更新日:2020年06月02日

こころの健康づくり

「支えあおういのちとこころ」~ひとりで悩まずに、まずはご相談ください~

新型コロナウイルス感染症に関するこころのケア

新型コロナウイルスに関するストレス対処

新型コロナウイルスの感染拡大による影響は、さまざまなこころの問題を生じさせることがあります。

経済的な不安や、感染の拡大防止のための活動の制限により、悲しくなったりストレスを感じることは誰にでも起こりうることです。

一人で悩まずに、信頼できる家族や友人と話をして気持ちを共有したり、相談機関を利用する等、ご自身や周りの人のこころの健康を保つためのケアが大切です。

また、右にあるWHO(世界保健機構)が発行しているストレスへの対処を参考にしてください。ダウンロードはこちら(PDF:197.2KB)

その他、下記において新型コロナウイルス感染症に関するこころのケアについて、サイトがありますので、参考にしてください。

こころの健康チェックをしてみましょう

  • 毎日の生活に充実感がない
  • これまで楽しんでやれていたことが、楽しめなくなった
  • 以前は楽にできていたことが、いまではおっくうに感じられる
  • 自分が役に立つ人間だと思えない
  • わけもなく疲れたように感じる

 これらのうち、2つ以上あてはまり、その状態が2週間以上、ほとんど毎日続いていて、生活に支障が出ている場合、うつの可能性を考えてみてください。(厚生労働省「うつ対策推進方策マニュアル」より)
 うつの可能性がある場合は、早めに精神科や心療内科を受診しましょう。

周りの人のチェックポイント

周囲(家族や職場など)の人の様子が最近おかしいなと感じたら、それはこころのSOSサインかもしれません。こころの不調は本人が気づかないこともあります。早めに声をかけてみましょう。

家族・友人のチェックポイント

  • 口数が減った
  • 食事量が減り、やせた
  • 生活が不規則になった
  • 風邪をひきやすくなった
  • 趣味などに興味がなくなった

職場のチェックポイント

  • 早退や遅刻が増える
  • 机回りの整理整頓ができなくなった
  • 何かにつけて異動を希望する
  • たわいない議論にムキになる
  • 小さなミスをいつまでも引きずる
  • 疲れや身体の不調を訴える

自殺の危険を現すサイン

 自殺を考えている人は悩みを抱えながらもサインを発しています。次のようなサインを多く認める場合は、自殺の危険が迫っているおそれがあります。周囲の人は早い段階で、声を掛けて相談にのったり、精神科などの受診を勧めてみましょう。

  1. うつ病の症状がある
  2. 原因不明の身体の不調が続く
  3. 酒量が増す
  4. 安全や健康が保てない
  5. 仕事の負担が急に増える、大きな失敗をする、職を失う
  6. 職場や家庭でサポートが得られない
  7. 本人にとって価値あるもの(職、地位、家族、財産)を失う
  8. 重症の病気にかかる
  9. 自殺を口にする
  10. 自殺未遂に及ぶ

参考:厚生労働省「職場における自殺の予防と対応」

(注意)このほかにも、大きな借金を負うなどの経済的な理由も自殺の引き金になることがあります。

こころの相談

薬剤師の女性のイラスト

 毎月1回「こころの相談日」があります。
ささいなことでも、まずはお話を聞かせてください。
眠れない、人と会うのがおっくう、気持ちが沈む、どこへ相談に行けばよいかわからない…など、こころに関する相談に、心理相談員及び保健師が応じます。 (予約制)

予約・問い合わせ  いきいき健康課 電話 0761-24-8161

とき

令和2年

4月9日・5月14日・6月11日・7月9日・8月6日・9月10日・10月8日・11月12日・12月10日

令和3年

1月14日・2月18日・3月18日

時間

13時または14時40分から

会場

小松市すこやかセンター

住所:小松市向本折町へ14-4

(小松市民病院の西側)

