更新日:2021年09月25日

企画展「再興九谷の源流 若杉窯」(後期)開催のお知らせ

錦窯展示館企画展チラシ

企画展「再興九谷の源流 若杉窯」チラシダウンロード(PDFファイル:562.5KB)

若杉窯は、江戸時代後期、現在の小松市若杉町で開かれた九谷焼の窯です。現在も九谷焼の原料として使われる花坂陶石を使い、染付や色絵などの技法で日用品を生産しました。また、この窯の陶工たちは、再興九谷諸窯へと広がり活躍しました。
後期展では「源流を求めて」(探求編)とし、若杉窯について書かれた先行研究・文献・作品などから、若杉窯がなぜ再興九谷の源流と考えることができるのかを考えます。
この企画展が若杉窯について知り、考える機会となれば幸いです。

また、同時開催として「歴代徳田八十吉の名品」を開催し、初代から三代までの徳田八十吉の名品を紹介します。

ご利用案内

会期:後期(探求編):2021年9月18日(土曜日)~11月28日(日曜日)

休館日:水曜日(祝日の場合はその翌日)・祝日の翌日

開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

入 館 料:一般300円/高校生以下無料
※小松ミュージアムパス利用可※障がい者手帳をお持ちの方と介助者1名は無料

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、状況により、会期・開館時間の変更が生じる場合があります。入館の際、手の消毒や検温、マスクの着用、連絡先のご記入をお願いしております。ご了承ください。