CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税とは

『ふるさと納税』とは、ふるさとへ贈る寄附金です
 自分が生まれ育った「ふるさと」に貢献したい,自分との関わりが深い地域を応援したい,という気持ちを形にする仕組みとして,地方公共団体(都道府県や市町村)に対して寄附を行った場合,適用下限額を超える部分について,個人住民税のおおむね2割を限度として,所得税と合わせて,住民税を控除する仕組みが設けられました。


税金の優遇処置を受けるには

税金の申告が必要です
 寄附をした翌年の3月15日までに,お近くの税務署で税の申告をしてください。申告には寄附をしたときに受け取った「受領証明書」を添付する必要がありますので、大切に保管してください。
なお,寄附金控除額については,申告者の所得等で異なります。
控除額の目安を確認したい場合は,総務省ホームページでシミュレーションできますので
ご活用ください。

ふるさと納税ワンストップ特例制度について

 平成27年4月1日以降の寄附について,以下の方は申し出により確定申告が不要となり,寄附金控除を全額住民税で控除できるようになりました。
制度の詳しいことや申請書様式などはこちらをご覧ください。

寄附金控除の詳しいことは下記までお問い合わせください。
【ふるさと納税ワンストップ特例制度・寄附金控除の問い合わせ】
小松市税務課(市民税・国保税グループ) 電話:0761-24-8030
Eメール:siminnzei@city.komatsu.lg.jp