CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

こまつの技継承支援事業

こまつの技継承支援事業
 本市の伝統的産業に携わる職人の後継者の育成を図るために、技術等の修得を希望する若年者を雇用して、技術等の指導・継承を図る市内事業者の方を支援します。

補助対象者

 小松の伝統的産業の専門的な知識と技の継承のため、技術等修得希望者に対して、技術等の指導を図る市内事業者
 対象となる「伝統的産業」の定義
 小松産材を活用した、下記の事業を対象とします。
 また、製造過程の主要部分が手づくりであり、伝統的技術・技法によるもの
 とします。
※「伝統的」とは
 「およそ100年以上の継続」を意味し、技法は昔からの方法そのままではな
 く、根本的な変化や製品の特徴を変えず、改良や発展は差し支えないものとし
 ます。
 1.九谷焼製造業
  (製土・成形・絵付けの全部または一部の工程にかかわるもの)

 2.石工品製造業(小松石材を使用するもの)
 3.特殊瓦・鬼瓦製造業(小松瓦を使用するもの)
 4.瓦葺き(小松瓦を使用するもの)
 5.畳製造業(小松表を製造するもの又は小松表を使用するもの)

 対象となる「技術等修得希望者」の定義

 1.技術等の修得を希望し、従事してから3年以内の方
 2.技術等修得後も引き続き当該業種に従事する意志のあること
 3.小松市内に在住又は市内事業所に勤務し、50歳未満の者

 

奨励金額

(1)技術等修得希望者1人につき 1ヶ月あたり50,000円
(九谷焼製造業の内製土業特殊瓦・鬼瓦製造業及び畳製造業の内小松表を製造するものに限り1ヶ月あたり100,000円)
(2)伝統的技術指導者の3親等以外の技術習得希望者1人につき 6ヶ月毎60,000円

 奨励金の交付期間は3年間とします。
 (1)及び(2)は重複して受給することができます。
 ただし、3年間以内に技術等修得希望者が辞職した場合は、奨励金を返還していただく場合があります。

申請方法

 お申込み時点において
 「新たに雇用する予定の者がいる」 または
 「新たに雇用してから3年以内の者がいる」
 ※ただし、申請する年度の4月1日時点で満50歳未満の方に限ります。

    
 [手続(1)] 市へ交付申請
    
 毎年3月末または支給期間満了後
 [手続(2)] 市へ実績報告
    
 奨励金助成(交付対象日より3月末または期間満了時点まで分)
    
 [手続(1)] 毎年4月当初、市へ交付申請(以降同じ)

[手続(1)]
提出書類

 交付申請の際に必要な書類
  奨励金の交付申請書(様式第1号)(WORD:48KB)
  指導計画書(別紙1)(Word:53KB)
  宣誓書(別紙2)(Word:47KB)
  技術等修得希望者の受入を証する契約書の写し 

[手続(2)]
提出書類

 実績報告の際に必要な書類
  奨励金の実績報告書(様式第3号)(PDF:47KB)
  技術等修得実績書(別紙3)(Word:53KB)
  当該技術等修得者の住民票
  当該技術等修得者の給与の支払を証するもの
  出勤簿の写し