CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

都市計画法 第34条第11号 の条例指定区域

都市計画法 第34条第11号 の条例指定区域

平成16年10月1日に「小松市開発許可等の基準に関する条例」の一部を改正しました。

(※平成20年3月25日改正 予定建築物用途として「共同住宅」を追加)

概要

核家族化の進行に伴い、世帯数が増加し続けていることから、

定住人口の計画的な確保と健全な土地利用のため、市街地近郊の市街化調整区域を対象に、

一定条件を満たす住宅等の建築が認められるようになりました。

許可対象

「法34条第11号の条例指定区域」内における下記の建築物が許可対象となります。

・建築物の用途     : (1) 住宅及び兼用住宅

                           (2) 共同住宅

                            (3) 日常生活利便店舗等(延床面積150平方メートル以内のものに限る)

                            (4) 上記の建築物に付属するもの
・建築物の高さ  10メートル以下
・建ぺい率        50パーセント以内
・容積率  80パーセント以内
・敷地        (1) 250平方メートル以上
 (2) 幅員6メートル以上の道路に接続されていること
 (3) 道路側溝等の排水処理施設が既に整備済みであること

※ 計画地が農地の場合は、農地転用の許可が必要となります。

都市計画法第34条第11号の条例指定区域

条例で定める土地の区域は下記のとおりです。

指定する土地の区域

(PDF形式 3,224 KB)

小松市上小松町、上牧町、育成町、北浅井町、今江町三丁目、

今江町九丁目、串町、串茶屋町、戸津町の各一部

※区域名をクリックすると、区域図(PDFデータ)を見ることができます。

関係法令・条例等

小松市開発許可等の基準に関する条例 (外部リンク)

小松市開発許可等の基準に関する条例施行規則(外部リンク)

・都市計画法(第34条第11号)