CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

コンビニ納税について

コンビニ納税について

コンビニ納税について

平成26年4月1日から、これまでの金融機関窓口納付に加え、新たに全国のコンビニエンスストアから市税の納付ができるようになりました。

なお、これに伴い納付書の様式が変更になりますが、その納付書でこれまでどおり金融機関窓口でも納付することができます。

 

コンビニで納付できる税目

・市・県民税

・固定資産税・都市計画税

・軽自動車税

・国民健康保険税

 

取扱コンビニ一覧

くらしハウス、コミュニティ・ストア、サークルK、サンクス、スリーエイト、スリーエフ、
生活彩家、セイコーマート、セーブオン、セブン-イレブン、タイエー、デイリーヤマザキ、
ニューヤマザキデイリーストア、ハセガワストア、ハマナスクラブ、ファミリーマート、
ポプラ、ミニストップ、ヤマザキデイリーストアー、
ヤマザキスペシャルパートナーショップ、ローソン、ローソンストア100、MMK設置店

※MMK設置店とはMMK端末(公共料金収納端末)が設置され、店頭において「公共料金収納取扱窓口」の表示のある店舗をいいます。 

 

<ご注意>
◎以下の納付書はコンビニでは納付できません。

・納付書1枚あたりの金額が30万円を超えるもの

・金額を訂正したもの

・バーコードの印字がないもの、汚損などでバーコードを読み取ることができないもの

・納期限が過ぎているもの

 

◎領収書及びレシートは納付した証拠となりますので、大切に保管してください

 

◎納付書に記載されている期別と納期限をお確かめください

 

◎納める納期の納付書だけをコンビニのレジへお出しください