CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

発掘調査から報告まで

発掘調査から報告まで

小松市埋蔵文化財センターが行っている発掘調査から調査結果の報告までの仕事を説明します。


発掘調査

八日市地方遺跡の発掘調査現場の様子 道路や建物をつくることによって、地面の下にある遺跡が壊されてしまうことがあります。このようなときには発掘調査を行い、そこにどんな遺跡があったのか記録を取ります。

保存処理

保存処理する機械に出土木製品を入れている様子 そのまま放置しておくと腐ってしまう木製品や、錆びてボロボロになっている鉄製品は、科学的に処理します。非常に重要な遺物は専門業者に委託していますが、木製品の一部は、保存処理器を使ってセンターで処理しています。  

出土品整理

整理作業の様子。土器の復元を行っています。 遺跡から出土する遺物は、例外を除いて壊れたものばかりです。これらの破片を丹念につなぎ合わせて元の形に復元し、図面や写真に記録します。

報告書刊行

報告書刊行のため、図版を作成している様子。 発掘調査と出土品整理の記録をまとめた冊子が報告書です。失われてしまった遺跡の情報がつまっています。センターのほか、市立図書館でも閲覧することができます。また、販売しているものもあります。