CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

空き家有効活用奨励金制度

空き家有効活用奨励金制度
空き家の有効活用と定住促進による地域の活性化を目的に、賃貸住宅として空き家を活用するために空き家を改修する場合または本市の区域内の空き家(共同住宅,長屋等以外のものに限る。)を公立小松大学の学生を対象とした共同住宅,長屋等とする目的で行なわれる改修工事の奨励金です。

住宅改修工事

条件

・小松市内に所在する空き家で、以前使用されており、現に使用されていないこと・小松市内空き家・空き室バンクに登録されていること
・外構工事を除く改修工事であること
・改修費用が20万円以上であること
・改修後、賃貸住宅として10年間貸し出し,譲渡しないこと
・改修後の借家人が3親等以内ではないこと
・市税の滞納がない方
・空き家バンク登録物件に入居されていない方
・過去に交付の対象となっていないこと。

共同住宅等改修工事

条件

・小松市内に所在する空き家で、以前使用されており、現に使用されていないこと
・公立小松大学の学生を対象とした3住室以上の共同住宅,長屋等に改修すること
・外構工事を除く改修工事であること
・改修費用が20万円以上であること
・改修後、公立小松大学の学生を対象とした賃貸住宅として10年間貸し出し,当
該空き家を譲渡しないこと
・市税の滞納がない方
・過去に交付の対象となっていないこと。

奨励金の額

改修工事費の2分の1(限度額 住宅改修住宅40万円、共同住宅等改修工事100万円)

申請の流れ

この奨励金制度を利用するには、まず認定申請書の提出が必要です。
着工前に必要書類を添付し、提出してください。

空き家有効活用奨励金制度の流れ

申請書


空き家有効活用奨励金申請書式

お問い合わせ先

都市創造部建築住宅課
住宅企画・定住・空き家担当 電話:0761-24-8104