更新日:2019年11月19日

令和元年度受賞者の事績

山前 圭佑氏

山前圭佑氏の写真

昭和33年から38年間、小・中学校で教鞭を執るとともに、校長として学校経営や教育課程研究などで手腕を発揮し、教育の充実・発展に尽力されました。その間、大学時代から知見を深めてきた郷土史研究にも積極的に関わり、平成7年には加南地方史研究会会長を務め、南加賀の郷土史研究を牽引する存在として、普及・啓発に寄与されました。平成24年には市文化財調査員会委員長に就任。市内の文化財の発掘・保護の分野でも40年以上にわたり献身的に取り組まれています。更に、新修小松市史の制作においては、専門・編纂・編集委員として、郷土史料の収集・整理や執筆活動に尽力。常に新たな地元史料の活用と市民の要望に応える市史づくりに努めています。今でも大和ぬくもり大学で、歴史講座の講師として、次世代への教育にも力を入れています。「新修小松市史全20巻の刊行を全うすること」という決意を見せています。更に上を目指し続けることを意味する「百尺竿頭一歩を進む」をモットーに、教育と郷土史研究への熱い思いと探究心はこれからも尽きることなく、その目は常に明日を見つめています。

 

この記事に関するお問い合わせ先
広報秘書課 秘書担当


〒923-8650
石川県小松市小馬出町91番地
電話番号: 0761-24-8000 ファクス:0761-22-5273
お問い合わせはこちらから