CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

自立支援型住宅リフォーム

自立支援型住宅リフォーム
介護が必要な高齢者や身体障害者が生活する住宅のリフォームにかかる費用の助成を行います。

【対象者】
  • 介護保険の要介護・要支援高齢者のいる世帯
  • 下肢または体幹障害3級以上の方のいる世帯
  • 視覚に障害のある学齢児以上であって障害程度等級2級以上の方のいる世帯
介護保険対象者(65歳以上又は40歳以上で16疾病の方)は、介護認定を受ける必要があります。

【助成の対象となる範囲】
(1)手すりの取付け
(2)段差の解消
(3)滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更
(4)引き戸等への扉の取替え
(5)洋式便器等への取替え
(6)その他前各号の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

【補助率】
世帯区分 補助率 補助限度額
生活保護世帯 100% 100万円
住民税非課税世帯 90% 100万円
住民税課税世帯 0% 0円

【申請について】
相談受付後、事務担当者及び作業療法士等が自宅を訪問します。
自宅訪問前に工事着手したものについては助成の対象にはなりません。
まずは、長寿介護課までご相談ください。