更新日:2018年11月30日

環境報告書「小松市の環境」

青空を背景に枝を伸ばす木の写真
リンドウの花の写真
桜の花の咲く枝に止まる小鳥の写真
大日山を遠くに望む

小松市は石川県の西南部、加賀平野のほぼ中央に位置しています。本市は、東西21.7キロメートル、南北32.6キロメートルの広がりを持ち、日本海に面した7.5キロメートルの海岸線を有するとともに、西は日本海から東は霊峰「白山」のふもとに迫る、多様な自然環境を有しています。
 なかでも、石川県内で唯一自然のまま残された「木場潟」、県の自然環境保全地域に指定され安定した生態系が形成されている鈴ヶ岳の「ブナ林」、そして、多種多様な動植物を育み、県内でも有数の貴重な地域として県立自然公園に指定され、本市の最高峰でもある「大日山」は、本市の豊かな自然環境をよく表しています。
 これらの四季折々に変化する緑や水は、市民に美しく豊かな生活と憩いの場を提供してくれます。

平成23年度版 小松市の環境

 環境推進課では、小松市の環境行政全体についてまとめた環境報告書「小松市の環境」を作成しています。このたび、平成23年度版が完成しましたのでご覧ください。

バックナンバー

小松市の自然環境

 小松市には、多様な自然環境があり、豊かな生物多様性が形成されています。ここでは、そのいくつかを紹介します。

花の蜜を吸う蝶の写真
この記事に関するお問い合わせ先
エコロジー推進課

〒923-8650
石川県小松市小馬出町91番地
環境 電話番号: 0761-24-8067 ファクス:0761-23-6404
廃棄物 電話番号: 0761-24-8069 ファクス:0761-23-6404
お問い合わせはこちらから
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。