CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

固定資産税について

固定資産税について

固定資産税とは

固定資産税は、毎年1月1日現在で、土地、家屋、償却資産(これらを総称して「固定資産」といいます。)を所有している人に、その資産のもつ財産価値に応じて課税されます。


固定資産税を納める人(納税義務者)


固定資産税を納める人は、原則として固定資産の賦課期日現在の所有者です。
具体的には、次のとおりです。

土地 登記簿又は市の土地補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている人
家屋 登記簿又は市の家屋補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている人
償却資産 市の償却資産課税台帳に所有者として登録されている人
 

ただし、所有者として登記(登録)されている人が賦課期日前に死亡している場合等には、賦課期日現在で、その土地、家屋を現に所有している人が納税義務者となります。
土地又は家屋を、複数の方で共有される場合は、共有者全員が納税義務者(連帯納税義務者といいます。)ということになりますが、共有者の中から代表者を決めていただき、代表者に納税通知書等を送付させていただきます。
その場合、おおむね次の方法(優先順位)で代表者を決めさせていただきます。

1.世帯主の方
2.当該土地又は家屋の持分の多い方
3.小松市に居住されている方

固定資産税の対象となる資産


課税となる土地、家屋、償却資産とは具体的に次のようなものです。

土地・・・・・田、畑、宅地、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野、雑種地など

家屋・・・・・住宅、店舗、事務所、工場、倉庫、車庫、物置など
(一般的には、三方以上に壁があり、独立して風雨をしのげる状態にあるものが対象になります。)

償却資産・・・土地、家屋以外の事業用に使うことのできる資産(無形資産を除く)で、構築物、機械、装置、船舶、車輛、工具、器具、備品など

税額算定


固定資産税は、次のように税額が決定され、納税者に通知されます。

1.固定資産を評価し、その価格を決定し、その価格をもとに課税標準額を算定します。
2.課税標準額×税率=税額となります。
3.税額等を記載した納税通知書を納税者あてに通知します。


固定資産の評価額


固定資産税のもととなる価格です。

固定資産税の評価は、総務大臣が定めた「固定資産評価基準」に基づき、土地、家屋については、原則として基準年度(3年ごと)に評価替えを行い、賦課期日現在の価格を固定資産課税台帳に登録します。
なお、土地については、平成9年度の評価額決定後に地価の下落が見受けられる地域では、宅地等において評価額の下落修正を行っています。
また、償却資産については、毎年所有者に賦課期日現在の資産状況を1月31日までに申告していただき、これに基づいて、その価格を決定します。
ただし、地目変更、家屋の新増築等により、異動のあった資産についてはその都度評価します。



「わがまち特例」について


わがまち特例とは、平成24年度以降の税制改正により、地方税の特例措置について、国が一律に定めていた内容を、地方自治体が地域の実情に対応した政策を展開できるようにするため、自主的に判断し、条例で決定できるようにする仕組み(地域決定型地方税制特例措置(通称:わがまち特例))です。

小松市における固定資産税の「わがまち特例」

 

固定資産税の課税標準額


固定資産税額を計算するもととなる価格です。本来は、評価額が課税標準額となります。しかし、住宅用地のように課税標準額の特例措置が適用される場合や、負担水準による税負担の調整措置が適用される場合は、課税標準額は評価額よりも低く算定されます。
なお、土地に係る課税標準額の算定方法は、非常に複雑ですので、別に解説します。

固定資産税等の税率


固定資産税・・・1.4%
都市計画税・・・0.3%(市街化区域のみ)

免税点


小松市内に所有するそれぞれの固定資産の課税標準額の合計額が次の金額に満たない場合には、固定資産税(都市計画税)は課税されません。

土地
30万円
家屋
20万円
償却資産
150万円

 

納税のしくみ


固定資産税は、納税通知書によって市町村から納税者に対し税額が通知され、年4回(5月末日、7月末日、12月25日、翌年2月末日)に分けて納めていただくことになります。なお、前納することもできます。


納税通知書及び課税明細書


納税通知書兼課税明細書には、課税になっている土地や家屋の一筆一棟ごとの詳細や課税標準額、税率、税額、納期、各納期における納付額、納付の場所のほか、納期限までに税金を納付しなかった場合の措置や納税通知書の内容に不服がある場合の救済の方法等が記載されています。
確定申告等で使う場合もありますので、大切に保管してください。


固定資産税の縦覧について

「縦覧」は、納税者が自分の資産の評価額が適正かどうかを客観的に判断するために、「土地・家屋価格等縦覧帳簿」により市内のほかの土地や家屋の評価額と比較できる制度です。

○縦覧期間
  毎年4月1日から5月31日(5月31日が土曜、日曜の場合は翌月曜日)
  土曜・日曜・祝日は除きます。
○手数料
  無料で閲覧することができます。

 ※上記縦覧期間中は、ご自分の資産に関する当該年度の固定資産課税台帳
  (名寄せ帳)を無料で閲覧できます。



路線価等の公開


土地の評価に対する理解と認識を深めていただくために、評価額の基礎となる路線価を公開しています。路線価が付設されていない地域については、標準的な宅地の1平方メートル当たりの価格で公開しています。
小松市では、市役所1階税務課で市内の路線価等が閲覧できます。どなたでも閲覧可能です。また、全国地価マップ(財団法人資産評価システム研究センター)でも公開しています。ご利用ください。


全国地価マップのページはこちらから→全国地価マップ
 

固定資産税Q&A


Q&Aのページをご覧ください。