CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

高額介護サービス費、高額医療合算介護サービス費

高額介護サービス費、高額医療合算介護サービス費

高額介護サービス費

ひと月あたりの一割~三割の自己負担が、所得に応じた自己負担上限額を超えた場合はその超えた分が払い戻されます(高額介護サービス費)。

ひと月あたりの自己負担上限額

区分 自己負担上限額
生活保護受給者など 15,000円
世帯全員が市民税非課税で年金収入80万円以下の方など 15,000円
世帯全員が市民税非課税で上記に該当しない方など 24,600円
市民税課税世帯の方 44,400円※¹
 現役並み所得のある方※² 44,400円
※¹同一世帯にいる65歳以上の方の利用者負担割合が1割のみの世帯には、平成29年8月から3年間に限り、年間446,400円を上限とする緩和措置があります。
※²同一世帯に課税所得145万円以上の65歳以上の方がいて、65歳以上の方の収入が、単身の場合383万円以上、2人以上の場合520万円以上ある世帯の方です。

高額介護サービス費支給の申請について

所定の申請書にて申請してください。領収証をそろえていただく必要はありません。一度申請していただければ、以後は自動的に登録された口座に振り込みます。
※新規の対象者には市から申請書をお送りいたします。 
 

高額医療合算介護(予防)サービス費



☆高額医療・高額介護合算制度とは・・・

 基準日(=7月31日 ※死亡者の場合は死亡日)時点の世帯内の同一の医療保険の加入者について1年間に支払った医療保険と介護保険の自己負担額を合計し、下記の基準額を越えた場合、越えた分を按分してそれぞれの保険者が支給する制度です。
 医療保険からは『高額介護合算療養費』、介護保険からは『高額医療合算介護(予防)サービス費』として支給します。

申請方法

基準日の世帯内の同一の医療保険の加入者全員分をまとめて申請

<受付窓口>
基準日に加入していた医療保険者の窓口

基準日に小松市国民健康保険・小松市後期高齢者医療に加入していた方
・・・小松市医療保険サポートセンター
基準日に他市の国保・他市の後期高齢者医療・被用者保険(※会社の医療保険等)に加入していた方
・・・その医療保険者

となりますが、他市の国保・他市の後期高齢者医療・被用者保険に加入していた方は、小松市でどれだけ介護保険を使っていたかという自己負担額証明書を持って、その加入していた医療保険に申請する必要がありますので、事前に小松市の長寿介護課にて、「自己負担額証明書交付申請書」を提出していただく必要があります。


医療保険が被用者保険の場合
(他市の国保や他市の後期高齢者医療保険の場合も)
1. 長寿介護課に自己負担額証明書交付申請書(兼支給申請書)を提出
2. 長寿介護課から自己負担額証明書を郵送
3. 2で送られて来た証明書を添付し医療保険者(被用者保険)へ申請
4. 医療保険者にて計算し,長寿介護課へ通知
5. 医療と介護それぞれから決定通知を発送し,振込します。


<自己負担額証明書申請に必要なもの>
(1) 申請者の印鑑
(申請者と加入者の名字が異なる場合は、加入者の印鑑も必要)
(2) 口座のわかるもの
介護保険支給分 ・・・・ 本人の口座に振り込み

<申請受付期間>
・平成27年8月~平成28年7月利用分・・・平成28年8月1日~平成30年7月31日
・平成28年8月~平成29年7月利用分・・・平成29年8月1日~平成31年7月31日      

   ただし、医療保険者に自己負担額証明書を持って、
   申請受付期間終了日までに申請する必要がありますので、
   余裕を持って申請してください。


申請書ダウンロード
 自己負担額証明書交付申請書(Excel 350KB)
 自己負担額証明書交付申請書(PDF 94KB)

記入例
 (記入例)自己負担額証明書交付申請書(PDF 113KB)


対象期間・対象額

毎年8月~翌年7月までの1年間の医療保険と介護保険の自己負担額

ただし、
・差額ベッド代や食費・居住費等の保険外の支払分、福祉用具購入費・住宅改修費は除きます。
・高額療養費や高額介護(予防)サービス費の支給分は除きます。
・医療保険又は介護保険の自己負担額のいずれかが0円の場合は対象外です。
・基準額を超える分が500円以下の場合は支給しません。

基準額 

・70歳未満の方

所得区分
(基礎控除後の
総所得金額)

介護保険+医療保険の
限度額
901万円超 212万円
600万円超
901万円以下
141万円
 210万円超
600万円以下
 67万円
 210万円以下  60万円
住民税非課税世帯  34万円
・70歳以上の方【平成30年7月まで】


○低所得者1の介護(予防)サービス利用者が世帯に複数いる場合は、介護保険支給分については低所得者2の基準額を適用して算出します。
○現役並み所得者・一般等の条件は、ご加入の医療保険によって異なりますので、各医療保険にお問い合わせください。


小松市国民健康保険・後期高齢者医療制度の場合

1. 医療保険サポートセンターに申請書を提出
2. 医療保険サポートセンターと長寿介護課それぞれから支給決定通知を発送し,振込します

※小松市国民健康保険・後期高齢者医療制度の場合、対象となる方には、
医療保険サポートセンターから郵送にてお知らせします。
【お問い合わせ】医療保険サポートセンター国保担当:電話24-8059 後期高齢者医療担当:電話24-8165)
ただし、小松市国民健康保険・後期高齢者医療制度・小松市介護保険の利用分のみで仮に計算しお知らせしますので、期間の途中に医療保険が変わった人や転入・転出された方については、お知らせされない場合があります。
  (参考)⇒医療保険サポートセンター 高額医療・高額介護合算療養費制度のページへ