こころの悩みに関する相談窓口

心の悩みを電話で相談しているイラスト

 こころの健康、子育てや介護のことなど、いろいろな生活上の専門相談を設けています。
 まずはお気軽にお電話ください。

1.こころの健康や悩みに関する相談
相談窓口 対応者 電話番号 受付時間
よりそいホットライン

国が選定した
事業者の

相談員

0120-279-388 毎日24時間
よりそいチャット https://yorisoi-chat.jp 月・火・木・金・日
(受付)17:00~22:00
LINE、Webでの相談
市 いきいき健康課 市職員 0761-24-8161

月~金曜日

(年末年始・祝日除く)
8:30~17:15

小松こころの電話 ボランティア 0761-24-5556 毎日13:00~17:00
(旧盆・年末年始除く)
県 南加賀保健福祉センター
(ひきこもり、認知症を含む)

センター

相談員

0761-22-0796

月~金曜日

(年末年始・祝日除く)
8:30~17:45

県 こころの健康センター

センター

相談員

076-238-5750

月~金曜日

(年末年始・祝日除く)
8:30~17:15

こころの相談ダイヤル 076-237-2700

月~金曜日

(年末年始・祝日除く)
9:00~12:00 13:00~16:00

石川産業保健総合支援センター
「働く人のこころの相談室」

センター

相談員

076-265-3886

月・火・水・金 

13:30~16:30
木曜日 9:00~12:00/14:00~16:00
(年末年始・祝日除く)

2.子育て・児童虐待などに関する相談
相談窓口 対応者 電話番号 受付時間
育児相談ダイヤル
(市すこやかセンター内)
市職員 0761-21-0101

月~金曜日

(年末年始・祝日除く)
8:30~17:00

市 発達支援センターえぶりぃ
(こどもの発達・子育ての悩み)
市相談員 0761-24-8434

月~金曜日

(年末年始・祝日除く)
8:40~17:25

市教育研究センター
(不登校・こどもの発達・子育ての悩み)

センター

相談員

0761-24-8124

月~金曜日

(年末年始・祝日除く)
9:00~17:00

市 こども家庭課
(子育て・児童虐待の相談)
市相談員 0761-24-8073

月~金曜日

(年末年始・祝日除く)
8:30~17:15

南加賀保健福祉センター地域支援課
(児童虐待・非行・不登校・性格や行動の相談)

センター

相談員

0761-22-0792

月~金曜日

(年末年始・祝日除く)
8:30~17:45

3.いじめに関する相談
相談窓口 対応者 電話番号 受付時間
いじめ110番

平日9:00~17:45:補導職員

上記以外は警察官

0120-61-7867 毎日24時間
24時間子供
SOS相談テレホン
県教育委員会
学校指導課相談員
076-298-1699
0120-0-78310
毎日24時間
チャイルドライン・いしかわ ボランティア 0120-99-7777

月~土曜日

(年末年始除く)
16:00~21:00

市 教育委員会
学校教育課
市職員 0761-24-8122

月~金曜日

(年末年始・祝日除く)
8:40~17:25

金沢弁護士会
こどものなやみごと相談
弁護士 076-221-0831

毎週木曜

12:30~16:30

4.高齢者・介護に関する相談
相談窓口 対応者 電話番号 受付時間
市 長寿介護課
(介護保険・介護予防・認知症・
高齢者虐待・とじこもりなど)
市職員 0761-24-8168

月~金曜日

(年末年始・祝日除く)
8:30~18:30

5.障がいに関する相談
相談窓口 対応者 電話番号 受付時間

市 ふれあい

福祉課

障がい者虐待 市職員

障がい者虐待防止

センター
0761-24-8182

月~金曜日

(年末年始・祝日除く)
8:30~18:30

障がい福祉制度及び
サービス、ひきこもりなど
0761-24-8052
メール:fukushika@city.komatsu.lg.jp ファクス:0761-23-0294
6.多重債務などに関する相談
相談窓口 対応者 電話番号 受付時間

