CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

こまつ曳山交流館みよっさ

こまつ曳山交流館みよっさ

みよっさ 曳山ライブラリー 資料募集中!

2014年5月9日
 
  みよっさでは、お旅まつりに関する記録を探しています。
 
曳山の組立作業の様子、子供歌舞伎の上演風景、町の賑わい、大獅子、子供獅子、神輿の巡行など…

あなたの家に見れなくなった8mmフィルムVHSビデオが眠っていませんか?お旅まつりに関連した古いアルバムが残っていませんか?
ぜひみよっさにお持ちください! 

 募集媒体
  *8mmフィルムやVHSの映像
  *写真(白黒写真、ネガフィルム可)

提供いただいた資料は、
 映像はDVD化
 ネガフィルムは現像・データ化するなど、変換してお返しします。
また、みよっさにもデータを複製し保存。曳山250年記念事業や、小松の曳山の歴史を未来へ伝えていくため、活用させていただきます。

持ち込みいただいた資料はライブラリー化次第、変換データとともに順次所有者に返却いたします。
費用は無料です。お気軽にお問い合わせください!

【お問い合わせ先】
 こまつ曳山交流館みよっさ
  TEL(0761)23-3413
  FAX(0761)58-2114
  E-mail 
miyossa@city.komatsu.lg.jp

当館には専用駐車場がございません。
車でお越しの際は周辺の駐車場をご利用ください。



▽曳山ライブラリーちらし 

“歴史・文化と伝統が彩るまち:小松駅西地区”
~町衆文化の「技」と「匠」の拠点施設~

 こまつ曳山交流館みよっさ 平成25年5月1日オープンいたしました!




小松駅西地区は、町衆文化の代表「曳山子供歌舞伎」をはじめとして、町家、寺社、九谷焼など先人から受け継いだ地域資源が集積しています。その駅西地区の拠点施設として、「こまつ曳山交流館みよっさ」を整備し、周辺の商店街の歌舞伎横丁への変身で、「歌舞伎のまち・小松」として「まちの魅力」を高めます。


「みよっさ」

 

 

館の愛称である「みよっさ」とは、「~してみようよ」と呼び掛けの時に使う小松の方言であり、また、展示されている曳山や伝統芸能の発表を「見る」という2つの意味を込めています。 「行ってみよう」、「伝統芸能に触れてみよう」、「体験してみよう」など、訪れる人がさまざまな楽しみ方や意味を見つけられる施設を目指します。

 

施設概要


◆ 開館時間  10時~17時
◆ 入 館 料   無料
◆ 休 館 日   4月~11月  無休
        12月~3月  毎週水曜日
         年末年始(12月30日~翌1月1日)

 ※専用駐車場がございませんので、
  三日市駐車場ほか周辺の市営駐車場をご利用ください。

みよっさに直接お問い合わせの場合はこちらへ

◆ 住  所  〒923-0925 石川県小松市八日市町72-3
◆ 電話番号  0761-23-3413
◆ FAX番号  0761-58-2114
◆ E-mail   
miyossa@city.komatsu.lg.jp

アクセスマップ (クリックで拡大します)