CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

確認申請 Q&A

確認申請 Q&A

目次

Q.定期報告について

A.(財)石川県建築住宅センターのホームページをご覧ください
その他、詳しくは小松市建築住宅課までお問合せください。

(お知らせ)平成28年6月1日から定期調査報告制度が変わりました

定期報告の対象となる建築物や建築設備等が見直しされ、平成28年6月1日から変わりました。あわせて定期調査を行う資格者の制度も変わりました。

概要はこちら:定期報告制度の見直し内容

ボタンその他関連サイト:定期報告制度ポータルサイト

定期調査報告とは

建築物が竣工後、適法に維持管理されているかどうかを所有者又は管理者がその建築物を有資格者に点検させ、その点検した調査結果を報告することをいいます。(建築基準法第12条)

報告が必要なものは

定期調査報告が必要な建築物や建築設備等は、不特定多数の使用に供するものや火災発生の恐れの大きいものなどで、建築基準法施行令で指定するもの及び本市の建築基準法施行細則で定めるものです。
石川県内で指定しているものは同じものですので、具体的な対象物件は石川県土木部建築住宅課のホームページをご参照ください。

報告の窓口は

本市では、定期調査業務の受付業務を(財)石川県建築住宅総合センターに委託しておりますので、定期調査報告は直接、(財)石川県建築住宅総合センターの窓口へ報告してください。

Q積雪量について

A.垂直積雪量は小松市建築基準法施行細則第14条別表に定められています。
別表(第14条関係)
(平22規則37・全改)

垂直最深積雪量の数値 左欄の垂直最深積雪量を適用する地域
1メートル以上 小松市の区域のうち国道305号及び主要地方道小松鶴来線の中心線から西側の区域
1.5メートル以上 小松市の区域のうち国道305号及び主要地方道小松鶴来線の中心線から東側の区域で下欄の区域を除いた区域
2メートル以上 光谷町,池城町,松岡町,沢町,布橋町,塩原町,波佐羅町,観音下町,岩上町,西俣町,尾小屋町,倉谷町,大杉町,赤瀬町,打木町,上り江町,瀬領町,波佐谷町,長谷町
2.5メートル以上 新保町,花立町,丸山町,小原町,津江町
積雪の単位荷重は29N/cm・平方メートル以上となっています。
凍結深度はありません。
小松市積雪概要図(pdf 985KB)

Q.地表面粗度区分について

A.規則により定める区域はありませんので、建築場所により2.又は3.よりお選びください。

Q.法22条地域について

A.建築基準法22条地域はありません。

Q.市道について

Q.建築基準法上の道路種別について

A.建築住宅課の窓口で台帳を確認することができます。(他県にいるなど、遠方のため来課が難しい場合は、事前に電話相談をしてください)

Q.用途地域について

Q.特別工業地区について

Q角地緩和について

A.小松市建築基準法施行細則第15条に定められています。

(かど地等の指定敷地)

第15条 法第53条第3項第2号の規定による市長が指定する敷地は,次の各号に掲げる敷地とする。

(1) 120度以内のかどを構成する二つの道路(幅員の和が10メートル以上のものに限る。)の内側に接する敷地で,それぞれの道路に接する部分の長さがそれぞれ敷地の周囲の長さの8分の1以上であり,かつ,それぞれの道路に接する部分の長さの和が敷地の周囲の長さの3分の1以上であるもの

(2) その境界線の相互間の距離が25メートル以内である二つの道路(幅員の和が10メートル以上のものに限る。)の間にあってこれらに接する敷地で,それぞれの道路に接する部分の長さがそれぞれ敷地の周囲の長さの10分の1以上であり,かつ,それぞれの道路に接する部分の長さの和が敷地の周囲の長さの4分の1以上であるもの

(3) 公園,広場,水面その他これらに類するものに接し,又は道を隔てて面する敷地で,前2号に掲げるものに準ずるもの

Q.壁面後退について

A.法54条の壁面後退はありません。

Q.絶対高さについて

A.法55条の建築物の高さは10mです。

Q.道路斜線について

A.法56条における道路斜線で用途地域の指定のない区域内で別表3に定める値は1.5です。

Q.隣地斜線について

A.法56条における隣地斜線で用途地域の指定のない区域内に定める値は20m+水平距離の1.25倍です。

Q.日影規制について

A.小松市建築基準条例第18条に定められています。
 
日影規制
(日影による中高層の建築物の高さの制限)

日影時間概要
対象地域 制限を受ける
建築物
平均地盤面
からの高さ
日影時間
用途地域 容積率% 敷地境界線から
5m~10mの範囲
敷地境界線から
10mを超える範囲
第一種低層住居専用 60 軒高7m超え
又は地上3階
以上
1.5m 3時間 2時間
80,100 4時間 2.5時間
第一種中高層住居専用 200 高さ10m超える 4m 4時間 2.5時間
第一種住居,第二種住居,
準住居
200 高さ10m超える 4m 5時間 3時間

Q.防火・準防火について

Q.景観・まちづくりについて

Q.地区計画について

Q.建築協定について

A.小松市における建築協定は次のとおりです。
小松市川辺町分譲地協定 小松市川辺町分譲協定(pdf)
小松市川辺町分譲協定区域図(pdf) 
グリーンヴィレッジ若杉建築協定 グリーンヴィレッジ若杉建築協定(pdf)

Q.建築物の申請手続きについて