更新日:2018年11月30日

市役所(しやくしょ)の紹介(しょうかい)

市役所には毎日いろんな人が来るんだね。みんなが利用しやすいように工夫されているんだよ。

市役所(しやくしょ)の建物(たてもの)(本庁舎(ほんちょうしゃ))

小松市役所役(こまつしやくしょ)の建物(たてもの)は、昭和(しょうわ)62年(ねん)(1987年(ねん))に約(やく)50億円(おくえん)のお金(かね)を使(つか)って建(た)てられました。地上(ちじょう)7階(かい)、地下(ちか)1階建(かいだて)、一番(いちばん)高(たか)いところで36メートルあります。

市役所(しやくしょ)のバリアフリー

市役所(しやくしょ)の入(い)り口(ぐち)には車(くるま)いすとベビーカーが置(お)いてあります。玄関(げんかん)には車(くるま)いすに乗(の)った人(ひと)でも通(とお)りやすいようにスロープが作(つく)られています。目(め)の不自由(ふじゆう)な人(ひと)が迷(まよ)わず目的(もくてき)の場所(ばしょ)まで行(い)けるように案内(あんない)の点字(てんじ)ブロックも作(つく)られています。建物(たてもの)の中(なか)には、体(からだ)に障害(しょうがい)がある人(ひと)のためのエレベーターやトイレもあります。

市役所(しやくしょ)(本庁舎(ほんちょうしゃ))で働(はたら)く職員(しょくいん)の数(かず)

市役所(しやくしょの)トップは市長(しちょう)で、市長(しちょう)を補佐(ほさ)する副市長(ふくしちょう)のもとに約(やく)400人にんの職員(しょくいん)が働(はたら)いています。本庁舎(ほんちょうしゃ)のほかに、学校(がっこう)や市民病院(しみんびょういん)、保育所(ほいくしょ)、消防署(しょうぼうしょ)などで働(はたら)いている人(ひと)も小松市(こまつし)の職員(しょくいん)で、全部合(ぜんぶあ)わせると1,200人(にん)くらいになります。

市役所建物全景

市役所建物全景(しやくしょたてものぜんけい)