市 くらしあんしん

相談センター

市職員 0761-24-8071

月~金曜日

(年末年始・祝日除く)
9:00~17:00

石川県司法書士会 司法書士

へるぷねっといしかわ

無料相談
076-292-8133

月~金曜日

(祝日等除く)
10:00~16:00

日本司法支援センター
法テラス石川
専門員 サポートダイヤル
0570-078374
(おなやみなし)
月~金曜日 9:00~21:00
土曜日 9:00~17:00
(年末年始・祝日除く)
7.その他
相談窓口 対応者 電話番号 受付時間
DV・性暴力相談 市 くらしあんしん
相談センター
DV相談員

小松市

パープル

ほっとライン
0761-24-8178

月~金曜日

(年末年始・祝日除く)
9:00~17:00

警察安全相談電話
困りごと相談

県警察本部

警察安全相談室

専門の

相談員

#9110

(有料フ゜ッシュ回線)
076-225-9110

毎日24時間

高齢者・障がいの

ある方のための相談

金沢弁護士会 弁護士 076-221-0242

毎週火曜

11:00~12:30

仕事に関する相談

小松公共職業

安定所

窓口職員 0761-24-8605

月~金曜日

(年末年始・祝日除く)
8:30~17:15

生活困窮・就労相談

こまつふれあい

支援センター
(小松市社会福祉協議会)

センター

相談員

0761-21-8555

月~金曜日

(年末年始・祝日除く)
8:40~17:25

生活に関する総合相談
(ひきこもり、消費者被害など
くらしの困りごとに関する相談)
市 くらしあんしん
相談センター
市職員 0761-24-8071

月~金曜日

(年末年始・祝日除く)
9:00~17:00

上記の相談窓口を載せた 相談先カード(携帯しやすい名刺サイズ)やリーフレットもあります。いきいき健康課、南支所、駅前行政センター窓口、市内医療機関等で配布しております。

お一人お一人が、自身の心の不調に早期に気づくこと、また周囲の人の心の不調に早期に気き、適切な相談先につながることを目的としています。

リーフレットについては、以下から参照いただけます。

1.表紙(PDF:78.7KB)

tsunagaru-hyousi

2.こころの健康チェック、つながりの大切さ、周囲の人ができること(PDF:1.2MB)

tsunagaru234

3.相談先一覧(PDF:791KB)

tsunagaru56

メンタルヘルス出前講座 ~こころの元気力を高めよう~

 こころの健康づくりについて、地域の皆さんで知識を深め、自分のこころ・家族や周囲の人のこころへ目を向けてみませんか?

ノートを取る女性のイラスト
  • 内容
    「うつ病予防について」「ストレスとの付き合い方(上手に解消する方法)」
    「眠れていますか?うつと睡眠の関係」「ゲートキーパーについて」などこころの健康をテーマにした講話(1時間程度)
    (注意)ゲートキーパーとは、悩んでいる人に手を差し伸べ、気持ちを受け止めてあげたりすることで、追い込まれている状態を改善できるようにつなげる人のことです。
  • 対象
    町内会、婦人会、企業、PTAなど
  • その他
    出前講座は土曜・日曜、夜間の開催も可能です。
  • 申込
    町内会や婦人会は、各町のけんこう推進委員を通して、その他は直接いきいき健康課へお申し込みください。
    詳しくは、下記のページをご参照ください。

その他は直接いきいき健康課へお申し込みください。
いきいき健康課 電話 0761-24-8161

小松市の自殺予防への取り組み

自殺予防に関するサイト

この記事に関するお問い合わせ先

いきいき健康課

〒923-0961
石川県小松市向本折町へ14-4(すこやかセンター内)
生活習慣病対策担当 電話番号: 0761-24-8056 ファクス:0761-21-8066
地域・健康づくり担当 電話番号: 0761-24-8161 ファクス:0761-21-8066
母子保健担当 電話番号: 0761-21-8118 ファクス:0761-21-8066
お問い合わせはこちらから