更新日:2022年06月23日

不妊・不育

令和4年4月から不妊治療の助成事業が拡大されます

令和4年4月から保険適用になる不妊治療が拡大され、医療機関での窓口負担が変わります。それに伴い令和4年4月以降に開始された生殖補助医療(これまでの特定不妊治療)に対する市の助成制度については、現在検討中です。詳細が決まりましたら、このページ内でもお知らせします。

初期の段階から不妊治療を支援します。

小松市一般不妊治療支援事業のお知らせ

対象の治療

タイミング療法、薬物療法、手術療法、人工授精など、及びこれらに付随する検査

助成金額

1年間あたり5万円ただし、自己負担額の2分の1以内

(小松市以外の不妊治療に関する助成事業などを利用されている場合はお知らせください)

助成期間

2年間ただし、やむをえない事情により治療を中断した場合は除く

申請期間

治療を受けた月の翌月から2年以内に申請してください

(申請日からさかのぼり、2年間を過ぎた治療は対象外となります)

助成対象者

(下記の要件を全て満たすご夫婦)

  1. 対象の一般不妊治療を行っている戸籍上の夫婦
  2. 夫婦の両方又はどちらかが、助成を申請している診療日の初日より1年以上前から申請日まで引き続き小松市内に住民票を有している方
  3. 医療保険に加入している方

令和4年4月から、所得制限について廃止となりました

申請方法

小松市いきいき健康課(すこやかセンター内)へ申請してください。

(注意)申請時には、医療機関から交付された一般不妊治療医療機関受診等証明書、振込先金融機関の口座がわかるもの、ご夫婦それぞれの医療保険証をご持参ください。

申請書ダウンロード

小松市一般不妊治療費助成交付申請書

一般不妊治療医療機関受診等証明書

令和4年4月から不妊治療が保険適用となり、令和4年3月31日以前に開始した治療と、令和4年4月1日以降に開始した治療では、助成事業が異なりますのでご確認ください。

令和4年4月1日以降に開始した治療

令和4年4月1日以降に開始された生殖補助医療(これまでの特定不妊治療)に関する助成事業はただいま検討しております。詳細は令和4年9月末頃、ホームページにて掲載し、助成事業はさかのぼって適用とする予定です。

令和4年3月31日以前に開始した治療(経過措置)

治療期間の初日が令和4年3月31日以前のものが対象となります。

小松市特定不妊治療支援事業

治療の対象

保険適用外の体外受精、顕微授精

(治療開始日が令和4年3月31日以前のもの。ただし、以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施したものについては、移植準備のための「薬品投与」の開始日が令和4年4月1日以降であっても、令和4年3月31日以前に行った体外受精または顕微授精により作られた受精胚による凍結胚移植である場合は対象となります)

助成対象者

(下記の要件を全て満たすご夫婦)

  1. 市内に住所を有する、戸籍上の夫婦で、夫婦のどちらかが、助成対象治療日から引き続き小松市に住所を有してる方
  2. 石川県特定不妊治療費助成事業の承認決定を受けている方

助成金額

石川県特定不妊治療費助成事業の助成が決定し、その助成額を除いても医療保険適用外の不妊治療費の自己負担額がある場合1回の治療につき10万円を上限に助成します

申請期間

石川県特定不妊治療費助成事業承認決定日の月より1年以内

申請方法

小松市いきいき健康課(すこやかセンター内)へ申請してください

(注意)申請には、振込先金融機関の口座がわかるもの、及び下記の提出書類をご持参ください

  1. 小松市特定不妊治療費助成交付申請書

(注意)用紙は窓口にありますので申請時にご記入ください

  1. 石川県特定不妊治療費助成承認決定通知書の写し
  2. 県に提出した「治療費の請求書」及び「領収書」(いずれも原本)
  3. 石川県特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し

(注意)4.は県に提出する前に必ずコピーをとってください

不育症と診断され治療している方を支援します!

対象の治療

医療機関においておこなわれる医療保険適用外の不育症治療及びこれらに付随する検査

助成内容

1年度あたり30万円を上限とし、通算5年間までとします

助成期間

1回の治療が終了した年度内に申請してください

ただし、年度末(3月)に治療が終了した場合は、4月15日まで申請受付をします

その場合は電話などで3月中にお知らせください

助成対象者

(下記の要件を全て満たすご夫婦)

  1. 対象の不育症治療をおこなっている戸籍上の夫婦
  2. 夫婦の両方が助成を申請する治療の最初の診療日より1年以上前から申請時まで、引き続き小松市に住民票を有している方
  3. 医療保険に加入している方
  4. 市民税に滞納がない方

令和4年4月から、所得制限について廃止となりました

申請方法

小松市いきいき健康課(すこやかセンター内)へ申請してください

(注意)申請には、振込先金融機関の口座がわかるもの、ご夫婦それぞれの医療保険証、必須書類(2・3)をご持参ください

  1. 小松市不育治療費助成交付申請書

(注意)用紙は窓口にありますので申請時にご記入ください

  1. 小松市不育治療支援事業受診等証明書

小松市不育治療支援事業受診等証明書

(注意)申請時ダウンロードまたは窓口で受け取り、医療機関で記入してもらってください

  1. 医療機関が発行した不育治療費の明細が記載された領収書

不妊に関する相談については、下記ホームページよりご覧いただき、ご相談ください

不妊相談センターでの相談は、無料で匿名でお受けしています

この記事に関するお問い合わせ先

いきいき健康課

〒923-0961
石川県小松市向本折町へ14-4(すこやかセンター内)
生活習慣病対策担当 電話番号: 0761-24-8056 ファクス:0761-21-8066
地域・健康づくり担当 電話番号: 0761-24-8161 ファクス:0761-21-8066
母子保健担当 電話番号: 0761-21-8118 ファクス:0761-21-8066
お問い合わせはこちらから