更新日:2018年11月30日

おむつ代の医療費控除について

寝たきり状態にあり、おむつの使用が必要な方は、おむつ代の領収書と医師が発行する「おむつ証明書」があれば、おむつ代の医療費控除を受けることができます。 ただし、おむつ代の医療費控除を受けるのが2年目以降で、要介護認定を受けている方は、次の要件を満たす場合に限り、おむつ使用証明書に代えて、市が交付する確認書を使用することができます。

対象者

次の条件をすべて満たす方

  1. おむつ代の医療費控除をするのが2年目以降の方
    (注意)1年目は医師が発行する「おむつ使用証明書」が必要です
  2. 主治医意見書が、おむつを使用した年に作成されていること
    (注意)現在受けている要介護認定の有効期間が13ヶ月以上であり、おむつを使用した年に主治医意見書が作成されていない場合は、おむつを使用した年の前年に作成された主治医意見書となります
  3. 主治医意見書で寝たきり状態にあり、尿失禁が発生する可能性があることを確認できる方

申請手続き

長寿介護課窓口にて、申請書記入のうえ提出してください。確認書は後日郵送となります。

この記事に関するお問い合わせ先
長寿介護課(地域包括ケア)

〒923-8650
石川県小松市小馬出町91番地
電話番号: 0761-24-8053 ファクス:0761-23-3243
電話番号: 0761-24-8168 ファクス:0761-23-3243
お問い合わせはこちらから