更新日:2021年07月07日

7月29日は小松市市民防災の日

市民防災の日とは

平成25年7月29日梯川の様子

市観測史上過去最高雨量を記録した平成25年7月29日は、梯川が氾濫危険水位を超え、26町(5,978世帯)に避難指示等が発令されましたが、市民一丸となって重大な被害を回避できた日です。

この体験と教訓を将来へ継承していくため、令和2年12月1日「小松市いのちを守る防災・減災推進条例」を施行し、毎年7月29日が、災害に対する心構えや、防災意識が高まる日となるよう「市民防災の日」と定めました。

当時の被害状況等

平成25年7月29日道路冠水の様子

・市観測史上最高の降雨量:199.5mm(24時間)

・梯川で史上最高の水位:5.23m(埴田観測所水位)

・避難勧告:5町、1,494世帯、4,281人

・避難指示:21町、4,484世帯、13,110人

・梯川の沿川で広範囲の内水浸水:1.77㎢

・住家の浸水:床上浸水1棟、床下浸水25棟

・非住家の被害:76棟