喚起がありました。麻しんの感染力は非常に強いと言われています。また、肺炎や中耳炎を合併しやすく、患者1,000人に1人の割合で脳炎を発症すると言われており、命を落とすこともある非常に怖い病気です。詳しくは下記をご覧ください。

また、麻しんには予防接種が最も有効な予防法です。麻しんの定期接種対象年齢になったら確実に予防接種を受けましょう。

 

定期接種の対象の方

第1期

生後1歳~2歳未満

第2期

5歳以上7歳未満の者であって、小学校就学前の1年間

定期予防接種の対象外の方で、麻しんにかかったことがなく、予防接種を受けたことのない方は医療機関とご相談の上、ワクチン接種をご検討ください。任意接種(費用は全額自己負担)で受けることができます。