更新日:2020年09月30日

事業報告(上水道)

水道事業経営は、独立採算が基本原則です。
上下水道局(水道事業)では、市民の皆様に、小松のおいしい水をいつでも安心してお使い頂くために、「水道管など施設の整備」、「水質の管理」、「漏水の修理」などさまざまな仕事を行っています。
こうした仕事に要する経費のほとんどは、一般の行政サービスが税金によって賄われているのに対し、水道事業は皆様にお支払い頂いている水道料金によって運営されております。
この制度を「独立採算制」といいますが、この基本原則に立って運営された令和元年度の本市水道事業の経営について報告いたします。
(注意)平成29年4月1日に水道事業と簡易水道事業は会計統合しました。

業務状況について

業務状況表

項目

単位

令和元年度 

平成30年度 

差引増減

給水人口

 107,727

   108,074

    -347

給水戸数

 43,813

 43,356

457

配水量

立方
メートル

 13,730,004

 14,114,682

-384,678

1日最大配水量

立方
メートル

8月9日
44,240

 2月13日
57,080

-12,840

1日平均配水量

立方
メートル

 37,616

  38,670

-1,054

給水量(内訳)
有収水量
無収水量

立方
メートル

13,322,989
12,952,151
370,838

13,723,138
13,334,397
388,741

-400,149
-382,246
-17,903

無効水量

立方
メートル

 407,015

 391,544

15,471

有収率

パーセント

 94.33

 94.47

-0.14

令和元年度決算状況

損益計算書(税抜き:単位百万円)
 

 令和元年度

平成30年度

営業収益(水道料金収入など) 2,162 2,225
営業費用(給水サービスに要する費用) 2,007 1,973
営業利益 155 252
営業外収益(受取利息など) 335 327
営業外費用(企業債利息の支払いなど) 72 79
経常利益 418 500
特別利益 0.12 0.02
特別損失(過年度費用の更正) 0.5 2
当年度純利益 418 498
前年度繰越剰余金 35 36
当年度未処分利益剰余金 1,422

1,075

貸借対照表(税抜き:単位百万円)
資産の部 20,615 負債の部 10,451
固定資産 17,452 固定負債 2,853
流動資産 3,163 流動負債 934
    繰延収益 6,664
    資本の部 10,164
       資本金 7,880
       剰余金 2,284
    資本剰余金 2
    利益剰余金 2,282
資産計 20,615 負債・資本計 20,615

 

収益的収支(営業活動に関する収入支出:単位百万円)

資本的収支(施設の建設などに関する収入支出:単位百万円)

1立方メートル当たりの給水原価(139.92円)

企業債の残高の推移

職員数の推移

経営比較分析表の分析について

小松市水道事業経営戦略について

この記事に関するお問い合わせ先
料金業務課(庶務経理)

〒923-8650
石川県小松市小馬出町91番地
電話番号: 0761-24-8114 ファクス:0761-21-8114
お問い合わせはこちらから